カテゴリー:格安スマホメリット・デメリットの記事一覧

格安スマホキャンペーン乗り換え大作戦

格安SIM 格安スマホを探している方必見!キャリアスマホからの乗り換えと最適プランへの変更で毎月の携帯料金大幅節約できます!格安スマホお得なキャンペーン情報を随時更新中。WiMAXキャンペーン情報も!

  • 格安スマホメリット・デメリット

カテゴリー:格安スマホメリット・デメリット

格安SIMの解約手続き SIMカード返却が必要?

格安SIMを解約する場合注意しないといけない点ですが、特に通話SIMの縛り期間と違約金の確認は大切です。

データSIMについては、最低利用期間が設定されていませんので、いつでも自由に解約できますが、通話SIMについては、ほとんどの会社で6か月から12か月と設定されています。
また、12か月利用したので解約しようと思ったら申し込み月の翌月から12か月が条件の場合も。つまり、実質13か月の利用が条件になるケースもありますので注意が必要です。

解約違約金は8000円~10000円程度かかる場合が多く、最低利用期間がくる前に止めるよりも1番安いプランで継続して縛りがなくなるまで使っていた方がお得になるケースも多いです。

手続きについては、ほとんどの会社ではWEB上で解約ができますが、解約へのリンクがわかりやすいところにありません。
できるなら解約してほしくないので当然といえば当然ですが、各格安SIMのマイページの中でサイト内検索ができますので、そこに「解約」と打ち込めば解約方法が表示されますので、その手順に従って解約する方が早いです。

 

ドコモ系SIMは解約後返送する必要あり!

 

ドコモ系格安SIMでは原則解約後は、会社へ期日までにSIMカードを返送する必要があります。
解約手続きを完了した後に、返送先や返送方法をお知らせしてくれますので、それに従って返送するようにしてください。
SIMカードが返送されないと、手数料を取られる場合もありますので必ず返送するようにしましょう。

au系格安SIMでは、SIMカードを返送する必要がありません。
mineo(auプラン)やUQ mobileですね。
解約後は、ご自身でSIMカードを破棄することができます。

 

お試しで気軽に利用したいならmineoがおすすめです!

 

mineoは、解約後もSIMカードを返送する必要もありませんし(ドコモプランについては返送する必要があります)、通話SIMでの契約でも縛り期間がありません!

MNPで他社に移りたい方(同じ携帯番号をそのまま他社でも使う場合)のみ、12か月以内の解約で手数料(11500円)が取られますが、単純にmineoを解約するだけでしたら1か月だけの利用でも手数料や違約金はかかりません。

ですので、気軽に格安SIMを利用したい方は、mineo(特にauプラン)がおすすめだと言えます。
マイネオの詳細・申し込みはこちら⇒格安スマホmineo

格安SIMやスマホが初めてで不安があるならmineoを選べ!

「毎月のスマホ料金が下がるらしいので、ドコモやauから格安SIMに乗り換えたい」となんとなくでも考えられている方が多いようです。

ただ、格安SIMについて、サービス内容や運営会社に不安がある方も多いのも事実です。

 

そんな方におすすめしているのが、mineo(マイネオ)です。
mineoは格安SIM初のドコモ、au回線ともに対応したサービスです。

 

mineo(マイネオ)は、ケイオプティコムが提供する格安SIMです。
ケイオプティコムは、関西電力系列の企業で、eo光などインターネット関連サービスを扱っています。

 

格安SIMは、キャリアのような2年縛りなど長期間の契約を前提としたプランではなく、縛り期間半年や長くても1年間になっています。
また、データ通信専用SIMなら基本的に縛り期間がなく、いつでも解約でき、違約金もかからないです。
さらに、mineoなら通話もできるSIMでも原則縛り期間がありません。これは、現時点でmineoぐらいのものですので、特に通話SIMでの申し込みを考えている方ならいつでも解約できる安心感がこのmineoにはあります。

 

mineoユーザーのためのコミュニティサイト「マイネ王」で、サービス内容やスマホ端末の設定など疑問点の質問を気軽に行えます。
同じmineoユーザーが疑問点に答えてくれますので、mineoサポートと合わせて使用することによって格安スマホ初心者にとっての不安が解消されやすいです。

 

公式サイト⇒mineo

クレジットカードがなくても申し込めるmineo(マイネオ)

格安スマホ、格安SIMの契約は、クレジットカードでの料金支払いのみの場合が多いですが、一部のMVNOでは、VISAデビットやJCBデビットカードでも申し込み、料金支払いができます。

ドコモでもauのスマホでも使える今話題のMVNOのmineo(マイネオ)でも、一部のデビットカードで申し込みができます。

現時点では、楽天銀行VISA、楽天銀行JCBデビットカードなどのデビットカードで申し込みが可能になっています。
ただし、デビットカードなら、どの銀行発行のものでも使えるわけではありません。

お手持ちのカードを実際に申し込み画面のカード番号欄に入力してみて、申し込みが完了するか確かめてみてください。

SIMの申し込みは、10月までお得なキャンペーンも実施中ですので、デビットカードで申し込むならmineoがおすすめです。
 

マイネオの詳細・申し込みはこちら⇒格安スマホはmineo

おすすめデビットカード!楽天銀行JCBデビットカード

楽天銀行デビットカードは、楽天銀行の口座を開設すると発行できます。

楽天銀行では、VISAとJCBの2大ブランドのデビットカードが発行できますが、JCBの方がおすすめです。

年会費が無料で、利用代金の1%分を楽天スーパーポイントとしてもらえるのも、各行が発行するデビットカードの中でも最も高還元だからです。

ただ、VISAの方が取扱店が多いです。JCBは使用できないネット通販もわずかですが存在しますので、好みのブランドを選びましょう。

デビットカードは、クレジットカードのようなカード発行時の審査もなく、申し込めば原則誰でも持つことができますので、クレジットカードが持てない方やクレジットカード審査時の会社への在籍確認が嫌な方でも気軽に申し込みができますね。
 

楽天銀行口座開設はこちら⇒楽天スーパーポイントが貯まる♪楽天銀行

 

 

 

BIGLOBEは通話料も安くなる!通話1時間パックスタート

BIGLOBEは、秋より最大600円の料金値下げを実施。
さらに、SIMカードの申し込みのみでも最大10,000円のキャッシュバックが受けられる他社顔負けのキャンペーンもスタート。

BIGLOBE SIMが本気を出してきた!と口コミでもちらほら聞こえるようになってきましたが、

それだけではなく、ついに格安SIMの最大の弱点と言われていた通話料が高いというデメリットも消える通話パックを10月から開始予定です。

BIGLOBEなどの格安SIMの国内通話料は横並びで20円/30秒になっています。

しかし、通話アプリ「BIGLOBEでんわ」をダウンロードして、このアプリから通話すると半額の10円/30秒になります。

そして、「BIGLOBEでんわ 通話パック60」の登場!

このパックは一定時間の通話料がパックになったもの。
60分の通話が650円と、半額になるBIGLOBEでんわを利用(60分で1,200円)するよりもさらに半額近くの料金で電話が可能になります。

まずは、60分パックのみの提供開始になりますが、90分や120分などの通話パックも今後提供されるかもしれませんね。

格安SIMはかなり安いけど電話代がかさむから、乗り換えに躊躇していた方も毎月ほどほどの電話をかける程度でしたらこのBIGLOBE SIMおすすめできるかもしれません。

ビッグローブSIMの詳細・申し込みはこちら⇒3GB/月+くりこしOKで900円(税別)/月~