090や080の番号が持て、電話回線が使える通話SIMとインターネットのみ使えるデータSIM。

格安SIMでは、どちらかのSIMを選ぶことができます。

電話回線が使えるだけに通話SIMの方が、月額基本料が平均で約700円程度割高になっています。

データSIMは割安な代わりに電話回線が使えませんが、電話ができないわけではありません。

そうです、IP電話サービスを使えば、データSIMでの契約でも電話をかけたり、待ち受けもできます。

毎月の基本料金を下げて、IP電話で構わないので電話もしたい方には、以下の2社がおすすめです。

mineo(マイネオ)

mineoでは、IP電話アプリLaLaCall(ララコール)初期登録費用・月額基本料ともに無料で使うことができます。

固定電話への国内通話料が8円/3分。携帯電話への国内通話料が18円/1分。アプリ同士なら通話料無料です。

050から始まる電話番号を割り当てられますので、待ち受け可能。

さらに、留守番電話機能も無料で使えますので便利でお得です。

パケット通信量は、少量ですが通話のために消費します。

マイネオの詳細・申し込みはこちら⇒mineo

OCNモバイルONE

OCNモバイルONEでは、IP電話アプリ050 plusが初期登録費用無料・月額150円(1か月無料)で使うことができます。

固定電話への国内通話料が8円/3分。携帯電話への国内通話料が16円/1分。アプリ同士なら通話料無料です。

OCNモバイルONE契約者なら、パケット通信量を通話のために消費しないのがメリットです。

050から始まる電話番号を割り当てられますので、待ち受け可能。

さらに、留守番電話機能も無料で使えます。

通話品質もIP電話の中では高いです。

OCNモバイルONEの詳細・申し込みはこちら⇒OCNモバイルONE

どちらがおすすめ?

毎月の基本料が無料で使えるLaLaCallのmineo。

通話料がより安く、IP電話中はパケット通信量を使わない050 plusのOCNモバイルONE。

それぞれが特長違いますので、利用状況に応じて選ぶのが良いです。

ほとんどIP電話も使わないならmineo。たまに電話するならOCNモバイルONEとか。

通話アプリの違いで選ぶのではなく、mineoとOCNモバイルONEのサービスの違いで選ぶのもありですね。