タグ:BIGLOBEモバイル
ホームPage 1 / 11

格安SIMの中でも独自のサービスを提供しているのが、BIGLOBEモバイルです。

 

他社にはないサービスでBIGLOBEモバイルで今注目され人気なのが、エンタメフリーオプションですね。

文字通り、動画や音楽サービスをいくら利用してもデータ通信量が消費されないんです。

動画や音楽サービスなら、どのサービスでも有効ってわけじゃありませんが、みなさんがよく利用されている多くがその対象になっています。

エンタメフリーオプション対象サービス
・YouTube
・AbemaTV
・U-NEXT
・YouTube Kids
・Google Play Music
・Apple Music
・Spotify
・AWA
・Amazon Music
・YouTube Music
・radiko.jp
・LINE MUSIC NEW!
・らじる★らじる
・Facebook Messenger  NEW!
(2019年7月現在)

 

以上のサービスがデータ消費しないカウントフリー対象になります。この中で毎日でも利用しているサービスがもしかしたらあるんじゃないでしょうか。

特に、少しだけ利用してもデータ消費量が激しい動画サービスをいくら視聴しても大丈夫なのは嬉しいところであります。

休みの日に1日ずっとスマホを動画で見続けていたら、あっという間に速度規制がかかったなんて経験がある人も多いことでしょう。

 

BIGLOBE基本料とエンタメフリーオプション料金

 

 

さていちばん気になるBIGLOBEモバイルの基本料金とエンタメフリーオプションの料金を詳しくみてみましょう。

BIGLOBEモバイルでは、ドコモ回線とau回線を選択することができます。どちらの回線タイプを選んでも料金は同じになっています。ただ、au回線の方はデータSIMの場合SMS機能は標準で付いてくるため、データSIM(SMS機能なし)のプランは選べません。

 

BIGLOBEモバイル月額料金表

音声通話SIM データSIM+SMS データSIM
1GB 1,400円
3GB 1,600円 1,020円 900円
6GB 2,150円 1,570円 1,450円
12GB 3,400円 2,820円 2,700円
20GB 5,200円 4,620円 4,500円
30GB 7,450円 6,870円 6,750円

 

エンタメフリーオプション月額料金

音声通話SIMの場合480円

データSIMの場合980円

 

このオプション、選んだSIMのタイプによって料金が違ってきます。

通話SIMで利用した方が、オプション料金は500円も安くなるため、最初からこのオプションに加入予定なら通話SIMで申し込んだ方がお得ですね。トータルの月額料金でもデータSIMより80円~200円だけ高くなるだけですので。

また、通話SIM1GBプランですと、このオプションには加入できませんので、必ず3GB以上のプランを選びましょう。

 

公式サイトBIGLOBEモバイル 

 

 

動画見放題ウルトラギガモンスター+とエンタメフリーオプション比較

 

BIGLOBEモバイルのエンタメフリーオプションと同じようなサービスに、ソフトバンクの動画SNS放題のウルトラギガモンスター+(プラス)があります。

 

テレビCMでもお馴染みのこのウルトラギガモンスター+は、動画やSNSのデータ消費がカウントフリーになります。

 

名称 エンタメフリーオプション ウルトラギガモンスター+
月額料金 2,630円 7,480円
割引 最初の3か月間1,700円割引、次の3か月間1,200円割引 1年間1,000円割引
データ通信量 6GB 50GB
割引後の料金 930円~ 6,480円~
最低契約期間 1年間 2年間
期間内契約解除料 8,000円 9,500円
カウントフリー対象動画 YouTube、AbemaTV、U-NEXTなど YouTube、AbemaTV、Huluなど

 

BIGLOBEモバイルでは人気の通話SIM6GBプラン、ソフトバンクは大容量50GBプランで比較しています。BIGLOBEモバイルでは、最大30GBのプランがありますが、動画見放題のオプションを利用するとそこまでの容量が必要になる人はほとんどいないだろうと言うことで、利用者の多い6GBでの比較にしています。

カウントフリー対象サービスは、ウルトラギガモンスターの方が多めです。ほかにTVer、GYAOなんかも対象になってきます。

ウルトラギガモンスター+は、50GBと多いですが、料金自体高いため、通信費を抑えたい方やYouTubeやAbemaTV、U-NEXTをよく視聴する方は、BIGLOBEモバイルに乗り換えてみてもいいんじゃないでしょうか。

 

公式サイトBIGLOBEモバイル 

 

 

BIGLOBEモバイル通信速度は遅い?動画はカクカクしない?

 

格安SIMで料金以外で特に気になるのは、通信速度だと思います。

いくら料金が安く、カウントフリーになるとは言っても、肝心の動画がカクカクしか再生できなかったり、読み込みで何度も止まるようなら、意味はありません。

そこで、実際にBIGLOBEモバイルのSIMをお借りして、BIGOBEはどれくらいの通信速度が出てるのか、ストレスなくちゃんとYouTubeは視聴できるのか、などについて体験してみました。

 

なお、通信速度については、利用されるエリアや時間帯、お使いのスマホの機種などに大きく影響されるため、参考程度にお考えください。

 

 

回線速度テストの概要
Speedtestアプリ使用
SIM:BIGLOBEモバイルタイプA(au回線)
場所:大阪市内屋内
日時:金曜・土曜日
機種:ASUS ZenFone3

 

今回は、au回線を利用するBIGLOBEモバイルのタイプAのSIMを使用してみました。

速度が測れるアプリでテストしてみたところ、思ったよりも意外と快適!
2年前に速度テスト(タイプD)をしてみた時には、それほどのスピードが出ていなかったのですが、今回のテストでは、混み合う昼間時間についても、動画視聴に十分な速度を計測。

ドコモとau回線の違いはあるのかもしれませんが、10Mbps以上のスピードが出ていますね。

 

スマホで低画質~標準画質程度の動画視聴なら、目安として1Mbps以上の速度があればほぼ問題ないと言われています。

 

意外と速かった!BIGLOBEモバイルの回線速度。

雑誌の格安SIMの速度テストの結果を見ることがあるのですが、BIGLOBEモバイルは真ん中ぐらいの結果になることが多いんですよね。ですので、これぐらいのスピードが出ているような格安SIMに乗り換えても満足できると思います。

念のため言っておきますと、通信速度は利用する環境によって大きく変動しますので、ひとつの結果として参考程度にお考えくださいね。

 

次に、エンタメフリーオプション対象のYou TubeやU-NEXTのスマホアプリを利用して動画でカクカクしないか、読み込みで動画が止まったりしないかについて実際に検証してみました。画質は自動を選択。通信速度の影響がしっかり出てくる動画視聴ですが、そういったことは1度もなくストレスなく快適に見ることができました。

もちろん、オプション利用のため、いくら見てもデータ容量は減りません。

 

BIGLOBEモバイルはこんな方におすすめ!

 

数多くある格安SIMの中でもこのBIGLOBEモバイルはこんな方におすすめです。

・YouTubeやU-NEXTなどデータ消費量の多い動画をよく視聴される方(オプション利用)

・クレカ支払いが多い格安SIMですが、口座振替で支払いしたい方(データSIMのみ)

・通話料がお得になる通話オプションが豊富で、安く通話したい方

 

動画視聴がカウントフリーになるのは、上で説明した通りですが、口座振替支払いもできるのはBIGLOBEならではのメリットです。ただ、通話SIMでの契約には他社と同様にクレカが必要です。

ほかに、通話料がお得になる通話オプションも多彩なラインナップです。3分間や10分間の電話をよくかける方向けのかけ放題以外にも、電話する回数は少ないけど長電話になりがちな方向けのオプションもありますので、あなたの電話利用状況によって通話オプションを選んでみてくださいね。

 

エンタメフリーオプションのお得なキャンペーン

 

現在、BIGLOBEモバイルでは、お得なキャンペーンを実施中です。

①プラン料金大幅割引(SIMのみ)

通話SIMの申し込みで、今なら6か月間基本料から1,200円割引されます。

さらに、12か月間基本料から500円割引も追加されました。

 

②エンタメフリー特典

通話SIMとエンタメフリーの同時申し込みで、今なら最大3か月間エンタメフリーオプション料金が無料になります。

 

③初期費用無料特典(SIMのみ)

通話SIMの申し込みで、新たに初期費用3,394円が無料に。

 

④端末料金値引き特典(端末セット)

特典対象端末の購入で、大幅割引価格で端末の購入ができます。

 

このキャンペーンの実施期間は、2019年9月30日(月)まで。

 

今なら、毎月の基本料金が安くなる特典以外にも、エンタメフリーが無料で使えるキャンペーンも同時に行っています。

この機会に、スマホで動画をよく見ている方は、BIGLOBEモバイルに切り替えるだけで、今ならかなりお得に使うことができます。

 

公式サイトBIGLOBEモバイル 

 

BIGLOBEモバイルキャンペーン、サービス内容などは、2019年8月時点の情報です。
詳細については、公式サイトをご確認ください。

 

口座振替で申し込める格安SIM

 

格安SIMは、基本的にクレジットカードでの料金支払いになっています。

3大キャリアですと、口座振替でも料金支払いが可能ですし、利用されている方も多いので、格安SIMに乗り換えたい場合に戸惑う方もいらっしゃるかもしれませんね。

コストを下げて格安SIMサービスを維持しているため、事務処理の簡素化や未払いリスクを回避するためクレジットカードのみの料金支払いになっている場合が多いですので、仕方のないところでもあります。

しかし、数多くある格安SIMの中でもごくごく一部ですが、口座振替に対応した格安SIMも存在します。

格安SIMに乗り換えをしたいけど、どうしても口座振替で料金支払いをしたい方は、以下の格安SIMの利用を検討してみてください。

 

楽天モバイル  おすすめ!



楽天モバイルでは、口座振替での支払いが可能になっています。

また、デビットカードでも支払いができるため、クレカをお持ちでない方には非常に使い勝手の良い格安SIMになります。

データSIM、音声通話SIMどちらの申し込みでも、口座振替で申し込みできます。

スマホの購入についても、代引きもしくは楽天スーパーポイントでの支払い(ポイント利用は30,000ptまで)で購入できます。ただし、口座振替支払いの場合は分割でのスマホの購入は不可になっています。

楽天モバイルですと、WEB上で口座振替手続きが完了し、「口座振替依頼書」などの書面が必要ありませんので簡単で迅速に契約できるメリットもあり。

口座振替での料金支払いには、手数料が毎月100円発生します。

楽天モバイルの公式サイトはこちら

 

UQモバイル(代理店経由)

UQモバイル直経由では、口座振替での新規申し込みが不可で、こちらの代理店経由だとこれまでは可能でしたが、3月4日以降は新規申し込みが不可に変更になります。

これにより、UQモバイルを口座振替で契約したい方は、MNPでの乗り換えのみ口座振替対応になります。

格安SIMの新規契約(新しい電話番号)で口座振替で支払いをしたい方は、楽天モバイルなど別のMVNOで申し込みをしてみてください。

UQモバイル口座振替での契約の方で申し込み内容によっては、預託金10,000円を代引きで支払う必要があります。

UQモバイルでの預託金制度は以前はなかったのですが、口座振替での申し込みで悪質なユーザーが増えたための措置だそうです。(分割での端末購入で途中から支払われなくなったケースなどが考えられますね)端末代金一括支払いでしたら預託金を支払う必要はないです。

この預託金ですが、UQモバイルを半年以上継続利用して、毎月の支払いもきちんと行っていれば全額返還されますので安心してください。

UQmobileの代理店サイトはこちら

BIGLOBEモバイル  auプランも取り扱い開始!

 

【BIGLOBE SIM/スマホ】キャッシュバック最大20,000円!(9/3まで)

BIGLOBEモバイル(旧 BIGLOBE SIM)では、以前から口座振替での支払いも可能だったため、クレカをお持ちでない方もよく利用されている格安SIMになります。

こちらは、デビットカードは利用することができません。

また、新たにau回線プランのサービスも開始!ドコモ、auどちらのプランでも口座振替が利用できます。

残念な点として、データSIMのみ口座振替に対応しているため、音声通話SIMではクレカが必要になります。

スマホの購入についても、口座振替では不可です。

ただ、口座振替でデータSIMを申し込み後、支払い方法は口座振替のまま変更せずに音声通話SIMに変更することは可能になっています。その際、SIM変更手数料3,000円が必要になります。

申し込み後、「支払い方法登録申込書」が送付されますので、返送する必要があります。

口座振替での料金支払いには、手数料が毎月200円発生します。

BIGLOBEモバイル公式サイトはこちら

 

UQモバイル



UQ三姉妹のテレビコマーシャルでもお馴染みUQモバイルでも、口座振替での申し込みが可能でしたが、現在のところMNP(モバイルナンバーポータビリティ)のみ対応に変更になりました。

MNPでの音声通話SIMの申し込みのみ、口座振替で申し込みできます。

また、口座振替手数料が無料なのも嬉しいところ。

MNPを利用しない新規申し込みをご希望の方は、現在のところUQモバイルでは不可になっています。別の格安SIMを検討してみてください。

申し込み後、「口座振替依頼書」が送付されますので、返送する必要があります。

UQモバイルについては、審査が厳しめとの報告もあります。契約ができない場合は、楽天モバイルやBIGLOBEモバイルで申し込んでみてください。

UQモバイル公式サイトはこちら

@モバイルくん。

 

@モバイルくん。は、楽天モバイルやBIGLOBEモバイルに比べるとマイナーな格安SIMになりますが、こちらもドコモ系回線ですので、ドコモスマホならSIMカードの挿し替えでそのまま使うことができます。

BIGLOBE mobileと同様にデータSIMでの申し込みのみ口座振替が利用できます。音声通話SIMではクレカが必要になります。

申し込み後、送付される「口座振替依頼書」に記入し返送する必要があります。現在のところWEBからの口座振替依頼は出来ないようです。

また、@モバイルくん。では、スマホ代金を振込先払い(一括のみ)することにより、スマホの購入をすることもできます。

@モバイルくん。公式サイトはこちら

 

口座振替で申し込み時の注意点

 

格安SIMの料金支払いを口座振替で申し込む時には、少し注意する点があります。

まず、支払い手続きが少し面倒なのと、SIMカードが発送されるまで多少日数が必要な場合も。

クレジットやデビットカードの場合は、カード情報の入力だけで、即時に支払い方法が確定されるため迅速に契約処理が完了します。

特に楽天モバイルでしたら、翌日にはSIMカードや端末の発送を行うことも可能になっていてかなり早いです。

一方、口座振替の場合は、書面で引き落とし処理を行う銀行に口座振替依頼の手続きが必要になるため、多少手間がかかりますし、日数もかかってしまいます。

ただ、楽天モバイルでは、オンライン上で口座振替受付の手続きが可能ですので、書面で行うより簡単で早いメリットがあります。

デメリットとしてほかに、口座振替での申し込みの場合、スマホの同時購入ができない場合があります。

楽天モバイルでは、口座振替でもSIMカードと一緒にスマホも購入することが可能ですが、スマホ代金については、クレカや代引きもしくは楽天スーパーポイントで一括での代金支払いになります。

格安SIMに口座振替で申し込む場合は、あらかじめ家電量販店やネット通販でスマホを別途購入したり、これまで使っていたスマホをそのまま継続して使うのも良いでしょう。

 

デビットカードで申し込める格安SIM

 

支払いが口座振替の場合は、金融機関への手続きが必要でちょっと面倒な面もありますね。

また、少額ですが毎月手数料が発生してしまう場合も。

デビットカードが使える格安SIMなら、クレジットカードを持っていない方でも、デビットカードでクレカの代わりに支払いに利用することもできます。

デビットカードは、発行時の審査がなく原則誰でも作ることが可能です。

また、銀行口座の残高が利用限度額になりますので、使いすぎたり、借金をすることもなく安心して使えるメリットもあります。

なお、口座振替での支払いと同様に、現在のところデビットカードで申し込める格安SIMは限られています。

詳細については、下の記事ページを参考にしてみてください。

詳細記事はこちら⇒デビットカードで支払い可能な格安SIM【クレジットカード不要】

 

口座振替で申し込めるWiMAX2+

 

WiMAX2+についても、格安SIMと同様クレジットカード支払いが原則になっていますが、口座振替で申し込みができるサービスも存在します。

現状、口座振替が利用できるWiMAXサービスは年々少なくなっていますし、今後さらに減っていくことが考えられますので、利用できる今のうち早めに申し込んでおきましょう。

口座振替で申し込み可能なWiMAXサービスについての詳細記事は、下の記事ページを参考にしてみてください。

詳細記事はこちら⇒口座振替で支払い可能なWiMAX2+【クレジットカード不要】

格安SIMの契約でネックになるのが、支払い方法だという人も多いようですね。

ほとんどの格安SIMでは、現時点でクレジットカードのみしか支払い方法がなく、もちろんクレカを持っていないと契約もできない状況です。

しかし、クレジットカード以外で、格安SIMに申し込みたい方も大丈夫です!

クレジットカードでの審査が通らない方や作りたくない方、また口座振替で料金支払いをしたい方に、ごく一部の格安SIMでは口座振替での料金支払いも可能になっています。

以下記事内に口座振替が可能なMVNOを紹介しています。

どうぞ参考にして口座振替支払いで格安SIM申し込みの検討をしてみてください。

 

BIGLOBEモバイル

 

BIGLOBEモバイルでは、クレジットカード以外にも口座振替での申し込み、毎月の料金支払いも可能です。

ただ、注意点として、データSIMのみ口座振替が可能で、音声通話SIMでの契約はクレジットカードが必要です。

しかし、データSIMで一旦申し込みをしておいて、契約後データから通話SIMへの変更をすれば、これまで通りの支払い方法で大丈夫になっています。

ただし、SIMカードの変更手数料が発生してしまいます。
また、口座振替での支払いのみ手数料が、毎月200円かかる点も注意すべきところ。

詳細・申し込みはこちら⇒BIGLOBEモバイル

 

楽天モバイル

 

楽天モバイルでも、2016年11月から口座振替での支払いが可能になりました。

楽天モバイルなら、クレジットカードや一部のデビットカードも使えて便利です。

通話SIMで申し込みたいなら特におすすめ。
BIGLOBEモバイルと違い、通話SIMでの申し込みも可能です。

また、口座振替での支払いのみ手数料が、毎月100円かかります。

詳細・申し込みはこちら⇒楽天モバイル

 

デビットカードで申し込み可能なMVNO

 

ちなみに、デビットカードで格安SIMの申し込みをしたい方は、OCNモバイルONEや楽天モバイルなどでは、現在デビットカードでの申し込みが可能です。

ただし、一部の銀行が発行するデビットカードは支払いに使えないようですし、可能なカードでもスマホセットの分割支払いでの申し込みは不可のようです。

MVNO申し込み画面の支払い方法入力で、実際に申し込みが完了するか確かめてみる必要があります。

詳細記事はこちら⇒デビットカードが支払いに使える格安SIM

BIGLOBEモバイル利用者が使える通話アプリBIGLOBEでんわは、通話料が10円/30秒と半額になりますので、通話SIMをお使いなら是非使いたいアプリです。

そのBIGLOBEでんわからさらに通話料が安くなる通話パックが10月より登場しました。

通話パック60がそれですが、60分間通話できる定額パックが、650円(不課税)とBIGLOBEでんわのさらに約半額です!

格安SIM通話料:20円/30秒 60分2,400円(税別)
BIGLOBEでんわ通話料:10円/30秒 60分1,200円(不課税)
通話パック60定額料:60分650円(不課税)

BIGLOBEでんわで毎月33分以上電話をする方なら、通話パック60を利用した方がお得になる計算ですね。

また、通話アプリを使わないで電話をする時のほぼ1/4の料金で1時間分通話できますので、これまで通話料が高かったので乗り換えできずにいた方でもBIGLOBEモバイルに乗り換え、BIGLOBEでんわアプリを入れ、そして通話パック60の申し込みで、毎月のスマホ基本料も電話代も安くなります。

基本料も通話料も安くなるBIGLOBEモバイルの詳細・申し込みはこちら⇒BIGLOBEモバイル

ホームPage 1 / 11