格安SIMと同様にWiMAX2+についてもデビットカードでの申し込み、料金支払いが不可の業者が現在増えつつある状況になっています。
しかし、その中でも一部のWiMAX2+のサービスのみですが、現在でもクレジットカード以外にもデビットカードで契約することが可能です。

クレジットカードのみ支払い可能と表記されていても、一部デビットカードでの契約が可能な場合もあります。

また、デビットカードについては、いろいろな銀行で発行、ブランドもVISAのほかにJCBでも発行されていますが、発行する銀行やブランドにより契約可能なWiMAXでも使用できないデビットカードもありますので、注意してください。

実際に、WiMAX申し込み画面でデビットカード番号を入力してみて、エラーなく申し込み完了するかご確認ください。

現在のおすすめ端末は、WX03です!

WX03には、上の画像のように電波インジケータ機能が搭載されています。

電波受信レベルがわかりやすくグラフ表示されていて、感度が高い場所や向きを探し当てやすくなるので嬉しい機能です。

 

デビットカードで契約可能なWiMAX2+

 

DTI WiMAX2+  おすすめ!

 

老舗プロバイダが提供するWiMAXサービス。DTIは格安SIMも取り扱っています。

筆者もこのDTIでWiMAX2+に契約しています!

もちろんデビットカード(三菱東京UFJ-VISA)での料金支払いです。

キャッシュバック目当ての方にも、高額キャッシュバックキャンペーンを継続的に行っておりおすすめです。

また、すぐにWiMAXを使いたい方にもおすすめします。最短、申し込んで翌々日に端末が到着しますので他社より早いです。(端末、配送エリア、天候により日数がかかる場合もあります)

DTI WiMAXは、多くのデビットカードが使えるため、デビットカードで申し込みたい方に最もおすすめです!

ジャパンネット銀行VISA、三菱東京UFJ-VISA、楽天銀行VISAなど多くのVISAデビットカードで申し込み可能です。
ただ、DTI SIMと同様にJCBデビットは現時点で使用できないようです。

VISAブランドのデビットカードを用意しておきましょう。

DTI WiMAX2+の詳細・申し込みはこちらから

 

楽天ブロードバンドWiMAX2+

 

楽天グループの楽天コミュニケーションズが提供するWiMAXサービスです。

こちらは、キャッシュバックではなく、楽天スーパーポイントがもらえるキャンペーンを行っています。
さらに、3か月利用料が無料になる特典もあります。
楽天会員なら簡単に申し込めることもあり、楽天サービスをよく利用される方におすすめです。

楽天モバイルと同様に、楽天銀行VISA、楽天銀行JCB、スルガ銀行VISAデビットカードのみ申し込み可能です。

上記以外のデビットカードをお持ちでしたら、まずはDTI WiMAXに申し込んでみるのがおすすめです。

楽天ブロードバンドWimax2の詳細・申し込みはこちらから

 

@nifty WiMAX

 

大手プロバイダnifty(ニフティ)が提供するWiMAXサービスです。

現在、キャッシュバックと合わせて3か月利用料無料キャンペーンを行っていることもあり、かなりお得に申し込むことができます。

nifty WiMAXについては、多くのデビットカードが現時点で使えない状況です。
ただ、ジャパンネットやスルガ銀行など月額料金支払いができる一部デビットで申し込めるとの報告もあります。

実際に試してみてniftyでカードエラーになった場合は、比較的申し込みやすいDTIなど上記のサービスに申し込んでみてください。

@niftyWimaxの詳細・申し込みはこちらから

※上記のWiMAXについても今後デビットカードでの申し込み不可になる可能性もあります。

 

口座振替で契約可能なWiMAX2+

 

クレジットカードもデビットカードも持っていない方やカード支払いはなるべくしたくない方のために、ごく一部のWiMAXでは口座自動振替で契約ができ、料金支払いも可能になっています。

WiMAXの料金支払いを口座振替で申し込みたい方は、詳細記事を参考にしてみてください。

詳細記事はこちら⇒口座振替で支払い可能なWiMAX2+【クレジットカード不要】

 

デビットカードで契約可能な格安SIM

 

格安SIMについても、WiMAXと同じく一部の会社では、デビットカードでの申し込みや料金支払いが可能です。

mineoや楽天モバイルなどのMVNOで現在契約可能になっています。

格安SIMの料金支払いをデビットカードで申し込みたい方は、詳細記事を参考にしてみてください。

詳細記事はこちら⇒デビットカードで申し込みができる格安SIM