カテゴリー:電話かけ放題

「格安SIMは料金自体は安いけど、電話代は高くつく」

わずか数年前にはこのように言われていました。

実際、電話代が高かったのは事実で、電話をよくかける方には格安SIMは向いていませんでした。

 

しかし、ここ1,2年で格安SIMの電話代が高いというイメージも大きく変わりました!

格安SIMにも電話かけ放題オプションのサービス提供が始まり、多くの格安SIMでオプションという形で用意されています。

今回は、人気格安SIMの電話かけ放題オプションや通話料がお得になるオプションサービスをすべてまとめ、基本料金情報も合わせて、毎月お得に利用できる格安SIMはどこかを比較してみました。

とにかくスマホ代を抑えて、ネットも電話も気にせず使いたい方に参考になると思います。

 

格安SIM通話オプション料金比較

 

格安SIM オプション名 料金 3GB月額(通話SIM+オプション)
BIGLOBEモバイル 通話パック90 830円 2,430円
BIGLOBEモバイル 通話パック60 600円 2,200円
BIGLOBEモバイル 10分かけ放題 830円 2,430円
BIGLOBEモバイル 3分かけ放題 600円 2,200円
OCNモバイルONE 10分かけ放題 850円 2,650円
OCNモバイルONE トップ3かけ放題 850円 2,650円
OCNモバイルONE かけ放題ダブル 1,300円 3,100円
楽天モバイル 10分かけ放題 850円 2,450円(3.1GB)
LINEモバイル 10分かけ放題 880円 2,570円
DMMモバイル 10分かけ放題 850円 2,350円
イオンモバイル 10分かけ放題 850円 2,430円(4GB)
イオンモバイル 050かけ放題 1,500円 2,480円(4GB)
NifMo 10分かけ放題 830円 2,430円
mineo 10分かけ放題 850円 Dプラン2,450円、Aプラン2,360円、Sプラン2,800円
DTI SIM 10分かけ放題 820円 2,310円
IIJmio(みおふぉん) 10分かけ放題 830円 2,430円
IIJmio(みおふぉん) 3分かけ放題 600円 2,200円

 

格安SIM名をクリック、タップすることによって、公式サイトに飛ぶことができます。

イオンモバイル050かけ放題のみデータSIMでの月額料金です。

 

電話かけ放題は5分間から10分間に拡大!

 

料金の安い格安SIMの弱点のひとつだった通話料。

基本料金は安いもののよく電話をかけると、それだけ通話料がかかっていたのですね。

しかし、通話アプリの登場で半額になり、かけ放題オプションで無料通話もできるようになりました。

かけ放題オプションが登場した2年程前は5分間かけ放題が主流でしたが、今ではどこも料金そのままで10分間かけ放題に無料通話が拡大しています。

楽天モバイルも6月までは5分間かけ放題でしたが、7月からはこちらも料金据え置きで10分間に拡大されました。

格安SIMでは、軒並み800円台のオプション料金で10分間かけ放題ができるようになっていますね。

 

OCNモバイルONEは3つのオプションを選べる!

 

OCNモバイルONEなら、豊富な通話オプションを用意しています。

10分かけ放題は、他社と同じサービスですが、ほかにもトップ3かけ放題とかけ放題ダブルも提供。

トップ3かけ放題は、通話利用月単位で、国内通話相手電話番号別合計額の上位3つの電話番号あての通話を自動で判別し、かけ放題扱い(通話料0円)とするサービスです。

つまり、よく電話をかける3つの電話番号のみ完全にかけ放題になります。番号をこちらで指定してその番号のみかけ放題になるのと違って、毎月自動で無料になるのでメリットも大です。多数の人には電話はしないけど長電話になりがちな人におすすめ!

かけ放題ダブルは、10分かけ放題/トップ3かけ放題の両オプションが安価な月額セット料金で提供するサービス。10分を超える通話先の上位3番号が0円に、他の電話番号あて通話を10分かけ放題適用とする。

このダブルは、完全定額ではないですけど、2つのオプションを合わせたサービスですね。ほぼかけ放題と言ってもいいのではないかなと思うオプションです。

 

IIJmioは家族同士なら30分かけ放題!

 

IIJmioが提供する通話オプションは、2つから選べます。
ひとつは他社と同じく10分かけ放題。もうひとつは短時間の3分かけ放題です。

3分かけ放題の料金がそれほど割安なわけではないですが、用件のみのごく短時間の電話しかかけない方なら3分かけ放題を選択するのもありですね。

この10分と3分かけ放題オプションですが、他社と違うメリットがあります。

それが、IIJmioの同じ契約者(同ID)間での通話なら、無料通話時間が大幅に拡大します。

10分かけ放題が家族同士なら30分かけ放題に!

3分かけ放題が家族同士なら10分かけ放題に!

家族同士でよく電話をかける方なら、このIIJmioおすすめですね。

 

BIGLOBEは豊富な4つのオプションから選べる!

 

通話オプションが最も豊富に用意されているのが、このBIGLOBEモバイルです。

4つの通話オプションがありますので、利用状況に応じて月ごとに変更もできます。

また、月末にオプションを申し込んでも月初にさかのぼって適用されますので、電話を使いすぎた月だけオプションに加入するなんてことも可能です。

他社と同じく10分かけ放題はもちろん、用件のみで短時間通話が多い方向けに3分かけ放題もあります。

ほかに、電話をかける頻度はそれほど多くないけど10分を超える通話が多い方向けの通話パック60と通話パック90も用意。

それぞれ、月間で最大60分(1,080円分)、最大90分(1,620円分)の国内通話ができるオプションです。

また、BIGLOBEモバイルは、BIGLOBEでんわアプリからの通話で料金が割安になるのですが、通常20円/30秒が半額以下の9円/30秒になるのも他社にはないメリットですね。

他社にも通話アプリがあり安く電話ができますが、ほぼ10円/30秒の料金です。わずか1円の違いですが嬉しいですね。

 

イオンモバイル050かけ放題は完全定額!

 

イオンモバイルが提供する通話オプションは、050IP電話サービスを利用した電話かけ放題サービスです。

050から始まる電話番号を持つことが出来ます。通話SIMでこのオプション加入なら090などの番号と050の2つの番号を持てます。

国内であれば24時間、何時間でも通話し放題!
データ通信のみのプランでもご利用できます。

このオプションは、通話SIM以外にデータSIMでも利用できるのが大きなポイントですね。月額料金についても、オプション料金自体は他社オプションより倍ぐらいかかりますが、データSIMが割安な料金のため結局同じくらいの料金で毎月格安SIMを使うこともできます。

メリットは、今挙げたデータSIMで利用できる点と完全にかけ放題な点。

デメリットは、IP電話を利用するため、通話品質が劣る点が挙げられます。

イオンモバイルでは、他社と同様の10分かけ放題オプションも提供していますので、自分に合った方を選択できますね。

  • 050かけ放題オプションについては、オプション加入時に、登録事務手数料1,000円が必要です。

 

2018年10月時点の情報です。料金、サービス内容は変更される場合があります。詳細については公式サイトをご確認ください。
通話オプション料金、基本料金については通常時のものです。キャンペーンにより割引が行われることもあります。料金は税抜き表示です。

格安SIMは安いけど電話代だけは高くつくと言われたのは、もう過去の話になりつつあります。

2016年から格安SIMでも、電話かけ放題のオプションを提供する会社が増えてきました。

各社とも基本的には、音声通話SIMとかけ放題オプションの申し込みをし、専用アプリから電話をすることによってかけ放題になります。

中には、プランの中にかけ放題が組み込まれていたり、専用アプリを入れずにかけ放題になるサービスもあります。

オプションにより、完全定額のものから、10分間や5分間、短いもので3分間かけ放題のサービスもあり、電話の利用状況に応じて格安SIMを選択するのもひとつの賢い方法です。

電話かけ放題サービスがある格安SIM

 

文字通り時間制限のない完全定額の電話オプションになります。

5分かけ放題や10分かけ放題のサービスが多い格安SIMですが、何分かけても通話料0円で安心のサービス。

電話をよくかけるし、長電話になることも多い方ならこのオプションを選ぶのが良いですね。

なお、電話回線以外に以下で紹介してある通りIP電話を利用したかけ放題もあります。(イオンモバイル)

料金が安いメリットの代わりに、通話品質が劣る点や050の番号で相手に通知されるなどのデメリットもある点は注意してください。

 

イオンモバイル  データSIMでも使えるIP電話かけ放題!

 

主なプラン 4GB 12GB 20GB
データSIM基本料金 980円 2,680円 3,980円
オプション料金 1,500円 1,500円 1,500円
月額合計料金 2,480円 4,180円 5,480円

 

通話アプリ「050IP電話」からかけることが、かけ放題適用条件。

このかけ放題は通常の電話回線ではなく、IP電話回線を利用しています。

そのため、通話SIM以外にもデータSIMでも利用できます。

IP電話のため、050で始まる電話番号が付与されます。

通話時や待ち受け時に、ごくわずかながらデータ容量を消費します。

登録手数料1,000円が初回のみ発生します。

イオンモバイルでは、電話回線での10分かけ放題オプションも用意しています。

⇒イオンモバイル公式サイトへ

 

電話10分かけ放題サービスがある格安SIM

 

格安SIMでも最近増えてきた10分以内の電話がかけ放題になるオプション。

電話をよくかけるし、5分ではちょっと短すぎる方におすすめです。

10分かけ放題は、各社ともオプション料金に割安感があるため、どの会社のオプションを選ぼうか迷われた方は、現時点で10分かけ放題サービスのある格安SIMの中から選択するのもいいと思います。

 

LINEモバイル

 

主なプラン 3GB 10GB 10GB
コミュニケーションフリープラン 1,690円 3,220円
MUSIC+プラン 3,520円
オプション料金 880円 880円 880円
月額合計料金 2,570円 4,100円 4,400円

 

通話アプリ「いつでも電話」からかけることが、かけ放題適用条件。

もしくは、電話番号の頭に「003546」を付けて電話をすれば、アプリからかける必要はなし。

10分を超える分の国内通話料は、10円/30秒。

コミュニケーションフリープランは、LINE、twitter、Facebook、instagramがカウントフリー(一部機能を除いて使い放題)のメリットあり。

MUSIC+プランは、コミュニケーションフリープランのメリットに加えて、LINE MUSICもカウントフリーのメリットあり。

⇒LINEモバイル公式サイトへ

 

NifMo(ニフモ)

 

主なプラン 3GB 7GB 13GB
基本料金 1,600円 2,300円 3,500円
オプション料金 830円 830円 830円
月額合計料金 2,430円 3,130円 4,330円

 

通話アプリ「NifMo 半額ダイヤル」からかけることが、かけ放題適用条件。

もしくは、電話番号の頭に「003545」を付けて電話をすれば、アプリからかける必要はなし。

10分を超える分の国内通話料は、10円/30秒。

NifMoには、この10分かけ放題のほかに、完全定額のかけ放題オプションもあります。

ただし注意点として、完全定額のかけ放題については、IP電話を使用したサービスになります。

⇒NifMo公式サイトへ

 

IIJmio

 

主なプラン 3GB 6GB 10GB
基本料金 1,600円 2,220円 3,260円
オプション料金 830円 830円 830円
月額合計料金 2,430円 3,050円 4,090円

 

通話アプリ「みおふぉんダイアル」からかけることが、かけ放題適用条件。

もしくは、電話番号の頭に「0037691」を付けて電話をすれば、アプリからかける必要はなし。

家族(同一契約者名義)となら、30分かけ放題になります。

10分を超える分の国内通話料は、10円/30秒。

家族間で30分を超える分の国内通話料は、8円/30秒。

IIJmioには、この10分かけ放題のほかに、3分かけ放題オプションもあります。

⇒IIJmio(みおふぉん)公式サイトへ

 

OCN モバイル ONE 新オプションも登場!

 

主なプラン 3GB 5GB 10GB
基本料金 1,800円 2,150円 3,000円
オプション料金 850円 850円 850円
月額合計料金 2,650円 3,000円 3,850円

 

通話アプリ「OCNでんわアプリ」からかけることが、かけ放題適用条件。

10分を超える分の国内通話料は、10円/30秒。

さらに、新オプション登場。

「トップ3かけ放題」月額850円

こちらは、毎月の電話番号別で、合計額が上位3つの電話番号を自動で判別しかけ放題になるプラン。特定の相手によくかける方向けです。

そして、2つのオプションを合わせたオプションも。

「かけ放題ダブル」月額1,300円

上位3つの電話番号がかけ放題。それ以外の通話は10分間かけ放題になります。

⇒OCNモバイルONE公式サイトへ

 

イオンモバイル

 

主なプラン 4GB 12GB 20GB
基本料金 1,580円 3,280円 4,680円
オプション料金 850円 850円 850円
月額合計料金 2,430円 4,130円 5,530円

 

通話アプリ「イオンでんわ」からかけることが、かけ放題適用条件。

もしくは、電話番号の頭に「0037691」を付けて電話をすれば、アプリからかける必要はなし。

5分を超える分の国内通話料は、10円/30秒。

イオンモバイルでは、IP電話を利用した無制限かけ放題オプションも用意しています。

⇒イオンモバイル公式サイトへ

 

DTI SIM

 

主なプラン 10GB ネットつかい放題 3GB
基本料金 2,800円 2,900円
でんわ定額プラン 6か月目まで1,520円

7か月目以降2,310円

オプション料金 820円 820円
月額合計料金 3,620円 3,720円 6か月目まで1,520円

7か月目以降2,310円

 

通話アプリ「おとくコール アプリ」からかけることが、かけ放題適用条件。

もしくは、電話番号の頭に「0063」を付けて電話をすれば、アプリからかける必要はなし。

10分を超える分の国内通話料は、10円/30秒。

でんわ定額プランは、オプション加入いらずで10分かけ放題が使えます。

また、半年間は割引料金で利用できるメリットもあり。

ただし、初めてDTI SIMを利用する方限定のプランです。

⇒DTI SIM公式サイトへ

 

mineo(マイネオ)

 

主なプラン 3GB 10GB 3GB 10GB
Dプラン基本料金 1,600円 3,220円
Aプラン基本料金 1,510円 3,130円
オプション料金 850円 850円 850円 850円
合計金額 2,450円 4,070円 2,360円 3,980円

 

通話アプリ「mineoでんわ」からかけることが、かけ放題適用条件。

もしくは、電話番号の頭に「0063」を付けて電話をすれば、アプリからかける必要はなし。

5分を超える分の国内通話料は、10円/30秒。

⇒mineo公式サイトへ

 

楽天モバイル

 

主なプラン 3.1GB 10GB 20GB
基本料金 1,600円 2,960円 4,750円
オプション料金 850円 850円 850円
月額合計料金 2,450円 3,810円 5,600円

 

楽天モバイルも5分かけ放題から料金据え置きで、10分かけ放題に無料通話が拡大しました!

通話アプリ「楽天でんわ」からかけることが、かけ放題適用条件。

もしくは、電話番号の頭に「003768」を付けて電話をすれば、アプリからかける必要はなし。

10分を超える分の国内通話料は、10円/30秒。

楽天スーパーポイントが貯まりますし、使用することも可能。

⇒楽天モバイル公式サイトへ

 

BIGLOBEモバイル

 

主なプラン 3GB 6GB 12GB
基本料金 1,600円 2,150円 3,400円
オプション料金 850円 850円 850円
月額合計料金 2,450円 3,000円 4,250円

 

通話アプリ「BIGLOBEでんわ」からかけることが、かけ放題適用条件。

10分を超える分の国内通話料は、9円/30秒。

月の途中でのオプション加入でも、月の始めまで遡って10分間無料が適用されます。

BIGLOBEモバイルには、この10分かけ放題以外に、3分かけ放題や通話パック90や60という通話料が安くなるオプションもあります。

⇒BIGLOBE mobile公式サイトへ

 

電話3分かけ放題サービスがある格安SIM

 

5分よりも短い3分かけ放題になるオプション。

簡単な用件のみの電話が多い方向け。

ごく短時間しか無料にならない代わりに、定額料が安いメリットがあります。

 

BIGLOBEモバイル

 

主なプラン 3GB 6GB 12GB
基本料金 1,600円 2,150円 3,400円
オプション料金 600円 600円 600円
月額合計料金 2,200円 2,750円 4,000円

 

通話アプリ「BIGLOBEでんわ」からかけることが、かけ放題適用条件。

3分を超える分の国内通話料は、9円/30秒。

月の途中でのオプション加入でも、月の始めまで遡って3分間無料が適用されます。

BIGLOBEモバイルには、この3分かけ放題以外に、10分かけ放題や通話パック90や60という通話料が安くなるオプションもあります。

⇒BIGLOBE mobile公式サイトへ

 

IIJmio

 

主なプラン 3GB 6GB 10GB
基本料金 1,600円 2,220円 3,260円
オプション料金 600円 600円 600円
月額合計料金 2,200円 2,820円 3,860円

 

通話アプリ「みおふぉんダイアル」からかけることが、かけ放題適用条件。

もしくは、電話番号の頭に「0037691」を付けて電話をすれば、アプリからかける必要はなし。

家族(同一契約者名義)となら、10分かけ放題になります。

3分を超える分の国内通話料は、10円/30秒。

家族間で10分を超える分の国内通話料は、8円/30秒。

IIJmioには、この3分かけ放題のほかに、10分かけ放題オプションもあります。

⇒IIJmio(みおふぉん)公式サイトへ

 

定額パックがある格安SIM

 

かけ放題ではありませんが、一定時間の通話が割安なオプション料金で利用できるサービスが通話定額パックです。

30分間や60分間の定額パックですと、通常通話料金よりも割安な定額料のみで利用でき、時間内分は通話料はかかりません。

かけ放題は、1回の通話時間は短めだけど、頻繁に電話をかける人。

定額パックは、1回の通話時間は少し長めだけど、たまにしか電話をしない人。

大まかに分けるとこのような方に向いているオプションになります。

 

BIGLOBEモバイル

 

主なプラン 3GB 6GB 12GB
基本料金 1,600円 2,150円 3,400円
オプション料金 600円、850円 600円、850円 600円、850円
月額合計料金 2,200円、2,450円 2,750円、3,000円 4,000円、4,250円

 

通話パック90が新たに加わりましたので、2つの通話パックを選ぶことができます。

通話パック60は、月合計最大60分(1,200円分)までの通話が無料になるオプションサービスです。

通話パック90は、月合計最大90分(1,800円分)までの通話が無料になるオプションサービスです。

通話アプリ「BIGLOBEでんわ」からかけることが、通話パック60、90の適用条件。

合計60分または90分を超える分の国内通話料は、9円/30秒。

BIGLOBEモバイルには、この通話パック以外に、10分かけ放題や3分かけ放題という通話料が安くなるオプションもあります。

かける頻度は少ないけど、長電話になりがちな人はこの通話パックがおすすめ!

逆に頻繁に電話をかけるけど、短時間通話が多い人はかけ放題が良いでしょう。

利用状況に応じて好みの方を選択して使いましょう。かけ放題と定額パック併用は不可。

⇒BIGLOBE mobile公式サイトへ

 

2018年10月時点の情報です。
各料金は税抜き表示です。
かけ放題は、国内通話のみ適用されます。
各社かけ放題オプションの料金やサービス内容は、随時変更される可能性があるため、詳細については公式サイトをご確認ください。

格安SIMでも通話料が大幅に節約できる通話料半額アプリとかけ放題オプション。

LINEモバイルにも待望の通話アプリと電話かけ放題のサービスが開始されました。

 

電話代が半額になるアプリ「いつでも電話」登場!

 

LINEモバイルでも、電話代が半額になる通話アプリ「いつでも電話」が登場しました。

LINEモバイルの通話SIM利用者なら誰でも使えます。

もちろん、月額料金も0円ですので、とりあえずインストールしておきましょう。

アプリからの国内通話料は、10円/30秒と通常の半額になります。

 

10分電話かけ放題のオプションもサービス開始!

 

さらに、LINEモバイルにもかけ放題になるオプションが登場。

それが、「10分電話かけ放題オプション」です。

文字通り10分以内の国内通話が0円になります。

オプション申し込み後、いつでも電話アプリから電話をかけることにより適用されますので、このアプリから電話をかけないと無料通話が適用されない点は注意が必要です。

オプションの月額料金は880円と、他社の5分かけ放題と料金ほぼ変わらず利用できますので、よく電話するけど5分では短いと不満があった方にはぴったりのオプションになりますね。

 

10分電話かけ放題オプション初月無料キャンペーン

 

サービス開始記念のキャンペーンとして、7月末までにオプションの申し込みをし利用開始された方は、初月のオプション料金が無料になります!

詳細・申し込みはこちら⇒LINEモバイル

楽天モバイルから、ついに完全定額の電話かけ放題オプションが登場しました。

これまでも、5分間の通話が何度でもかけ放題の5分かけ放題のオプションサービス(月額850円)がありました。

多くの通話が用件のみの短時間通話で間に合いますので、よく電話をする方もこの5分かけ放題でも十分と言えば十分なのですが、よく長電話をする方なら5分間だけでは全然足らないとの声もあったと思います。

そこで、この電話かけ放題オプション。

国内通話が何回でも何分でも無料になります。

月額料金は、2,380円。

楽天モバイルの音声通話SIM 3.1GBプランの月額料金が、1,600円ですので合わせても3,980円で毎月電話もインターネットも利用できますね。

 

楽天モバイル、大手3社 電話かけ放題月額料金比較

 
 楽天モバイル  携帯電話大手3社
 電話かけ放題  2,380円  2,700円
 データ通信料  3.1GB 1,600円  2GB 3,500円
インターネット接続サービス料  データ通信料に込み  300円
 合計  3,980円  6,500円

 

料金比較をすると、携帯大手3社の標準ケースより、2,500円程度楽天モバイルの方が割安になっています。しかも、データ容量も楽天モバイルなら1GB多くお得です。

これまで格安SIMは通話料が高いので、よく電話をする人はネックになると言われていたのが、これで解消されるようにもなりましたね。

楽天モバイル公式サイトはこちら

2018年6月追記

楽天モバイルでの完全定額かけ放題はサービス終了しています。

10分かけ放題オプション(月額850円)のみの提供になっています。

 

楽天モバイル通話SIMユーザーなら楽天市場でのお買い物ポイント5倍!楽天カード