WiMAXはクレジットカード支払いでの契約が原則です。

ただ、クレカをお持ちでない方や審査に通らないのでクレカの発行ができない方でもWiMAXに契約することは可能です。

クレカが同時申し込みできるWiMAXやデビットカードで契約することが可能なWiMAXもごくごく一部ですが存在します!

これからクレカを作りたい方にはとっても朗報!

クレカの新規発行とWiMAXの料金支払いでキャッシュバックがあるWiMAXや新規WiMAX契約と同時にクレカも発行できるプロバイダがあります。

クレカも同時発行ができるWiMAXなら、それほど時間もかからずWiMAXを利用できるため一石二鳥ですね。

 

また、どうしてもデビットカードで契約したい方もまだ大丈夫です。

2019年現在デビットカードではWiMAX2+は契約できないと、案内しているサイトもありますが、ご安心ください。

直接各WiMAXプロバイダに電話で問い合わせると、「デビットカードは料金支払いに使えない」とオペレーターに案内されることが最近多くなりました。

しかし、実際に申し込み画面でカード番号を入力し、申し込みが完了することもあります。複数のデビットをお持ちの方は、いずれかのカードなら申し込みができる場合もありますので、各公式サイトから実際に申し込みをしてみるのが大事ですね。

WiMAXの場合申し込みが完了すると、ほぼ契約についても大丈夫になっています。(一部審査に通らないケースもありますが)

実際に筆者自身が2019年より新たに契約していますし、今現在も多くの方が以下に紹介するWiMAX2+をデビットカードで契約されています。

ただし、デビットカードでの新規契約が年々難しくなってきているのは事実です。

もし、お手持ちのデビットカードで以下に紹介するWiMAXの契約ができなかった場合は、口座振替支払いが可能なWiMAXプロバイダを検討してみましょう。
口座振替で契約できるWiMAX2+についても、別記事の口座振替で支払い可能なWiMAX2+で紹介しています。ご参考にしてみてください。

 

デビットカードで申し込む前に注意するポイント

 

デビットカードで契約可能なWiMAXプロバイダを下に紹介していますが、申し込む前に必ず注意しておくべきポイントがあります。

このポイントを外すとエラーが出て申し込みできないケースが目立っていますので注意してください。

 

口座残高に初期費用+初月料金以上は最低入金しておく。

ブランドや銀行により使えないデビットもある。

 

与信を見ますので、口座残高がゼロや少額しかない場合は、カードエラーが出てデビットが使えないケースがあります。ある程度の金額が口座にある状態で申し込む必要があります。

もちろん、契約後も毎月口座から料金引き落としされるため、口座残高は常に一定額以上ある状態にしておくのがデビットカードでWiMAXの利用ができる最低条件でもあります。

また、デビットカードには、VISAやJCBのブランドがあり、発行する銀行もいくつもあります。どのデビットでも大丈夫なわけではありません。利用できるブランドや銀行は限られていますので、実際に申し込み画面上にカード情報を入力して確かめてみるしかありません。

もし、エラーで契約できない場合は、紹介する別のWiMAXプロバイダだと契約できる可能性もあります。

 

デビットカードで契約可能なWiMAX2+

 

 

クレジットカードを持っていないので、WiMAXの契約が出来ない方も大丈夫です!

数多くあるWiMAXプロバイダの中でもごくわずかですが、クレカの同時申し込みができるWiMAX、デビットカードで契約可能なWiMAXもあります。

「この機会にクレカを手間無く発行したい」

「どうしてもデビットカードで契約したい」

このような方は、以下に案内しているWiMAXがおすすめになっていますので、比較参考にしながら申し込んでみてください。

 

DTI WiMAX2+  デビットやお得な新規クレカ発行でイチオシ!

 

老舗プロバイダが提供するWiMAXサービス。このDTIは格安SIMも取り扱っています。

WiMAX、格安SIMどちらも月額料金が割安なので人気があります。

クレカをお持ちでない方に最もおすすめなのが、このDTI WiMAXです!

クレカ新規発行でさらにキャッシュバック!(NTTグループカードで6,000円還元)
一部VISAデビットカードで契約可能!

筆者もこのDTIでWiMAX2+に契約しています!

デビットカード(三菱UFJ銀行VISA)での料金支払いを行っています。

毎月の料金が割引になるキャンペーンを行っており、月額2,590円~利用でき、WiMAXがお得に利用できます。

また、すぐにWiMAXを使いたい方にもおすすめします。最短なら申し込んだ翌々日に端末が到着しますので他社より早く届くメリットあり。(申し込み時期、端末、配送エリア、天候などにより日数がかかる場合もあります)

2019年現在もジャパンネット銀行VISA、三菱UFJ銀行VISA、楽天銀行VISAなど多くのVISAデビットカードで申し込み可能です。
ただ、DTI SIMもそうなのですが、WiMAXについても同じくJCBデビットは現時点で使用できないようです。

申し込み時に、VISAブランドのデビットカードを手元に用意しておきましょう。

 

今なら3年プランギガ放題がお得!2か月間月額0円~利用できる!
端末代金・送料ももちろん無料!

 

WiMAX2+新機種W06、HOME L02も受付開始!

左(上)がW06。右(下)がHOME L02。

DTI WiMAXではWiMAXプロバイダの中ではいち早く、新機種W06とHOME L02の申し込み受付始まっています。

自宅でも外でも使いたい方はモバイルタイプのW06。

自宅のみで使いたい方は据え置きタイプのHOME L02。

どちらも最大受信速度が初めて1Gbps台の端末になり、より電波が繋がりやすくなりました。

【公式サイト】▶DTI WiMAX2+

 

筆者が使用している端末は、WiMAX HOME 01です!

12月発売されたばかりのWiMAX HOME 01。据え置きタイプの機種。

 

WiMAX HOME 01なら電源コンセントに繋ぐだけ。2台有線接続も可能なので、デスクトップパソコンや据え置きゲーム機で安定した通信環境も。もちろん無線で高速通信も。スマホやノートパソコンと同時接続20台まで可能。

 

据え置き機種ですが、とてもコンパクト。上部にはアップデート時に使用するボタンのみあります。

 

WiMAX HOME 01はペットボトルと比べても幅や奥行きはややありますが、高さは随分違いますね。

 

DTI WiMAXで以前デビットカードで契約していた2年プランのWX03の取り扱いが終了になったようですので、現在は他社と同様3年プランでの最新機種の申し込みが可能です。

筆者も2019年、デビットカードでHOME 01の申し込みが無事完了しましたので、DTI WiMAXですと大丈夫です。料金もお得でおすすめです。

 

2019年現在は、最新機種WX05やW06、W05、据え置きタイプのWiMAX HOME 01、L02がDTI WiMAXで取り扱いがあります。利用シーンに応じてお好みの機種を選んでみてくださいね。

 

現在DTI WiMAX限定特典付き、NTTグループカード新規入会キャンペーンを実施中です!

WiMAXの料金支払いをこのカードに変更するだけで1年間毎月キャッシュバックされます。もちろん、キャッシュバック以外にも特典が盛りだくさんですので、手持ちのVISAデビットカードで申し込み後に、このクレカも新規発行してさらにお得にWiMAXを利用することもできますね。このクレカの詳細情報も下の公式サイトに詳しく載っていますのでご覧ください。

 

【公式サイト】▶DTI WiMAX2+

 

GMOとくとくBB WiMAX2+ クレカ同時申し込みができる!

 

インターネットサービスを提供するGMOグループGMOインターネット株式会社が提供するWiMAXプロバイダです。

WiMAXプロバイダの中では、最も高額のキャッシュバックキャンペーンなどを行っていることもあり、かなりお得に申し込むことができます。

クレカの同時申し込みが可能!(年会費無料のセゾンカードが最短翌日発行できます)
一部デビットカードで申し込み可能!

 

GMOとくとくBB WiMAXでは、原則デビットカードの利用は不可になっています。
公式ページに「デビットカードは利用できません」と明記してある通り、現時点で使えない状況です。

ただし、筆者も実際に利用できるか試してみましたが、2019年4月時点で一部デビットのみ申し込みが可能であるようです。
楽天銀行VISAデビットで、無事契約が完了しました。口コミなどでもほぼ契約不可でしたが、中には大丈夫でしたとの声もあるようです。ダメもとで試してみるのもいいかもしれませんね。

無理だった場合は、次に挙げるクレカの同時申し込みで契約するか、おすすめのDTI WiMAXにするかがいいでしょう。

【公式サイト】▶GMOとくとくBB WiMAX

 

GMOとくとくBBについては、WiMAXの契約と同時にクレカの新規発行ができます。

ですので、クレカを現時点でお持ちでない方もここなら大丈夫です!

クレカの発行ですので所定の審査は当然ありますが、20代の方が多く利用されています。金融事故(借り入れや割賦で3か月以上の延滞・強制解約など)を過去に起こしていない限り、比較的手にしやすいのではないかなと思います。(10代の方は同時申し込みは利用できません)

セゾンカードの新規発行は、最短翌日と早く、お手元に届いたこのカード情報をとくとくBB WiMAXの支払い方法として確定させればOK!確認後端末が発送されますので、「今からクレカ作ってもWiMAXを使えるのが遅くなる・・・」このような心配はいりませんね。

 

3年プランの申し込みで、月額2,590円~と大幅割引で利用できます!
端末代金・送料ももちろん無料!

 

【公式サイト】▶GMOとくとくBB WiMAX2+

楽天ブロードバンドWiMAX2+ 新規契約受付終了

 

楽天ブロードバンドWiMAXは、2019年2月いっぱいで新規契約受付を終了と発表されました。よって現在のところ新規申し込みができなくなりました。(2019年3月追記)

 

楽天グループの楽天コミュニケーションズが提供するWiMAXサービスです。

一部デビットカードで契約可能!

 

もし、あなたがすでに楽天会員ならわずか2,3分で簡単に新規申し込みできることもあり、楽天サービスをよく利用される方に特におすすめです。
楽天モバイルと同様に、楽天銀行VISA、楽天銀行JCB、スルガ銀行VISAデビットカードで申し込み可能です。

該当のデビットカード以外では、申し込みができませんとの表記がありますが、裏を返して言えば該当のデビットカードなら大丈夫だとも言えます。デビットが大丈夫だと公式サイトで表記されているのは、この楽天ブロードバンドWiMAXだけしかありません。

 

楽天スーパーポイント5,000Ptプレゼント!
月額料金3か月無料!
端末代金・送料ももちろん無料!

 

こちらは、キャッシュバックではなく、楽天スーパーポイントがもらえるキャンペーンを行っています。
さらに、3か月利用料が無料になる特典もあります。

もちろん、端末代金や送料も無料です。

 

2018年時点で、機種については旧モデルのみのラインナップでしたが、最新機種のW05の取り扱いを開始しました。現在選べる機種はこのW05のみになっています。

 

@nifty WiMAX

 

 

大手プロバイダサービスのniftyが提供するWiMAXサービス。格安SIMのNifMo(ニフモ)のサービス提供も行っています。

こちらも一部デビットカードに限って申し込みができた方がいらっしゃいます。

@nifty WiMAXでは、ジャパンネット銀行VISA、スルガ銀行VISAで契約ができたとの口コミがあります。

ただ、niftyについても多くのデビットカードでは契約できないのは間違いありません。

実際に筆者がジャパンネット銀行VISAデビットで試してみましたが、エラーで申し込みできませんでしたので、難しいかもしれませんね。

申し込む場合は、口座残高には注意してください。

実際にデビットを試して無理だった方は、GMOとくとくBBでクレカの同時申し込みをするか、上記で紹介してあるWiMAXプロバイダでデビット契約をしてみてください。

高額キャッシュバック受け取りできる!
初月利用料無料!

 

Niftyでは、高額キャッシュバックキャンペーンを実施しています。
初月利用料金無料の特典もあります。

【公式サイト】▶Nifty WiMax

 

デビットカードでは契約不可のWiMAX2+

 

2019年現在デビットカードでは申し込むことができないWiMAXをまとめました。

So-netモバイルWiMAX デビット使えません。

BIGLOBE WiMAX デビット使えません。口座振替が可能。

カシモWiMAX デビット使えません。

UQ WiMAX 以前は使えましたが、現在はデビット使えません。口座振替が可能。

Broad WiMAX 以前は使えましたが、現在はデビット使えません。

novas WiMAX デビット使えません。

 

 

 

口座振替で契約可能なWiMAX2+

 

クレジットカードもデビットカードも持っていない方やカード支払いはなるべくしたくない方のために、ごく一部のWiMAXでは口座自動振替で契約ができ、毎月の料金支払いも可能になっています。

また、最近ではデビットカードではWiMAXに申し込めなかったという声も結構増えてきています。実際のところデビットカードでの契約は以前より厳しくなっていることもあります。

そのような方も、口座振替でならWiMAXの契約も大丈夫です。

WiMAXの料金支払いを口座振替で申し込みたい方は、以下の記事を参考にしてみてください。

詳細記事はこちら⇒口座振替で支払い可能なWiMAX2+【クレジットカード不要】

 

デビットカードで契約可能な格安SIM

 

格安SIMについても、WiMAXと同じく一部のサービスでは、デビットカードでの申し込みや料金支払いが可能です。

楽天モバイルやDTI SIMなどのMVNOで現在契約可能になっています。

2018年現在デビットカードで契約できるMVNOをまとめてみました。

格安SIMの料金支払いをデビットカードで申し込みたい方は、詳細記事を参考にしてみてください。

詳細記事はこちら⇒デビットカードで申し込みができる格安SIM

 

 

デビットカードでの契約やWiMAXプロバイダ独自のキャンペーン情報など、2019年4月現在の情報になります。今後変更になる場合もありますので、公式サイトを必ずご確認の上申し込みを行ってください。

 

記事がお役に立てばシェアをお願いします
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
    feedly
  • LINEで送る