ここ1年ほどでモバイルWiFi(ポケットWiFi)の新規サービスが、続々登場してきています。新規加入者が急増しているのが大きな要因ですよね。

 

そして、2020年に入りまた新たにお得なサービスが登場しました。

ギガゴリWiFiといういかにもマッチョな名前のサービスがそれです。

 

ギガゴリWiFiはWiMAXでお馴染みGMOとくとくBBだから安心!

 

新サービスのギガゴリWiFiですが、運営会社がGMOとくとくBB WiMAXのサービスも提供しているGMOインターネット株式会社です。

GMOとくとくBB WiMAXと言えば、最もお得なWiMAXプロバイダで人気です。

ここは東証一部上場もしています。

最近になって続々登場しているモバイルWiFiのサービスですが、中には運営実態がよくわからないような会社がサービスを提供しているケースもあるため、申し込むのなら知名度や長年インターネットサービスを提供をしているようなWiFiプロバイダを選んだ方が安心です。

その点でも、このギガゴリWiFiは安心して申し込めるのではないでしょうか。


 

ギガゴリWiFiは1年契約月額2,350円~と最安!

 

ギガゴリWiFiは、3つの料金プランのラインナップです。利用状況によってお好きなプランが選択できますね。

プラン 月額料金(1年目)
20GB 2,350円
30GB 2,650円
50GB超(使い放題) 3,050円

初期費用3,000円
端末発送月を1ヶ月目とした1ヶ月目〜12ヶ月目までのご解約の場合18,000円
13ヶ月目以降、契約更新月以外のご解約の場合8,000円

 

3日間で10GB以上利用すると速度制限があるWiMAXなどと違い、ギガゴリWiFiには原則速度制限がありません。プランの通信容量を使い切るまでは高速通信が使い放題になっています。

月額2,350円から使えるのは嬉しいですね。数多くあるモバイルWiFiの中でも最安級になっています。

20GBや30GBでもたっぷり使えるため、外でスマホだけ使っている方ならこれぐらいの容量でも十分じゃないでしょうか。

外でも家でもモバイルWiFiのみでYouTubeやHuluなどの動画視聴がしたい方には、ちょっと容量が足りなくなるかもしれませんので、使い放題のプランを選ぶといいですね。そのような方には、50GB超プランもサービス開始されましたのでこちらがおすすめ!50GB超というプランの名称になっていますが、もちろん使い放題です。3日間制限もありませんよ。こちらも月額3,050円とかなり安くモバイルWiFiでは最安級です。

公式サイト【GMOとくとくBB】ギガゴリWiFi

 

モバイルWiFi料金比較  ギガゴリWiFiはどれだけ安い?

 

現在、数多くのモバイルWiFiが出ていますが、皆さんが1番気になる毎月の料金についてギガゴリWiFiと他社で人気のWiFiと比較してみました。

 

人気10社容量プラン別料金比較

WiFiサービス 使い放題 30GB 20GB 契約期間
ギガゴリ 3,050円 2,650円 2,350円 1年
どんなときも 3,480円 2年
めっちゃ 3,480円 2年
縛りなし 3,300円(2,800円) なし

(3年)

FUJI 3,980円 (50GB2,980円) (25GB2,480円) なし
Mugen 3,880円

3,280円

2年
クラウド 3,380円 なし
限界突破 3,500円 2年
NEXT mobile 2,700円 2,400円 2年
とくとくBB WiMAX 3か月間2,170円

以後3,480円

(7GB3か月間2,170円

以後2,690円)

3年

 

使い放題プランを料金で選ぶならどこがおすすめ?

 

人気のWiFiと比較してみましたが、ギガゴリWiFiがかなり安くなっています。

実は最安なのは、縛りなしWiFiなのですが、縛りなしだと3,300円。3年縛りでもいいのなら500円安くなって2,800円とギガゴリよりも安いんですよね。

 

30GB、20GBプランを料金で選ぶならどこがおすすめ?

 

30GBや20GBプランで申し込みたいのなら、断然ギガゴリがおすすめです。料金も最安ですし、縛りも1年のみですので、通信費はグッと抑えてある程度の容量は確保したい方向けですね。

 

ソフトバンク4GLTEエリア対応でどこでも繋がる

 

ギガゴリWiFIは、ソフトバンクの4GLTE対応の広いエリアで通信が可能。

山間部や地下、屋内の電波が繋がりにくい場所でも、高速通信で動画も快適に視聴できます。

 

ギガゴリWiFiの端末は、富士ソフト株式会社製のFS030Wの1種類です。

ほかのWiFiでもよく利用されている機種でもあります。

FS030Wスペック表

通信速度 LTE対応 下り最大150Mbps/上り最大50Mbps
3G対応 下り最大42Mbps/上り最大5.76Mbps
連続通信時間 約20時間(Wi-Fiテザリング時)
約24時間(Bluetoothテザリング時)
同時接続可能台数  Wi-Fi 15台/Bluetooth 5台/USB 1台
サイズ 高さ 約74mm × 幅 約74mm × 厚さ 約17.3mm
重量 約128g(電池パック含む)

軽くてコンパクトサイズの端末ですので、外にも持ち運びしやすいのはいいですね。この端末の1番いいところは丸一日使える長時間バッテリーなので、途中でバッテリー切れの心配をしなくてもいいところですね。

ギガゴリWiFiでは、端末はレンタルでの扱いになっています。端末代金無料。送料も無料です。

レンタルのため、解約時には端末の返却が必要です。

故障時や水漏れ事故でも無償で修理してもらえる安心サポートや安心サポートワイドのオプションサービスも利用できますので、壊れた時の心配がある方はオプションに申し込んでおくのもいいかもしれません。このオプションについて、契約時の同時申し込みで最大2か月料金無料キャンペーンも行っています。

 

公式サイト【GMOとくとくBB】ギガゴリWiFi

 

支払い方法はクレジットカード 口座振替にも対応予定アリ!

 

ギガゴリWiFiの料金支払い方法は、現在のところクレジットカードのみ対応になっています。

ただ、今後口座振替にも対応予定になっているようです。

口座振替の場合、公式サイトには初期費用が20,000円請求されると記載されているため、まだ詳細についてはわかりませんが、申し込みしづらいかもしれません。

 

ギガゴリWiFi申し込みにはクレジットカードと身分証明書が必要

 

1年縛りで月額2,350円からとかなりお得なギガゴリWiFiですが、これから申し込もうと思われた方は、お手元にクレジットカードと身分証を用意して手続きを進めてください。

2月現在のところ、お支払いにはクレジットカードのみ対応になっています。契約時には本人の身分確認もあるため、運転免許証などの身分証明書をアップロードすれば大丈夫です。

申し込み手続き完了後、最短即日発送で、端末とSIMが佐川運輸の宅配便で届けられます。

光回線のように工事も必要なく、モバイルWiFiですとすぐにインターネットが開始できますので、引越し予定の方にも有り難いサービスですね。

 

公式サイト【GMOとくとくBB】ギガゴリWiFi

 

1年縛り口座振替ならBIGLOBE WiMAXがおすすめ!

 

現在、モバイルWiFiに口座振替で申し込みたい方は、BIGLOBE WiMAXがおすすめですね。

WiMAXの場合は、高性能の最新機種が使え高速通信が可能です。

BIGLOBE WiMAXでは、ギガゴリWiFiと同じく1年契約になっていて口座振替にも対応しています。端末代金として初期費用がかかってしまいますが、翌月キャッシュバックも行っているため初期負担が軽減されますね。

口座振替で申し込めるWiMAXについては下の記事を参考にしてみてください。

 

詳細はコチラ口座振替で申し込めるWiMAX

記事がお役に立てばシェアをお願いします
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
    feedly
  • LINEで送る