カテゴリー:ワイマックス料金支払い方法の記事一覧

格安スマホキャンペーン乗り換え大作戦

格安SIM 格安スマホを探している方必見!キャリアスマホからの乗り換えと最適プランへの変更で毎月の携帯料金大幅節約できます!格安スマホお得なキャンペーン情報を随時更新中。WiMAXキャンペーン情報も!

  • ワイマックス料金支払い方法

カテゴリー:ワイマックス料金支払い方法

口座振替で支払い可能なWiMAX2+【クレジットカード不要】

格安SIMと同様にWiMAX2+についても基本的にクレジットカードでの契約、料金支払いになっています。

ただ、ネット上での支払いにクレジットカードを使用したくない方や審査に通らず発行することができない方もいらっしゃると思います。

そのような方でも大丈夫!

一部のWiMAXサービスでは金融機関の口座振替で申し込みができ、毎月の料金支払いに指定することが可能になっています。

また、デビットカードで申し込みが可能なWiMAXサービスも一部ですがあり、そちらは別の記事で紹介しています。ご参考にしてみてください。

口座振替で契約可能なWiMAX2+

 

現時点で以下のWiMAX業者なら、金融機関の口座振替で申し込みが可能になっています。

口座振替手続きですが、申し込み後送付される口座振替手続きに関する書面を返送することにより支払い方法が確定されます。

そのため、クレジットカードでの支払いに比べると、契約完了まで日数がかかってしまう点は注意してください。

 

BIGLOBE WiMAX2+(ビッグローブワイマックス) おすすめ!

 

老舗プロバイダのビッグローブが提供するサービスで、特に人気があるWiMAXサービスです。

以前から口座振替での料金支払いが行えてきたこともあり、クレジットカードをお持ちでない方の多くはこのBIGLOBE WiMAX2+を利用されています。

他社よりグッと高額なキャッシュバックキャンペーンを行っていて、今ならお得に申し込みできます。

口座振替での申し込みなら、筆者はこのBIGLOBE WiMAXをおすすめしています!

口座振替での料金支払いは、手数料が毎月200円必要です。

BIGLOBE WiMAX 2+の詳細・申し込みはこちら

 

UQ WiMAX(ユーキューワイマックス)

 

TVCMでもお馴染み格安SIMのUQ mobileも提供しているUQコミュニケーションズのWiMAXサービスです。

多くのWiMAXの大元と言うこともあり、基本サービスや万が一のサポートも充実しています。今ならギフトカードプレゼントのキャンペーンも実施中です。ただ、金額的には他社よりかなり低めです。

口座振替手数料は無料。端末購入代金については、他社のように無料にはなっていません。そのため、端末代金の支払いが必要になりますが、こちらは口座振替で引き落としできません。端末代金は、クレジットカードか代引きでの支払いになります。

UQ WiMAXの詳細・申し込みはこちら

 

Broad WiMAX(ブロードワイマックス)

 

Broad WiMAXなら、月額料金が安い(月額2,726円~)月額最安プランでの申し込みですと、クレジットカード以外にも口座振替での料金支払いが可能になります。

ほかのプランについては、現在のところ支払いはクレカのみ。

ただし、口座振替での支払いの場合、初期費用として18,857円が別途請求されるため、おすすめできません。一方、クレジット支払いの場合は、18,857円が無料になるキャンペーンを行っていて、クレカで利用される方は多いです。

また、口座振替手数料として毎月200円が必要です。

ブロードワイマックスの詳細・申し込みはこちら

 

@niftyWiMAX(ニフティワイマックス) 受付終了

 

ご存じ大手プロバイダのニフティが提供するサービスですので、安心感があります。

高額のキャッシュバックキャンペーンを継続的に行っていて、お得に申し込みできます。

口座振替での料金支払いは、手数料が毎月200円必要になります。
2017年6月28日で口座振替受付終了しました。

 

デビットカードで契約可能なWiMAX2+

 

クレジットカードを持っていない方のために、口座振替で申し込み可能なWiMAXサービスを上記で紹介しましたが、口座振替の場合、別途手数料が発生したり、契約完了までクレジットカードに比べ日数がかかったり、面倒な点もあります。

そのような方に、デビットカードで申し込みができるWiMAXも少ないですがあります。

デビットカードなら審査なく発行でき、クレカとほぼ同じような使い方ができるため、下記の記事を参考に申し込みをしてみてください。

詳細記事はこちら⇒クレジットカード不要!デビットカードで支払いできるWiMAX

 

口座振替で契約可能な格安SIM

 

格安SIMについても、WiMAXと同じく一部の会社では、現在も口座振替での申し込みや料金支払いが可能になっています。

BIGLOBEモバイルや楽天モバイルなどのMVNOで利用可能ですが、契約内容によっては口座振替の利用に条件も。

詳細については下記ページをご覧ください。

詳細記事はこちら⇒口座振替で申し込みができる格安SIM

 

クレジットカード不要!口座振替で支払いできる【BIGLOBE WiMAX2+】

格安SIMと同様にWiMAXについても、クレジットカードを持っていないと申し込みが出来ないケースが増えてきました。

ただ、BIGLOBE WiMAX2+(ビッグローブワイマックス)ですと、銀行、信用金庫などの金融機関での口座振替での支払い方法でも申し込みが可能になっています。

BIGLOBE WiMAX2+のメリットとして、端末代金実質無料、端末送料無料、初月利用料無料、高額キャッシュバックなどのお得なキャンペーンがあります。

クレジットカード以外で申し込みができる数少ないWiMAXですので、クレジットカードでの支払いに抵抗がある方や審査が通らないのでクレジットカードを持つことができない方ならこのBIGLOBE WiMAX2+がおすすめです!

詳細・申し込みはこちら⇒BIGLOBE WiMAX 2+

 

デビットカードで支払い可能なWiMAX2+【クレジットカード不要】

格安SIM以上にWiMAX2+のデビットカードでの申し込み、料金支払いが不可の業者が現在増えつつある状況になっています。
しかし、2017年時点でもクレジットカード以外に、デビットカードで契約することが可能なWiMAX2+サービスもごくごく一部ですが存在します!

2017年現在デビットカードではWiMAX2+は契約できないと、案内しているサイトもありますが、ご安心ください。

実際に筆者自身が2017年より契約していますし、今現在も多くの方が以下に紹介するWiMAX2+をデビットカードで契約されています。

ただ、デビットカードについては、いろいろな銀行から、ブランドもVISAのほかにJCBでも発行されていますが、以下に紹介する契約可能なWiMAX2+でも発行する銀行やブランドによっては使用できないデビットカードもあります。その点は注意してください。

実際に、WiMAX申し込み画面でデビットカード番号を入力してみて、エラーなく申し込み完了するかご確認ください。

もし、エラーで契約できない場合は、別のサービスだと契約できる可能性もあります。

ただし、デビットカードでの契約は厳しくなってきているのは事実です。

もし、お手持ちのデビットでの契約ができなかった場合は、口座振替ですと大丈夫です。
口座振替で契約できるWiMAX2+についても、別記事で紹介しています。ご参考にしてみてください。

2017年10月現在のおすすめ端末は、WX03です!

WX03には、電波受信状況がわかりやすい電波インジケータ機能が搭載されています。

 

WX03専用クレードルには、両サイドに拡張アンテナ付き。

 

電波受信レベルがわかりやすくグラフ表示されていて、感度が高い場所や向きを探し当てやすくなるので嬉しい機能です。

また、クレードル(別売)を装着すれば、有線LAN接続でき、アンテナもついているためより電波を捕まえやすくなるとも言われています。

 

デビットカードで契約可能なWiMAX2+

 

以前と比べて2017年現在、WiMAXのデビット支払いを認めない取り扱い銀行が増えてきました。

ただ、現時点で数少ないですが、以下に記載のWiMAXなら大丈夫!

このサイトをご覧の多くの方が無事契約できています。

 

DTI WiMAX2+  多くのVISAデビットが使えおすすめ!

 

 

老舗プロバイダが提供するWiMAXサービス。このDTIは格安SIMも取り扱っています。

筆者もこのDTIでWiMAX2+に契約しています!

もちろんデビットカード(三菱東京UFJ-VISA)での料金支払いです。

キャッシュバック目当ての方にも、高額キャッシュバックキャンペーンを継続的に行っておりお得に申し込みできます。

また、すぐにWiMAXを使いたい方にもおすすめします。最短で申し込んだ翌々日に端末が到着しますので他社より早く届くメリットあり。(時期、端末、配送エリア、天候などにより日数がかかる場合もあります)

DTI WiMAXは、多くのデビットカードが利用できるため、デビットカードで申し込みたい方におすすめです!

ジャパンネット銀行VISA、三菱東京UFJ-VISA、楽天銀行VISAなど多くのVISAデビットカードで申し込み可能です。
ただ、DTI SIMと同様にJCBデビットは現時点で使用できないようです。

VISAブランドのデビットカードを手元に用意しておきましょう。

楽天銀行JCBデビットをお持ちの方は、次に紹介する楽天ブロードバンドで申し込んでみましょう。

DTI WiMAX2+の公式サイトはこちら

 

楽天ブロードバンドWiMAX2+

 

 

楽天グループの楽天コミュニケーションズが提供するWiMAXサービスです。

こちらは、キャッシュバックではなく、楽天スーパーポイントがもらえるキャンペーンを行っています。
さらに、3か月利用料が無料になる特典もあります。
楽天会員なら簡単に申し込めることもあり、楽天サービスをよく利用される方におすすめです。

楽天モバイルと同様に、楽天銀行VISA、楽天銀行JCB、スルガ銀行VISAデビットカードのみで申し込み可能です。

上記3つのデビットカード以外をお持ちでしたら、まずは申し込みがしやすいDTI WiMAXに申し込んでみるのがおすすめです。

楽天ブロードバンドWiMAX2+の公式サイトはこちら

 

GMOとくとくBB WiMAX2+

 

インターネットサービスを提供するGMOグループGMOインターネット株式会社が提供するWiMAXサービスです。

WiMAXサービスの中では、最も高額のキャッシュバックキャンペーンを行っていることもあり、かなりお得に申し込むことができます。

GMOとくとくBBについては、デビットカードは利用できませんと明記してある通り、多くのデビットカードが現時点で使えない状況です。
ただ、ジャパンネットやスルガ銀行など月額料金支払いができるごく一部VISAデビットで申し込めるとの報告もあります。

実際にカード情報を入力してみてカードエラーで不可になった場合は、比較的申し込みやすいDTIなど上記のサービスに申し込んでみてください。

GMOとくとくBB WiMAX2+の公式サイトはこちら

 

 

口座振替で契約可能なWiMAX2+

 

クレジットカードもデビットカードも持っていない方やカード支払いはなるべくしたくない方のために、ごく一部のWiMAXでは口座自動振替で契約ができ、料金支払いも可能になっています。

また、最近ではデビットカードではWiMAXに申し込めなかったという声も増えてきています。実際のところデビットカードでの契約は厳しくなっていることもあります。

そのような方も、口座振替でならWiMAXの契約も大丈夫です。

WiMAXの料金支払いを口座振替で申し込みたい方は、以下の記事を参考にしてみてください。

詳細記事はこちら⇒口座振替で支払い可能なWiMAX2+【クレジットカード不要】

 

デビットカードで契約可能な格安SIM

 

格安SIMについても、WiMAXと同じく一部の会社では、デビットカードでの申し込みや料金支払いが可能です。

mineoや楽天モバイルなどのMVNOで現在契約可能になっています。

格安SIMの料金支払いをデビットカードで申し込みたい方は、詳細記事を参考にしてみてください。

詳細記事はこちら⇒デビットカードで申し込みができる格安SIM