現在、多くのMVNO(格安SIM)では、料金支払いにクレジットカードが必要になっています。

そのような状況の中、一部のMVNOのみですが、VISA、JCBデビットカードでも申し込みが可能なところもあります。

ただ残念なことに、以前までデビットカードが利用できたMVNOでも新規申し込み不可の流れになってきており、この記事で紹介するMVNOも今後申し込みが出来なくなる可能性もあります。

もし、今後デビットカードでの新規申し込みが不可になった場合でも、既存ユーザーは今後も継続してデビットカードが支払いに利用できますので、毎月の料金をデビットカードで支払いたい方は契約できる今のうちに申し込んでおくのが良いでしょう。

 

審査なく作ることができるデビットカードとは?

 

デビットカードは、クレジットカードのような審査がなく、原則銀行口座をお持ちの方ならその銀行が発行するデビットカードを作ることが可能です。

口座残高の範囲内で、クレジットカードと同じようにお買い物やサービス利用の支払いに利用できます。

デビットカードにもVISAやJCBなどブランドがあります。

VISAデビットカードの取扱いのある銀行ですが、三菱東京UFJ、楽天、りそな、スルガ、ジャパンネット銀行などがあります。

また、JCBデビットカードは、楽天銀行などで取り扱いがあります。

これからデビットカードを作って、SIMの契約をしたい方ですが、該当の銀行に口座があれば(作れば)、申し込みから1週間程度でご自宅に簡易書留などでデビットカードが届きます。

個人的におすすめのカードは、楽天銀行JCBデビットです!

デビット利用金額の1%分が、楽天スーパーポイントで付与されます。
カード年会費も無料。
さらに、キャンペーンにより、入会&利用で楽天スーパーポイントプレゼント。

ただし、VISAデビットの方が、利用できる格安SIMが多いですのでその点は注意が必要!

当サイトイチオシ!楽天銀行デビットカードの口座開設はこちら↓

デビットカードで申し込みができるMVNO(格安SIM)

 

現在、mineo(マイネオ)や楽天モバイルなど数社で、デビットカードでの申し込みが可能になっています。

詳細については、以下の紹介記事をご参考にしてください。

ただし、すべてのデビットカードが利用できるわけではありません。

MVNOにより使えるデビット、使えないデビットがありますので、お手持ちのカード情報を入力して、無事申し込みが完了するか実際に行ってみるのが確実です。

なお、スマホとのセット申し込みの場合、分割支払いでは申し込み不可や申し込み自体はできても審査に通らない可能性が高いですので、デビットカードでは一括支払いで申し込みください。

mineo(マイネオ) おすすめ!

 

mineoはドコモ回線、au回線の選択が可能。
auスマホをそのまま格安SIMでも使いたい方なら、mineoのauプランなら大丈夫!au系も使える数少ないMVNOです。

mineoは、ユーザーフレンドリーで他社にない独自のサービスも魅力的!最もおすすめの格安SIMです。

mineoのデビットカードでの申し込みですが、筆者の場合、三菱東京UFJ-VISAデビットでは申し込みができず、楽天銀行VISAデビットカードで無事申し込み完了しました。

楽天銀行JCBデビットでも大丈夫ですよ。

他のVISAデビットについては、申し込み可能なものと不可なものがあるようです。

スルガ銀行やジャパンネット銀行などの月額支払いが可能なVISAデビットですと大丈夫なようです。

申し込み画面上のカード番号の項目に、実際カード番号を打ち込んでエラーなく手続きが完了するか確かめる必要があります。

mineoの詳細・申し込みはこちらから

 

LINEモバイル プリペイドが使える唯一のMVNO!

 

LINEモバイルはドコモ系格安SIMです。

LINEモバイルの場合、料金支払い方法がいくつかありますが、クレジットカードが無くてもLINE Payカードの利用で、料金支払いが可能です。

LINE Payカードは、クレジットカードではなくJCBのプリペイドカードですので、デビットと同じく誰でも発行できます。

現在のところ、プリペイドカードが使える唯一の格安SIMになります。

また、クレジットカードの代わりにデビットカードでの申し込みも可能です。

筆者も、楽天銀行JCBデビットで契約が完了しました。

「デビットカードは、利用できません」と公式サイト上に表記はされていますが、ごく一部のカードのみ申し込み可能なようです。

楽天銀行JCB以外に利用できるデビットカードは、現在のところ未確認ですので、今後情報を収集したいと思います。

残念ながらお手持ちのデビットが利用できない場合は、先にお伝えしたようにLINE Payカードの発行をおすすめします。

還元率がなんと2%と圧倒的に高いためです。

あと契約時の注意点として、LINEモバイルについては、データSIMでの契約についても本人確認書類のアップロードが必要になってきます。(多くのMVNOでは、通話SIMでの契約のみ本人確認書類提出が必要な会社が多いです)

LINEモバイルの詳細・申し込みはこちらから

 

DTI SIM 多くのデビットで契約できる!

 

DTI SIMはドコモ系格安SIMです。

キャンペーン_パターンA

楽天銀行JCBデビットでは、エラーのため申し込みができませんでした。

三菱東京UFJ銀行VISAデビットで問題なく申し込み完了。

どうやらJCBブランドのデビットカードでは、エラーではねられるようですが、VISAブランドなら大丈夫なようです。

ですので、楽天銀行VISAやスルガ銀行VISA、ジャパンネット銀行VISAカードなども契約が可能な状況です。

DTI SIMなら多くのデビットカードが利用できるため、ほかのMVNOでエラーではねられたならここで試してみてください。

DTI SIMの詳細・申し込みはこちらから

 

楽天モバイル  デビットも口座振替も使える!

 

楽天モバイルはドコモ系格安SIMです。

楽天市場などの楽天サービスをよく利用されている方にぴったりのMVNOです。料金支払いにポイント利用ができますし、利用料金に応じてポイントも貯まります。また、楽天市場でのお買い物に優遇される特典もあり!

楽天モバイルも利用していますが、こちらも楽天銀行JCBデビットカードで料金支払いをしています。もちろん楽天銀行VISAデビットも大丈夫です。
他に、スルガ銀行デビットカードでも申し込みができます。

デビットカードでも申し込みができると公式サイト上で、はっきり表記されているのは楽天モバイルのみですので、確実に格安SIMと契約したい方は、上記のいずれかのカードで楽天モバイルをお選びください。

ただ、上記3つのデビットカード以外では利用できませんとも記載されているため、他のカードをお持ちの方は、他の格安SIMを選択してください。

また、2016年11月より口座振替での料金支払いも可能になりました。

楽天モバイルの詳細・申し込みはこちらから

 

NifMo(ニフモ)

 

NifMoはドコモ系の格安SIMです。

大手プロバイダとしておなじみのnifty(ニフティ)が提供している格安SIMです。

NifMoについても、デビットカードが利用できますが、一部のデビットカードに限られます。
JCBデビットでは申し込み不可の状況。
VISAについても、月額料金が支払い可能なデビット以外では、申し込みできません。
ジャパンネットやスルガ銀行VISAですと申し込み可能なようです。
お手持ちのデビットが申し込みエラーになる場合は、mineoやDTI SIMで申し込みしましょう。

高額キャッシュバックキャンペーンを行っていることが多く、キャンペーン中に申し込むのがおすすめです。

NifMoの詳細・申し込みはこちらから

 

口座振替で申し込みができるMVNO(格安SIM)

クレジットカードやデビットカード以外でも、口座振替で申し込みができるMVNOもあります。

ただ、キャリアなら口座振替での支払いが当たり前に可能ですが、格安SIMの場合ほとんどの会社で不可になっています。

ごく一部の口座振替での支払いができるMVNOは、以下のページで詳細を紹介しています。

ご参考にしてみてください。

口座振替で支払い可能な格安SIM【クレジットカード不要】

 

 

デビットカードで申し込みができるWiMAX2+

 

格安SIMの料金支払いだけでなく、WiMAXに関しても毎月の料金引き落としに以前は使えたVISAデビットカードなどが利用できなくなりつつあります。

でも、WiMAXでデビットカードを利用したい方にも一部ですが、利用できるサービスがあります!
DTI WiMAX2+楽天ブロードバンドWimax2などならデビットカードが支払いに使えます。

ただ、上記に紹介したWiMAXについても、すべてのデビットカードが使えるわけではなく、使えないデビットもありますので注意が必要です。

詳細記事については、こちらからどうぞ⇒デビットカードで支払い可能なWiMAX2+【クレジットカード不要】