タグ:Wimax2+

 

新型コロナウイルスによる影響のため、端末製造の遅延が起こりモバイルWiFiサービス各社端末在庫切れや少なくなっている状況です。

また、「STAY HOME」、テレワーク、オンライン授業の実施によりモバイルWiFi(ポケットWiFi)の申し込みが急増しています。

そのため、新規受付停止や端末の発送が大幅に遅延しているWiFiサービスが続々出てきているようですね。

 

記事更新時点でのWiFi各社の申し込み受付状況や発送目安などをまとめてみました。

少なくなってきましたが、現在でも最短即日発送が可能なサービスもあります。

すぐに使いたい方は、即日発送可能なモバイルWiFiをぜひ検討してみてください。

 

使い放題プラン モバイルWiFi各社発送状況

 

WiFiサービス 発送状況 月額料金・縛り キャンペーン
GMOとくとくBB WiMAX

公式サイト

最短当日発送 2,590円~・3年 キャッシュバック3,000円
BIGLOBE WiMAX

公式サイト

 

最短翌日~4日程度(一部端末は2週間程度) 3,980円・1年 キャッシュバック15,000円(端末セットの場合)
DTI WiMAX

公式サイト

最短翌日~3日程度 2,590円~・3年 2か月間月額料金無料
カシモWiMAX

公式サイト

最短当日、翌日発送 1,380円~・3年
縛りなしWiFi

公式サイト

最短翌日発送(14時までの申し込み) 縛りなし3,300円・縛りなし/

縛っちゃう2,800円・3年

それがだいじWiFi

公式サイト

最短当日発送 100GB3,180円・3年
THE WiFi

公式サイト

 

最短当日発送 3,480円・2年
ギガゴリWiFi

公式サイト

受付休止中 3,460円・2年

(使い放題でも2日間、3日間などでの速度制限があるものもあります)

WiMAXサービスについても、ほぼ通常通り申し込み受付を行っている状況のようです。ただ、端末によっては在庫切れが発生しているため3週間程度入荷待ちのケースも。ホームルーターL02の在庫切れ、モバイルルーターW06、WX06も一部カラーが在庫切れが起きているようです。

 

おすすめモバイルWiFiはどこ?

 

現時点で早く届いてすぐ使える。通信も安定しているモバイルWiFiはどこなのか?

今ですと、WiMAXサービスがおすすめです。

LTE系WiFiは、契約者が短期間で急増すると通信障害や速度低下が起こりやすい状況があるため、契約者が急増しても余裕があり、安定した速度が見込めるWiMAXが安心です。

 

その中でも各社とも端末が枯渇している状況で、新規申し込みも大きく伸びているため発送が大幅に遅れているようですが、比較的すぐ届くサービスもあります!

 

カシモWiMAXが現在のところ早くておすすめ!

 

カシモはWiMAXでの通信サービスになります。

一部端末のみになりますが、最短即日から翌日には発送が可能になっています。

ほかの多くで2~3週間程度発送まで時間がかかる状況ですので、すぐに使いたい方におすすめです。

 

申し込みはコチラ▶公式サイト

 

DTI WiMAXは月額料金最安級!

 

DTI WiMAXは、現在のところ一部端末を除き2,3日程度での発送が可能になっています。

月額料金が安いのも強みがあります。今なら2か月間月額料金無料キャンペーンも行っており、WiMAXの中では最安級になっています。

 

申し込みはコチラ▶公式サイト

 

SIMのみだとBIGLOBE WiMAXも早い!

 

カシモのほかにBIGLOBE WiMAXも早いです。

ただし、SIMのみでの申し込みの方の場合です。

BIGLOBEでは、端末セット以外に端末が付いてこないWiMAX回線のSIMのみでの申し込みも可能なんです。

SIMのみだと現在のところ最短2、3日程度で発送が行われます。(支払い方法はクレジットカードの場合、口座振替ではもう少しかかります)

在庫切れのため遅延が生じていた端末セットの場合についても、遅延が解消されつつあります。また、SIMのみ申し込みを行い、メルカリやヤフオクで端末を落札するのもひとつの方法です。中古ですと1,000円~から入手できます。すでに端末自体はお持ちの方はそれを再利用することもできます。

WiMAXの縛りは3年が中心になっていますが、BIGLOBEなら1年縛りとかなり短いのも強みがあります。1年未満での解約の場合も解約手数料が1,000円だけと安いのもいいです。

 

申し込みはコチラ▶公式サイト

 

WiMAXをおすすめできる人、できない人

 

現在サービスを提供しているモバイル(ポケット)WiFiには、大きく2つの通信規格で分かれています。

WiMAX系かソフトバンクを中心としたキャリアLTE系か。

これまでWiMAXが強かったのですが、最近になりレンタルWiFiのLTE系サービスが続々登場しています。

どちらのサービスも使い放題ながら格安で通信ができるのでメリットが大きいのですが、それぞれデメリットもあります。

 

WiMAXは夜間に動画を見続けたい方にはおすすめできない

 

WiMAXは、今注目のレンタルWiFiと比べても速度が速く通信安定性もあります。10年以上サービスを提供しているためサービスの信頼性も高いです。

夜を除いては文字通り高速通信が使い放題になっています。

朝や昼、そして深夜帯ならどれだけ動画を見ても速度制限はかかりません。

ただ、3日間で合計10GB以上使うと、夜の時間帯に限り翌日から速度制限がかかってしまいます。

規制がかかるのは、翌日18時~25時頃の間のみ、3日間で10GBを下回るまでは夜は規制がかかったままになってしまいます。

規制後の速度は1Mbps程度になってしまうため、動画視聴にはちょっと厳しくなりますね。それでもテキストメインのサイト閲覧やSNSを利用する分には、たとえ規制になってしまってもストレスなく利用できます。

朝や昼間などは通信制限の期間中でも、速度規制されませんので、主に朝や昼間にWiFiを使いたい方にはWiMAXならまったく問題ありません。

テレワークやオンライン授業も朝から昼に利用する方が多いでしょうし、そのような用途にも向いています。

 

LTE系回線WiFiは速度や通信障害に不安あり

 

CMでも話題のTHE WiFiやどんなときもWiFiでお馴染みのレンタルモバイルWiFiサービス。

使い放題ながら3,000円台で通信できるのが大きなメリットです。縛りも2年が中心。中には縛りがない会社もあり長期間利用する予定かわからない方にも契約しやすいですね。

WiMAXと違って、3日間での通信制限もありません。よっぽど大容量データをダウンロードしたり、1日ずっと動画を流し続けでもしない限り通信制限がかかりにくいのは嬉しいところです。

ただ、利用者の大幅な増加により、速度が極端に遅くなったり通信障害が起きるケースがちらほら出てきています。テレビCMでもお馴染みのどんなときもWiFiも通信障害の影響で現在新規受付が休止になっています。その場合は月額料金無料や中途解約金が無料になるなどの救済措置がとられていますが、WiMAXと比べても通信の安定性や安心感ではかなり劣る印象ですね。

それらを許容でき、縛りが短く安い料金でたっぷり使いたい方にはおすすめです。

 

 

現在新規申し込み休止中、終了したWiFi

 

通信障害や端末在庫切れのため、3月~5月新規申し込み受付を休止、終了した主要モバイルWiFiです。

どんなときもWiFi

Mugen WiFi

限界突破WiFi(5月以降受付再開予定)

ギガゴリWiFi

 

上記のサービスについては、現在のところ新規受付を停止しています。今後も端末の枯渇が続く可能性があり、新規受付を停止するサービスが増えることが予想されます。

モバイルWiFiを必要な方は、早めの申し込みがいいかもしれません。

 

 

当日発送可能なサービスについても、申し込み不備や審査、申し込み時間により当日発送できない場合もあります。

 

WiMAX2+待望の新機種Speed Wi-Fi NEXT WX05の予約が10月30日から開始されました!

 

現在販売中のWX04の後継モデルですが、さらに最新機能が搭載されパワーアップしましたね。

 

・製造元:NEC
・下り最大速度:最大440Mbps
・上り最大速度:最大30Mbps
・色:ソニックレッド、ピュアホワイト

 

WiMAXハイパワー対応

送信パワーを上げることで、電波が届きにくい場所でもつながりやすく。

通信速度を約20%改善!

 

混み具合を確認できる「Wi-Fiビジュアルステータス」

Wi-Fiの混雑状況を簡単に確認でき、 空いているチャネルに画面タップで簡単に切り替えられる。

 

通信量カウンタ連動モード自動切り替え

あらかじめ設定したデータ通信量に達したときに、自動的にハイスピードモードへ切り戻し。
ハイスピードエリアモード使用時に、よくあるデータ通信量制限を未然に防げる!

 

新機能「おまかせ一括設定」

最初の設定が面倒、不安な方も安心!

もともとWiMAXは初期設定も簡単にできる機種ばかりなのですが、画面上をワンタップするだけで一括設定できる「おまかせ一括設定」機能を新しく搭載。

 

Wウイングアンテナ搭載クレードル

ホームルーターとしても使用できるクレードルを別売りで用意。

前機種WX04でも好評だったWウイングアンテナ搭載で、屋内の電波が届きにくいところも繋がりやすくなります。

 

WX05をGMOとくとくBB WiMAXで42,000円現金還元!

 

GMOとくとくBB WiMAXで新規申し込み、今なら42,000円のキャッシュバックキャンペーンを実施中です。

新製品のWX05ですが、いきなり41,000円のキャッシュバックになります!

さらに金額アップ!今なら42,000円のキャッシュバックです。

もちろん端末代金、端末送料も従来の機種と同じく無料になっています。

クレードル付きでも38,500円のキャッシュバックになります。

(キャッシュバックは、11月12日時点の金額です。今後変更になる場合があります)

 

GMOとくとくBB月額料金表

プラン 申し込み月 1~2か月目 3か月目~
ギガ放題 3,609円日割り 3,609円 4,263円
7GB 3,609円日割り 3,609円 3,609円

 

WX05は3年プラン限定機種です。
LTEオプション料金が毎月無料です。

 

▼42,000円キャッシュバック申し込みはこちらから▼

GMOとくとくBB WiMAX2+公式へ

 

上記リンクの公式ページ内にあるWX05バナーから詳細情報を確認の上申し込みください。申し込み順に11月8日から順次WX05の端末発送になります。

 

WX05月額割引2,170円~プランもアリ!

 

 

GMOとくとくBBでは、新機種WX05の42,000円キャッシュバックキャンペーンを実施中ですが、キャッシュバックではなく月額料金が割引になる特典を選ぶことも可能です。

こちらは、キャッシュバック特典はありませんが、初月からいきなり毎月の料金が割引になります。

1年後にまとまった高額現金還元を受けるか、毎月安くWiMAXを利用するかは、好みであなたが自由に決めることができます。

 

月額割引特典についても、WX05端末代金、送料が無料です。(クレードル希望者は別途3,686円必要です)

 

GMOとくとくBB月額料金表

プラン 申し込み月 1~2か月目 36か月目まで
ギガ放題 2,170円日割り 2,170円 3,260円
7GB 2,170円日割り 2,170円 2,690円

 

WX05は3年プラン限定機種です。
LTEオプション料金が毎月無料です。

 

▼月額料金割引プラン申し込みはこちらから▼

GMOとくとくBB WiMAX2+公式へ

 

WiMAX2+は、以前はどのプロバイダでも2年契約でしたが、最近は3年契約での申し込みがベースになっています。

もちろん契約期間が長くなるデメリットがある分、2年契約にはなかったメリットもあります。

LTEオプション料金が無料になったり、契約期間の途中で最新の端末が無料でもらえたり、キャッシュバック金額がより高額になったりですね。(プロバイダによって特典が無い場合もあります)

でも、特典はそんなになくてもいいから、短い2年契約で申し込みたい方も結構いらっしゃるようですね。

と言うことで、2020年現在でも2年契約でWiMAXを申し込むことができるプロバイダについてまとめてみました。

 

UQ WiMAX

 

2019年10月より新プランが開始されたため、現時点で2年契約が申し込みできるのはこのUQ WiMAXのみとなっています。

端末代金の費用負担が増えたものの、契約期間3年からの短縮と月額料金の値下げが行われております。

また、契約期間の途中での解約についても、契約解除料が1,000円と大幅に値下げされました。そのため、解約もしやすくなっているので、WiMAXに申し込みたいけど3年は長いと感じられた方におすすめですね。

 

■2年プラン販売端末

WX06

W06

HOME 02

L02

 

■2年プラン月額料金表

項目 申し込み月 1~24か月目 25か月目~
ギガ放題

(自動更新あり)

3,880円 3,880円 3,880円
ギガ放題

(自動更新無し)

3,880円 3,880円 4,050円

申し込み月は日割り料金です。

 

UQ WiMAXでは、2年縛りのほかにも、縛りなしの期間条件なしでも契約が可能!

いつでも解約が可能になっているため、月額料金は2年縛りより多少割高になっています。

 

■期間条件なし月額料金表

項目 申し込み月 1か月目~
ギガ放題 4,050円 4,050円

申し込み月は日割り料金です。

 

公式サイトUQ WiMAX

 

 

BIGLOBE WiMAX

 

BIGLOBE WiMAXでは、10月よりなんと1年契約で申し込みが可能になりました。

端末代金の負担が増えたものの、3年縛りが長いと感じられた方にはおすすめです。

さらに、これまでなら端末とセットでの契約のみでしたが、SIMのみの申し込みも受付開始になっています。以前にWiMAXに契約していて端末を再利用したい方やメルカリやヤフオクで出品されている旧機種を格安で落札してSIMだけ申し込む方法があります。

SIMのみの申し込みなら、もちろん端末代金の負担が一切かからないため通信費を下げながら短期契約が可能なWiMAXプロバイダになっています。

 

●キャンペーン特典【6月30日まで】
15,000円キャッシュバック!(端末セット申し込みの場合)

 

■1年プラン販売端末

WX06

W06

HOME 02

L02

 

■1年プラン月額料金表

項目 申し込み月 1~3か月目 3~12か月目
ギガ放題 0円 3,980円 3,980円

 

 

公式サイトBIGLOBE WiMAX

 

DTI WiMAX 2年プラン終了しました!

 

DTI WiMAXについては、2年プラン終了になっています。

DTI WiMAXでも2年契約が可能ですが、機種はWX03のみになっています。

 

●キャンペーン特典
クレードルが無料!(WX03のみ)

 

■2年プラン販売端末

WX03

 

■2年プラン月額料金表

項目 申し込み月 1~2か月目 3~24か月目
ギガ放題 3,500円 3,500円 4,300円
7GB 3,500円 3,500円 3,500円

申し込み月は日割り料金です。

 

DTI WiMAX2+の申し込みはこちら 

 

カシモWiMAX  2年プラン終了しました!

 

カシモWiMAXでも2年契約が可能です。機種についてもW05など新しい機種を選択することが可能なのは嬉しいですね。料金についても割引が適用されるためお得に利用することができます。

 

●キャンペーン特典
月額料金割引!

 

■2年プラン販売端末

W05(新端末プラン)

L01s(新端末プラン)

Triprouter(最安級プラン)

 

■2年プラン月額料金表

 

項目 申し込み月 1か月目 2~24か月目
最安級ギガ放題 0円 1,380円* 3,380円
最安級7GB 0円 1,380円 2,680円
新端末ギガ放題 1,380円 1,380円 3,580円
新端末7GB 1,380円 1,380円 2,980円

選んだ機種によりプランが違います。

最安級プランギガ放題のみ2か月目も月額1,380円。

 

カシモWiMAXの申し込みはこちら

 

ほかのWiMAXは2年プランで申し込める?

 

これまでに挙げたWiMAXプロバイダ以外にも2年契約で申し込むことができるWiMAXもここで紹介します。

ただし、2年プランではキャンペーンの対象外になり、特典がないためあまりメリットが感じられません。

2年プランなら上に紹介したWiMAXがおすすめです。

 

WiMAX 2年プラン 2年対応販売端末
GMOとくとくBB × なし
@Nifty × なし
So-net モバイル × なし
smafi × なし
Broad × なし
hi-ho × なし

 

3年プランWiMAXキャンペーン【高額キャッシュバック】

 

今回は、縛りが短い2年契約でのWiMAXキャンペーンについてまとめてみましたが、3年契約でもいいのでさらにお得な特典付きで申し込みたい方は、以下のページに最新のキャンペーン情報を詳しくまとめていますのでどうぞご覧ください。

詳細記事はこちら⇒WiMAX2+キャンペーン最新情報

 

各WiMAXプロバイダのキャンペーン、特典内容については、随時変更になる可能性が高いため、最新情報は公式サイトをご確認の上申し込みください。

WiMAX2+では待望の新機種W05の発売が発表されました。

W05の申し込み後、1月19日以降順次発送されます。

前モデルW04の縦長からW05は横長に変更。本体カラーは、ブラックxライム、ホワイトxシルバーの2色を用意。

 

  • 最大708Mbpsの高速通信対応
  • 持ち運びに最適な薄型フォルム
  • au 4G LTEのエリア対応により広いエリアで通信可能
  • 3つの通信パフォーマンスモード搭載

 

最新機種のW05は、WiMAX2+とau 4G LTEの2つを組み合わせることで最大708Mbpsですが、WiMAX2+エリアのみでも下り最大558Mbpsと、高速通信が可能です。

上り速度も最大75Mbpsと、前モデルから約2倍の速さを実現。

 

前モデルW04より約1.5mm薄型化されていますので、鞄への収まりも良く持ち運びしやすくなりました。

 

W05専用クレードルも用意。

スタイリッシュな本体に合うように設計されています。

クレードルの購入には、別途代金3,290円が必要です。

 

Speed Wi-Fi NEXT W05 スペック詳細

製造元 HUAWEI
サイズ 約130×55×12.6mm(ディスプレイ2.4インチ)
重量 約131g
連続通信時間 ハイスピードモード(WiMAX2+)ハイパフォーマンス:約6時間30分ノーマル:約9時間バッテリーセーブ:約10時間30分

ハイスピードプラスエリアモード(WIMAX2+、LTE)ハイパフォーマンス:約4時間20分ノーマル:約6時間30分バッテリーセーブ:約9時間10分

連続待受時間 デフォルト設定:約850時間
クイックアクセスモード設定時:約38時間
電池容量 2,750mAh
通信速度 ハイスピードモード(WiMAX2+)下り最大558Mbps上り最大30Mbps

ハイスピードプラスエリアモード(WiMAX2+、LTE)下り最大708Mbps上り最大75Mbps

Wi-Fi規格 IEEE802.11a/b/g/n/ac
外部接続端子 microUSB
最大接続可能台数 最大10台
対応OS
  • Windows 10、Windows 8.1、Windows 8、Windows 7 SP1、Windows Vista Mac OS X v10.5/v10.6/v10.7/v10.8/v10.9/v10.10/v10.11/v10.12/10.13
同梱物 端末本体、保証書、はじめてガイド、Wi-Fi初期設定シール、ご利用にあたっての注意事項、インターネット接続設定についてのご案内、お知らせ

 

 

GMOとくとくBB WiMAXならW05も月額2,170円~使える!

 

他社よりお得な料金で利用できることで人気のGMOとくとくBB WiMAXでは、早速新機種のW05でも他の機種と同じく月額2,170円~で利用できます。

1月までは2,470円でしたが、2月からはさらに割引額がアップされ最初の3か月は2,170円から利用できます!

このW05ですが、他社WiMAXの場合3年プランのみの取り扱いやキャンペーンが行われていますが、とくとくBBなら2年プランで契約でき特典も付いてくるためおすすめです。

以下の料金表のように、かなり割安でWiMAXを最新機種W05で使えます。

そのため、こちらの特典にはキャッシュバックは付いていません。

 

月額料金割引プランの月額料金表

項目 3か月間 2年目まで 3年目以降
3年ギガ放題プラン 2,170円 3,344円 4,263円
3年ライトプラン 2,170円 2,690円 3,609円
2年ギガ放題プラン 2,590円 3,344円 4,263円
2年ライトプラン 2,590円 2,690円 3,609円

 

3年プランは、LTEオプション料金月額1,005円が無料。

申し込み月は、料金日割り計算。

W05の端末代金無料。

端末発送代金無料。

GMOとくとくBB WiMAX2+の詳細・申し込みはこちら

 

今ならW05が高額40,400円キャッシュバックも選べる!

 

GMOとくとくBB WiMAXなら、月額料金割引の特典とは別にキャッシュバックキャンペーンも実施中です。

料金割引のようにすぐにメリットが感じられる特典とは違って、1年後のキャッシュバックになりますが、ちょっと待たないといけない分金額が高額になっているのがメリットですね。

とくとくBBでのW05の申し込みで、6月の今だけ40,400円のキャッシュバックプレゼント!

キャッシュバックキャンペーンのみクレードルも無料で付けることができます。(クレードル付属の場合のみ37,100円キャッシュバックになります)

3年プランでのキャッシュバック額ですが、2年プランでも32,150円とこちらも高額になっていておすすめです。

2018年6月の最大額でのキャッシュバック金額になっているため、7月以降は金額が変更になります。

GMOとくとくBB WiMAX2+の詳細・申し込みはこちら