• 格安スマホメリット・デメリット
カテゴリー:格安スマホメリット・デメリット

U-NEXT

配信本数13万本以上と最大級の動画配信サービスが、U-NEXT(ユーネクスト)です。

このU-NEXTに相性の良い格安SIMがあることを知ってましたか?

スマホでよく動画を視聴することが多い方は必見!

U-NEXTがお得に使える格安SIMを2つ紹介します。

 

今注目の動画配信サービスU-NEXTとは?

 

スマホ、PCはもちろんタブレットやテレビでも視聴ができる。

お家や外出先、電車の中でと好きな時に好きな場所で、動画が自由に楽しめるのがこのU-NEXT。

ほかの動画サービスと違い、現在放送中のドラマ、レンタル開始日と同時に公開終了したばかりの映画が視聴できたり、アメドラ、韓流ドラマ、国内ドラマ、バラエティ、アニメとバラエティ豊かな作品がたっぷり楽しめます。また、ほかのサービスでは視聴できない大人向け作品(アダルト作品)も多数配信ラインナップに!

もちろん、U-NEXTだけで配信されている動画も多数あり!

今なら31日間無料トライアルが可能!

たとえ、無料期間中に解約しても料金はかかりません。

無料トライアルでも600ポイントプレゼント!

見放題作品以外のポイントが必要な動画コンテンツなどに使えます。これで、最新作や話題作の無料視聴が可能に。

無料期間終了後は月額1,990円!毎月1,200ポイントついてくる!

見放題作品だけの他社にはない最新作もどんどん配信。付与されるポイントで追加料金なしで視聴することができるのも大きなメリットです。

公式サイト▶U-NEXT(ユーネクスト)

 

U-NEXTにおすすめ!お得に利用できる格安SIMはこの2つ

 

U-NEXTのユーザーの方やこれからU-NEXTに加入を検討されている方に朗報が!

以下に紹介する格安SIMの利用で、U-NEXTが今よりグッとお得に利用できること間違いなしです。

ドコモやauなどのキャリアにはない独自のメリットですので、毎月の料金を大幅に下げながら、プラスしてU-NEXTユーザーとしてのメリットも受け取ることが可能になりました。

 

動画見すぎても安心!BIGLOBEモバイル

 

BIGLOBEモバイルだけのメリット。

それが、「エンタメフリー・オプション」です。

このオプションに加入するだけで、U-NEXTの動画をいくら視聴しても容量消費ゼロ!

U-NEXTのほかにも、データ消費フリーのサービスが続々登場しています。

 

■2019年7月現在エンタメフリーオプション対象サービス

動画配信
YouTube
AbemaTV
U-NEXT
YouTube Kids
音楽・ラジオ配信

Google Play Music

YouTube Music

Apple Music

Spotify

AWA

Amazon Music

LINE MUSIC

radiko.jp

らじる★らじる

コミュニケーションアプリ
Facebook Messenger

 

オプション料金は、音声通話SIM利用の場合月額480円、データSIM利用の場合月額980円です。

 

今だけさらにお得なキャンペーン実施中!

BIGLOBEモバイルの音声通話SIMと、エンタメフリー・オプションを同時申し込みで、3GBプランが半年間月額400円+エンタメフリー・オプション3か月間無料。

割引キャンペーンは、2019年9月1日まで。

 

U-NEXTは契約していなくても、YouTubeは毎日利用される方も多いはず。

また、最近話題のAbema TVなどもこれで容量を気にせず見放題の環境になります。

公式サイト▶BIGLOBEモバイル

 

毎月U-NEXTで使えるポイントプレゼント!U-mobile

 

 

U-mobileは、U-NEXTを運営する会社が提供している格安SIMサービスです。

だからこそできるのが、今回紹介するメリット。

U-mobileの以下に記載のプランの契約で、U-NEXTで最新作などのポイントが必要な動画コンテンツを視聴できるポイントが、毎月1回無料でプレゼントされます。

U-mobile 通話プラス ダブルフィクス 600ポイント
U-mobile 通話プラス 3GB 600ポイント
U-mobile 通話プラス 5GB 600ポイント
U-mobile 通話プラス LTE使い放題 600ポイント
U-mobile 通話プラス LTE使い放題2 400ポイント
USEN MUSIC SIM 600ポイント
U-mobile for iPhone 600ポイント
U-mobile PREMIUM 通話プラス 600ポイント
U-mobile SUPER S、M、L 600ポイント
U-mobile MAX 25GB 通話プラス 600ポイント

2017年11月現在の内容ですので、今後変更される可能性があります。

600ポイントあれば、ほかでは無料視聴できない新作映画も毎月1本以上無料になりますね。

公式サイト▶U-mobile

 

格安SIMを解約する場合注意しないといけない点ですが、特に通話SIMの縛り期間と違約金の確認は大切です。

データSIMについては、最低利用期間が設定されていませんので、いつでも自由に解約できますが、通話SIMについては、ほとんどの会社で6か月から12か月と設定されています。
また、12か月利用したので解約しようと思ったら申し込み月の翌月から12か月が条件の場合も。つまり、実質13か月の利用が条件になるケースもありますので注意が必要です。

解約違約金は8000円~10000円程度かかる場合が多く、最低利用期間がくる前に止めるよりも1番安いプランで継続して縛りがなくなるまで使っていた方がお得になるケースも多いです。

手続きについては、ほとんどの会社ではWEB上で解約ができますが、解約へのリンクがわかりやすいところにありません。
できるなら解約してほしくないので当然といえば当然ですが、各格安SIMのマイページの中でサイト内検索ができますので、そこに「解約」と打ち込めば解約方法が表示されますので、その手順に従って解約する方が早いです。

 

ドコモ系SIMは解約後返送する必要あり!

 

ドコモ系格安SIMでは原則解約後は、会社へ期日までにSIMカードを返送する必要があります。
解約手続きを完了した後に、返送先や返送方法をお知らせしてくれますので、それに従って返送するようにしてください。
SIMカードが返送されないと、手数料を取られる場合もありますので必ず返送するようにしましょう。

au系格安SIMでは、SIMカードを返送する必要がありません。
mineo(auプラン)やUQ mobileですね。
解約後は、ご自身でSIMカードを破棄することができます。

 

お試しで気軽に利用したいならmineoがおすすめです!

 

mineoは、解約後もSIMカードを返送する必要もありませんし(ドコモプランについては返送する必要があります)、通話SIMでの契約でも縛り期間がありません!

MNPで他社に移りたい方(同じ携帯番号をそのまま他社でも使う場合)のみ、12か月以内の解約で手数料(11500円)が取られますが、単純にmineoを解約するだけでしたら1か月だけの利用でも手数料や違約金はかかりません。

ですので、気軽に格安SIMを利用したい方は、mineo(特にauプラン)がおすすめだと言えます。

mineo公式サイトはこちら

「毎月のスマホ料金が下がるらしいので、ドコモやauから格安SIMに乗り換えたい」となんとなくでも考えられている方が多いようです。

ただ、格安SIMについて、サービス内容や運営会社に不安がある方も多いのも事実です。

 

そんな方におすすめしているのが、mineo(マイネオ)です。
mineoは格安SIM初のドコモ、au回線ともに対応したサービスです。

 

mineo(マイネオ)は、ケイオプティコムが提供する格安SIMです。
ケイオプティコムは、関西電力系列の企業で、eo光などインターネット関連サービスを扱っています。

 

格安SIMは、キャリアのような2年縛りなど長期間の契約を前提としたプランではなく、縛り期間半年や長くても1年間になっています。
また、データ通信専用SIMなら基本的に縛り期間がなく、いつでも解約でき、違約金もかからないです。
さらに、mineoなら通話もできるSIMでも原則縛り期間がありません。これは、現時点でmineoぐらいのものですので、特に通話SIMでの申し込みを考えている方ならいつでも解約できる安心感がこのmineoにはあります。

 

mineoユーザーのためのコミュニティサイト「マイネ王」で、サービス内容やスマホ端末の設定など疑問点の質問を気軽に行えます。
同じmineoユーザーが疑問点に答えてくれますので、mineoサポートと合わせて使用することによって格安スマホ初心者にとっての不安が解消されやすいです。

 

mineo公式サイトはこちら

格安スマホ、格安SIMの契約は、クレジットカードでの料金支払いのみの場合が多いですが、一部のMVNOでは、VISAデビットやJCBデビットカードでも申し込み、料金支払いができます。

 

クレジットカードが無くても大丈夫!デビットカードで支払いOKのmineo

 

ドコモでもauのスマホでも使える今話題のMVNOのmineo(マイネオ)でも、一部のデビットカードで申し込みができます。

現時点では、楽天銀行VISA、楽天銀行JCB、ジャパンネット銀行VISA、スルガ銀行VISAなどのデビットカードで申し込みが可能になっています。
ただし、デビットカードなら、どの銀行発行のものでも使えるわけではありません。

お手持ちのカードを実際に申し込み画面のカード番号欄に入力してみて、申し込みが完了するか確かめてみてください。

SIMの申し込みは、定期的にお得なキャンペーンも実施中ですので、デビットカードで申し込むならmineoがおすすめです。

mineo公式サイトはこちら

 

おすすめデビットカード!楽天銀行JCBデビットカード

 

楽天銀行デビットカードは、楽天銀行の口座を開設すると発行できます。

楽天銀行では、VISAとJCBの2大ブランドのデビットカードが発行できますが、JCBの方がおすすめです。

年会費が無料で、利用代金の1%分を楽天スーパーポイントとしてもらえるのも、各行が発行するデビットカードの中でも最も高還元だからです。

ただ、VISAの方が提携店が多いです。JCBは使用できないネット通販もわずかですが存在しますので、好みのブランドを選びましょう。

デビットカードは、クレジットカードのようなカード発行時の審査もなく、申し込めば原則誰でも持つことができますので、クレジットカードが持てない方やクレジットカード審査時の会社への在籍確認が嫌な方でも気軽に申し込みができますね。

楽天銀行口座開設はこちら⇒楽天スーパーポイントが貯まる♪楽天銀行

 

mineo以外でデビットカードで申し込みできる格安SIM

 

デビットカードで格安SIMを申し込みたい方には、このmineoが特におすすめになるとお伝えしましたが、mineo以外ではどこが申し込み可能なのか気になる方もいらっしゃると思います。

ものすごい数のMVNOが参入し、サービスを展開していますが、その中でもデビットが使える格安SIMはごくわずか。

それでも、mineo以外でも利用できるサービスはまだあります。

また、mineoでは契約できなかったデビットでも契約できるケースもあります。

mineo以外でデビットが使えるサービスについての詳細は別記事で紹介しています。

どうぞ参考にしてみてください。

詳細記事はこちら⇒デビットカードで支払い可能な格安SIM