• ワイマックス料金支払い方法
カテゴリー:ワイマックス料金支払い方法
ホームPage 1 / 212

クレジットカードを持っていないと、契約をすること難しくなってきたWiMAX。

銀行の口座振替やデビットカードで支払いができるWiMAXも、ごく一部ですが存在しますが、手続きの簡便さや特典のお得さでもやっぱりクレジットカードで申し込む方がよかったりします。

 

「でもクレカ持ってないから・・・」という若い方は結構多いようですが、そんな方も安心してください。

WiMAXの申し込みと同時にクレカも発行できるWiMAXプロバイダがあります。

今回は、クレカが無くても大丈夫なWiMAXプロバイダの紹介です。

 

GMOとくとくBB WiMAX

 

高額のキャッシュバック特典や月額料金が割安なWiMAXとして一部でも知られているのが、このGMOとくとくBB WiMAXです。

 

GMOとくとくBBもクレカを持ってないと契約することができません。

デビットカードでは、現在のところ一部カードのみ申し込みが可能なケースもあります。

口座振替支払いは利用できません。

 

ところが、クレカをお持ちで無い方のために、GMOとくとくBB WiMAXの申し込みと同時にクレカも新規発行することができるようになりました。

 

 

こちらでGMOとくとくBB WiMAXの契約と同時に、セゾンカードが新規発行できます。

セゾンカードは、年会費永久無料!最短翌日発行!

利用金額に応じて有効期限のない「永久不滅ポイント」が貯まります!

インターネット上での不正使用による損害を補償する「オンライン・プロテクション」が付いているので安心!

これからクレカを作って、それからWiMAXに契約すると、WiMAXが使えるようになるまで通常10日以上はかかってしまいます。

しかし、このWiMAXとクレカの同時申し込みを利用すれば、通常1週間以内にWiMAXが手元に届きますので、なるべく早く利用したい方にもおすすめですし、手続きも簡単なので楽なのもいいですね。

クレカ発行の審査がもちろんありますが、20代の方が多く新規発行されているため支払い能力があり、過去に金融事故がなければ比較的手にしやすいと思われます。

 

月額料金は、2,590円~と大幅割引適用!

キャッシュバックの代わりに、毎月の料金がいきなり初月から割引されお得です。

 

GMOとくとくBB WiMAXクレカ同時申し込み月額料金表

プラン 0~2か月目 ~24か月目 ~36か月目
ギガ放題 2,590円 3,344円 4,263円
ライト 2,590円 2,690円 3,609円

*0か月目は申し込み月。日割り料金になります。ライトプランは、7GB/月です。37か月目が契約更新月の3年ごとの自動更新です。

解約をご希望の場合は、解約手続きが必要です。

 

取り扱い端末(2019年9月現在)

クレカとの同時申し込みでの取り扱い端末は、現在のところ4機種です。

特典として端末代金0円です。

 

WX05

2018年11月発売の新機種もラインナップに!

電波の届きにくい場所でも繋がりやすくなるWiMAXハイパワー対応。

クレードル付きも選べます。

 

W06

2019年2月発売の最新機種。家でも外でも使える。スリムなサイズなので持ち運びにも便利です。

下り最大1.2Gbpsの超高速通信が可能に。

 

 

L02

据え置きタイプがこちら。

外で使う予定のない方は機能面でもこちらがおすすめです!

下り最大1Gbpsの超高速通信が可能に。

 

HOME 01

こちらも据え置きタイプ。すっきりコンパクトで置き場所に困らない。

 

WiMAX×セゾンカード同時申し込み手順

この記事下のリンクから詳細を確認して、申し込みをします。

セゾンカードは、最短翌日発行が可能ですので、すぐにお手元に届きますね。

次に、お手元に届いたセゾンカードの情報を、GMOとくとくBBのお客様ページで入力し、支払い方法を確定させてください。

支払い方法の設定が確認でき次第、WiMAX2+端末機器の発送になります。

 

セゾンカード×WiMAX2+の詳細・申し込みはこちら

 

デビットカード・口座振替で申し込めるWiMAX2+

 

WiMAXは、クレジットカード支払いが原則ですが、どうしてもクレカの審査に通らない方やクレカは持ちたくない方もいらっしゃると思います。

そのような方でもデビットカードや口座振替での支払いでWiMAXに申し込むことが、現在のところ可能になっています。

ただ、多くのWiMAXプロバイダで料金支払いはクレカのみの流れになっているため、将来的にはより難しくなるかもしれません。

クレカを新規発行するのがベターではありますが、デビットカードや口座振替で申し込みたい方のために記事にまとめました。参考にしてみてください。

詳細記事はこちら⇒デビットカードで契約できるWiMAX2+

口座振替で契約できるWiMAX2+

 

20歳未満の方は、クレカとの同時申し込みすることができません。
クレジットカードの発行には所定の審査があります。
申し込みが完了してから3週間以内に支払い方法を確定しないと、WiMAXの発送がキャンセルされます。

DTI WiMAXで新キャッシュバックキャンペーン

 

DTI WiMAXでは、NTTグループカードの新規申し込みをし毎月のWiMAX料金支払いをこのカードに変更すると、12か月間500円(合計最大6,000円)のキャッシュバックがもらえるキャンペーンを実施しています。

もちろん、現在行われているDTI WiMAXの月額料金割引特典との併用が可能です。

キャンペーンは、予告なく急遽終了する場合があります。公式サイトをご確認ください。

 

 

DTI WiMAXは、ギガ放題プランが月額2,590円~利用できる、料金のお得感が売りのサービスです。

さらに、今ならNTTグループカードを作って支払い方法を変更するだけで、1年間キャッシュバックを受けられます。

現在DTI WiMAXをご利用中の方はもちろん、これからWiMAXを申し込もうと思われている方もDTI WiMAXにして、カードも作ってしまえばとってもお得にネットが使えるんですね。

 

DTI WiMAX実質月額料金表(NTTグループカード支払いの場合)

プラン月額料金 3か月 1年目まで 2年目以降
DTI WiMAX2+ ギガ放題プラン(3年) 2,090円 3,260円 3,760円
DTI WiMAX2+ モバイルプラン(3年) 3,000円 3,000円 3,500円

*キャッシュバック分をあらかじめ差し引いた月額料金で表していますので、実際の請求金額とは異なります。

さらに、今だけのキャンペーンとして、ギガ放題プラン限定で2か月間0円の特典もあるため、グループカード支払いにすると、実質3か月はほぼ無料に近い料金でWiMAXを利用することができますよ。

 

■NTTグループカードはほかにも特典がいっぱい!
入会・利用で最大15,000円キャッシュバック!
レギュラーカードは年会費無料!
ゴールドカードも利用実績に応じて年会費無料!
ゴールドカード限定海外旅行保険&空港ラウンジ無料!
など

 

NTTグループカードの詳細はこちらから⇒https://www.ntt-card.com/apply/dti/

 

■キャッシュバック適用手順
①DTI WiMAXの申し込み(まだ利用されていない場合)
②NTTグループカードの申し込み(審査があります)
③カード到着後、My DTIにて、DTIのご利用料金お支払い方法をNTTグループカードに変更してください。
④DTIのご利用が確認できた翌月から500円(最大12回)のキャッシュバックがスタートします。

 

今ならDTI WiMAX2か月0円キャンペーンも実施中!

上でもちょこっと紹介しましたが、ギガ放題3年プラン限定で、申し込み月と翌月の2か月間2,590円⇒0円に。

NTTグループカードでの支払いと併用するとさらにお得にWiMAXが使えるようになりますね♪

DTI WiMAX2+の詳細・申し込みはこちら

 

クレカが無くても大丈夫!クレカと同時申し込みできるWiMAX

 

まだクレジットカードをお持ちでない方も大丈夫!

基本的にWiMAX申し込み時にクレカが必要ですが、クレカと同時申し込みが可能なWiMAXがあります。

クレカの新規発行をしてから、別にWiMAXを申し込むよりもグッと簡単に、しかも日数もかからずにWiMAXを利用することが可能になります。

 

詳細記事はこちら⇒クレカ同時申し込みできるWiMAX

 

どのWiMAXがお得?キャンペーン情報

 

DTI WiMAX以外にもお得なキャンペーンを展開中のWiMAXプロバイダがあります。

新規申し込みで継続利用するとキャッシュバックされるキャンペーンや毎月の月額料金が大幅割引になるキャンペーンなど。また選んだ端末によりクレードルが無料になったり、初期費用が無料になるキャンペーンなども。

各社キャンペーン内容については、毎月変更される場合も多く最新情報をチェックしてどのWiMAXを申し込むか決めるのがいいですね。

詳細情報についてはこちら⇒WiMAXキャンペーン最新情報

2019年10月より口座振替対応WiMAXプロバイダの契約プランに大きな変動がありました!詳細についても記事内に記述していますので、確認してみてください。

 

格安SIMと同じくWiMAX2+についても、基本的にはクレジットカードでの契約、料金支払いになっています。

ただ、ネット上での支払いにクレジットカードを使用したくない方や審査に通らず発行することができない方もいらっしゃると思います。

そのような方でも大丈夫!

一部のWiMAXでは金融機関の口座振替支払いで申し込みができ、毎月の料金は口座引き落としにすることが可能です。

また、審査なく発行できるデビットカードで申し込みが可能なWiMAXも一部ですがあり、そちらは別の記事で紹介しています。ご参考にしてみてください。

 

新機種W06も販売開始!

もちろん、2月に発売になった最新機種W06も口座振替申し込み選択可能!

より電波を受信しやすくなり、最大受信速度1Gbps台の超高速通信が可能に!

このW06もBIGLOBE WiMAXならお得なキャンペーン適用!

 

口座振替支払いで申し込み時に注意するポイント

 

 

先ほども書いたように、クレカ支払いが基本であるため口座振替で申し込めるWiMAXプロバイダはかなり限定されてきます。

また、今後クレカのみの支払い方法になる可能性もあるため、申し込める今のうちに契約しておくのもひとつの手ですね。

 

口座振替手続きですが、ネット上で口座振替依頼登録をするか、申し込み後送付される口座振替手続きに関する書面を返送することにより支払い方法が確定されます。

そのため、申し込み時にカード情報を入力するだけでOKのクレジットカード支払いに比べると、契約完了まで多少日数がかかってしまう点は注意してください。

また、プロバイダによっては、口座振替支払いに限って申し込み時に身分証画像のアップロードが必要になってくる場合もあります。

初期費用、端末代金は、端末発送時に代引きで支払いが必要になったり、毎月わずかですが口座振替手数料が別途かかってくることもあります。

 

もし、手間や追加での費用がどうしても嫌ならクレカ以外にもデビットカードで申し込みを考えてみましょう。

 

口座振替で契約可能なWiMAX2+

 

2019年現在、以下に紹介するWiMAXプロバイダなら、金融機関の口座振替での料金支払いでWiMAXの申し込みが可能になっています。

以前と比べて口座振替支払い不可のプロバイダが増えてきていますが、以下に紹介するプロバイダなら大丈夫です。

 

BIGLOBE WiMAX2+(ビッグローブワイマックス) 断然おすすめ!

 

老舗プロバイダのビッグローブが提供するサービスで、特に人気があるWiMAXプロバイダです。

BIGLOBEでは、以前から口座振替での料金支払いが行えてきたこともあり、クレジットカードをお持ちでない方の多くはこのBIGLOBE WiMAX2+を利用されています。

当サイトでは、口座振替支払いでWiMAXを使いたいなら、BIGLOBEをおすすめします!

 

2019年10月より契約プラン変更がありました。

9月までの3年契約⇒1年契約に!

契約期間内の解約違約金が1,000円に!

キャッシュバックが10,000円に!

キャッシュバックが最短契約翌月受取に!

月額料金が値下げ3,980円に!

端末代金支払いが19,200円に!

プラン変更により、赤字がメリットで、緑字がデメリットになります。

キャッシュバック額が下がりましたが、これまで3年契約分もらえたのが、1年契約分になったと考えるとデメリットではなくなりますね。端末代負担は痛いですが、1年や2年使ってみたい方には口座振替支払い以外の方でもおすすめプロバイダと言えます。

 

1年契約とどこより短め!
最新機種もキャンペーン対象!
キャッシュバック振込が最も早い!
口座振替手続きがWEBで完了でき簡単。
申し込み月は月額料金が無料!

 

 

口座振替手数料が毎月200円必要。
初期費用として、端末代金19,200円の代金引き替えでの一括支払いあり。

 

 

公式サイト▶BIGLOBE WiMAX 2+

 

UQ WiMAX(ユーキューワイマックス)

 

TVCMでもお馴染み格安SIMのUQ mobileも提供しているUQコミュニケーションズのWiMAXサービスです。

多くの取り扱いのあるWiMAXプロバイダの大元と言うこともあり、基本サービスや万が一のサポートも充実しています。9月まではクレカ支払いのみキャッシュバック対象でしたが、口座振替も対象になりました。ただ金額は3,000円と大幅に下がってしまいました。

ですので、お得度で比べるとBIGLOBEがおすすめになっていますね。

また、10月より従来の3年プランから縛りなし、2年契約プランと新しくなりました。初期費用として端末代金の支払い金額がアップしたものの、月額料金はダウンし、契約期間も短くなり大きなメリットも。

口座振替の手続きがWEB上から可能になっているため便利です。

三菱UFJ銀行・みずほ銀行・三井住友銀行・りそな銀行・埼玉りそな銀行・ゆうちょ銀行のほか、ネット銀行や地方銀行、信用金庫の一部でWEB手続きができます。

WEB対応不可の金融機関については、口座振替依頼書を利用してください。

口座振替手数料が毎月無料。
口座振替手続きがWEBで完了でき簡単。
縛りなしプランも選べる。
基本サービスがどこより充実。

 

 

端末代金が割引されるものの無料ではない。
キャッシュバック金額は低め。
申し込み時に本人確認書類が必要。

 

 

公式サイト▶UQ WiMAX

 

Broad WiMAX(ブロードワイマックス)

 

Broad WiMAXなら、月額料金が安い(月額2,726円~)月額最安プランでの申し込みですと、クレジットカード以外にも口座振替での料金支払いが可能になります。

ほかのプランについては、現在のところ支払いはクレカのみ。

月額2,726円~と毎月の料金を大きく下げることが可能。

 

 

 

口座振替での支払いの場合、初期費用18,857円が必要。
口座振替手数料が、毎月200円必要。

 

 

公式サイト▶ブロードワイマックス

 

@niftyWiMAX(ニフティワイマックス) 受付終了

 

ご存じ大手プロバイダのニフティが提供するサービスですので、安心感があります。

高額のキャッシュバックキャンペーンを継続的に行っていて、お得に申し込みできます。

口座振替での料金支払いは、手数料が毎月200円必要になります。
2017年6月28日で口座振替受付終了しました。

 

口座振替で契約不可なWiMAXプロバイダ一覧

 

2019年時点で口座振替で申し込みができるWiMAXプロバイダは、上記の通りごく一部のみになっています。

口座振替では契約不可と確認ができたWiMAXプロバイダは以下の通りです。

これらのプロバイダに申し込むには、クレジットカード(デビットカードが使えるところも!)を用意する必要があります。

GMOとくとくBB▶クレカのみ。(一部デビットが使えるケースも

So-netモバイル▶クレカのみ。

@Nifty▶以前は口座振替可能でしたが、現在はクレカのみ。

カシモ▶クレカのみ。

DTI▶クレカのみ。(一部デビットが使えるケースも

novas▶クレカのみ。

 

口座振替で契約可能なモバイルWi-Fi

 

 

WiMAXでは、上記の通りBIGLOBEやUQなどで口座振替支払いが利用できます。

モバイル通信サービスでも特にWiMAXに限らなければ、ほかにも口座振替で契約ができるサービスがあります。

WiMAXは、高速通信が可能で使い放題のメリットもあり高い人気ですが、地下や建物内、地方では電波が入りづらいところがありウイークポイントになっています。

WiMAXを試しに使ってみたけど、電波状況に不安があった方も、こちらならもっと快適にモバイル通信が利用できるかもしれません。以下の記事を参考に申し込んでみてください。

詳細記事はこちら⇒口座振替で契約可能なモバイルWi-Fi

 

クレジットカードと同時申し込みが可能なWiMAX2+

 

クレジットカードを持ってないので口座振替で契約しようと思ったけど、口座振替支払いの場合は申し込みがやや面倒なのは事実。

また、振替手数料がかかるプロバイダもあって、

「じゃあクレカを作ってからWiMAXに申し込んだ方がいいな」と思われた方もきっといることでしょう。

そんなこれからクレカを作りたい方のために、WiMAXと同時に申し込むことができるWiMAXもあります。

WiMAXとクレカを別々に申し込む手間もはぶけ、WiMAXも早く使えるようになるため、これからクレカを作るなら同時申し込みがおすすめです。

詳細記事はこちら⇒【クレカ不要】クレジットカードと同時申し込み可能なWiMAX2+

 

デビットカードで契約可能なWiMAX2+

 

クレジットカードを持っていない方のために、口座振替で申し込み可能なWiMAXサービスを上記で紹介しましたが、口座振替の場合、別途振替手数料が発生したり、契約完了までクレジットカードに比べ日数がかかったり、手続きがやや面倒な点もあります。

そのような方に嬉しい、デビットカードで申し込みができるWiMAXも少ないですがあります。

デビットカードなら審査なく発行でき、クレカとほぼ同じような使い方ができるため、下記の記事を参考に申し込みをしてみてください。

詳細記事はこちら⇒クレジットカード不要!デビットカードで支払いできるWiMAX

 

口座振替で契約可能な格安SIM

 

格安SIMについても、WiMAXと同じく一部の会社では、現在も口座振替での申し込みや料金支払いが可能になっています。

BIGLOBEモバイルや楽天モバイルなどのMVNOで利用可能ですが、契約内容によっては口座振替の利用に条件も。

詳細については下記ページをご覧ください。

詳細記事はこちら⇒口座振替で申し込みができる格安SIM

 

格安SIMと同様にWiMAXについても、クレジットカードを持っていないと申し込みが出来ないケースが増えてきました。

ただ、BIGLOBE WiMAX2+(ビッグローブワイマックス)ですと、銀行、信用金庫などの金融機関での口座振替での支払い方法でも申し込みが可能になっています。

BIGLOBE WiMAX2+のメリットとして、端末代金実質無料、端末送料無料、初月利用料無料、高額キャッシュバックなどのお得な特典やキャンペーンがあります。

BIGLOBE WiMAXに口座振替支払いで申し込み後、WEB上で指定口座の自動振替手続きを行わない場合は、「口座振替依頼書」が送付されます。

この書面で口座振替手続きする場合は、必ず毎月の料金の引き落とし口座を記入して返送する必要があります。

現在行われているBIGLOBEのキャンペーンでは、キャッシュバック特典を選ばれますと6か月後には振込されるため早くていいですね。他社のキャッシュバックだと通常1年後の振込が多いです。
(キャンペーン内容は2019年4月時点の情報です)

クレジットカード以外で申し込みができる数少ないWiMAXですので、クレジットカードでの支払いに抵抗がある方や審査が通らないのでクレジットカードを持つことができない方ならこのBIGLOBE WiMAX2+がおすすめです!

詳細・申し込みはこちらBIGLOBE WiMAX 2+

 

BIGLOBE以外で口座振替できるWiMAX

 

口座振替でWiMAXに申し込むのなら、キャッシュバック額も高めで利用者も多いためとにかくBIGLOBE WiMAXがおすすめですが、数少ないもののほかにも口座振替で申し込めるWiMAXもあります。

詳細については以下のページが詳しいですので、参考にして申し込んでみてください。

詳細はこちら⇒口座振替で申し込めるWiMAX2+

 

ホームPage 1 / 212