格安SIM以上にWiMAX2+のデビットカードでの新規申し込み、料金支払いの利用が現在のところ厳しい状況になっています。

しかし、2018年時点でもクレジットカード以外に、デビットカードで契約することが可能なWiMAX2+サービスもごくごく一部ですが存在します!

2018年現在デビットカードではWiMAX2+は契約できないと、案内しているサイトもありますが、ご安心ください。

直接各WiMAXプロバイダに電話で問い合わせると、「デビットカードは料金支払いに使えない」とオペレーターに案内されることが最近多くなりました。

しかし、実際に申し込み画面でカード番号を入力し、申し込みが完了することもあります。複数のデビットをお持ちの方は、どれかのカードなら申し込みができる場合もありますので、各公式サイトから実際に申し込みをしてみるのが大事ですね。

WiMAXの場合申し込みが完了すると、ほぼ契約についても大丈夫になっています。(一部審査に通らないケースもありますが)

実際に筆者自身が2017年より契約していますし、今現在も多くの方が以下に紹介するWiMAX2+をデビットカードで契約されています。

ただ、デビットカードについては、いろいろな銀行から、ブランドもVISAのほかにJCBでも発行されていますが、以下に紹介する契約可能なWiMAX2+でも発行する銀行やブランドによっては使用できないデビットカードもあります。その点は注意してください。

実際に、WiMAX申し込み画面でデビットカード番号を入力してみて、エラーなく申し込み完了するかご確認ください。

もし、エラーで契約できない場合は、別のサービスだと契約できる可能性もあります。

ただし、デビットカードでの契約は厳しくなってきているのは事実です。

もし、お手持ちのデビットでの契約ができなかった場合は、口座振替ですと大丈夫です。
口座振替で契約できるWiMAX2+についても、別記事で紹介しています。ご参考にしてみてください。

筆者が使用している端末は、WX03です!

WX03には、電波受信状況がわかりやすい電波インジケータ機能が搭載されています。

 

WX03専用クレードルには、両サイドに拡張アンテナ付き。

 

電波受信レベルがわかりやすくグラフ表示されていて、感度が高い場所や向きを探し当てやすくなるので嬉しい機能です。

また、クレードル(別売)を装着すれば、有線LAN接続でき、アンテナもついているためより電波を捕まえやすくなるとも言われています。

 

2018年現在は、最新機種W05やWX04、据え置きタイプのL01sがDTI WiMAXで取り扱いがあります。お好みの機種を選んでみてくださいね。

 

デビットカードで契約可能なWiMAX2+

 

以前と比べて2018年現在、WiMAXのデビット支払いを認めない取り扱い銀行が増えてきました。

ただ、現時点でごく限られていて数少ないですが、以下に記載のWiMAXなら大丈夫!

このサイトをご覧の多くの方が無事デビットカードで契約できています。

 

DTI WiMAX2+  多くのVISAデビットが使えおすすめ!

 

 

老舗プロバイダが提供するWiMAXサービス。このDTIは格安SIMも取り扱っています。

筆者もこのDTIでWiMAX2+に契約しています!

もちろんデビットカード(三菱UFJ銀行VISA)での料金支払いです。

毎月の料金が割引になるキャンペーンを行っており、月額2,590円~利用でき、WiMAXがお得に利用できます。

また、すぐにWiMAXを使いたい方にもおすすめします。最短で申し込んだ翌々日に端末が到着しますので他社より早く届くメリットあり。(時期、端末、配送エリア、天候などにより日数がかかる場合もあります)

ジャパンネット銀行VISA、三菱UFJ銀行VISA、楽天銀行VISAなど多くのVISAデビットカードで申し込み可能です。
ただ、DTI SIMもそうなのですが、WiMAXについても同じくJCBデビットは現時点で使用できないようです。

VISAブランドのデビットカードを手元に用意しておきましょう。

もし、楽天銀行JCBデビットをお持ちの方は、下に紹介する楽天ブロードバンドで申し込んでみましょう。

2018年現在、デビットカードでWiMAXを使いたい方の多くは、ほぼDTI WiMAXで新規申し込みを行っていますのでとても安心して使えますね!

 

【公式サイト】DTI WiMAX2+

 

 

@nifty WiMAX

 

 

大手プロバイダサービスのniftyが提供するWiMAXサービス。格安SIMのNifMo(ニフモ)のサービス提供も行っています。

こちらも一部デビットカードに限って申し込みができるとの情報が入っています。

@nifty WiMAXでは、ジャパンネット銀行VISA、スルガ銀行VISAで契約ができたとの口コミがあります。

ただ、@niftyについても多くのデビットカードでは契約できないのは間違いありません。

もし、申し込み画面のカード情報登録でハネられるようでしたら、筆者含め多くの方がデビットで契約されている上のDTI WiMAXで申し込んでみてください。

【公式サイト】@nifty WiMAX

 

 

楽天ブロードバンドWiMAX2+

 

 

楽天グループの楽天コミュニケーションズが提供するWiMAXサービスです。

こちらは、キャッシュバックではなく、楽天スーパーポイントがもらえるキャンペーンを行っています。
さらに、3か月利用料が無料になる特典もあります。

もちろん、端末代金や送料も無料です。
あなたがすでに楽天会員ならわずか2,3分で簡単に新規申し込みできることもあり、楽天サービスをよく利用される方に特におすすめです。

楽天モバイルと同様に、楽天銀行VISA、楽天銀行JCB、スルガ銀行VISAデビットカードのみで申し込み可能です。

また、上記3つのデビットカード以外をお持ちでしたら、まずは申し込みがしやすいDTI WiMAXに申し込んでみるのがおすすめです。

2018年時点で、機種については旧モデルのみのラインナップでしたが、最新機種のW05の取り扱いを開始しました。現在選べる機種はこのW05のみになっています。

 

【公式サイト】楽天ブロードバンドWiMAX2+

 

 

GMOとくとくBB WiMAX2+

 

インターネットサービスを提供するGMOグループGMOインターネット株式会社が提供するWiMAXサービスです。

WiMAXサービスの中では、最も高額のキャッシュバックキャンペーンを行っていることもあり、かなりお得に申し込むことができます。

GMOとくとくBBについては、デビットカードは利用できませんと明記してある通り、多くのデビットカードが現時点で使えない状況です。
ただ、ジャパンネットやスルガ銀行など月額料金支払いができるごく一部VISAデビットで申し込めるとの報告もあります。

2018年現在、キャンペーン内容も充実しているためかなり人気なのですが、デビットでは申し込みが難しい状況です。しかし、一部デビットで契約できたとの口コミもあるためダメもとでチャレンジしてみるのもアリですね。エラーで契約不可になった場合は、DTIに申し込んでみてください。

 

【公式サイト】GMOとくとくBB WiMAX2+

 

 

口座振替で契約可能なWiMAX2+

 

クレジットカードもデビットカードも持っていない方やカード支払いはなるべくしたくない方のために、ごく一部のWiMAXでは口座自動振替で契約ができ、料金支払いも可能になっています。

また、最近ではデビットカードではWiMAXに申し込めなかったという声も結構増えてきています。実際のところデビットカードでの契約は厳しくなっていることもあります。

そのような方も、口座振替でならWiMAXの契約も大丈夫です。

WiMAXの料金支払いを口座振替で申し込みたい方は、以下の記事を参考にしてみてください。

詳細記事はこちら⇒口座振替で支払い可能なWiMAX2+【クレジットカード不要】

 

デビットカードで契約可能な格安SIM

 

格安SIMについても、WiMAXと同じく一部のサービスでは、デビットカードでの申し込みや料金支払いが可能です。

楽天モバイルやDTI SIMなどのMVNOで現在契約可能になっています。

2018年現在デビットカードで契約できるMVNOをまとめてみました。

格安SIMの料金支払いをデビットカードで申し込みたい方は、詳細記事を参考にしてみてください。

詳細記事はこちら⇒デビットカードで申し込みができる格安SIM