記事一覧

家電批評で1位の200GB使えるモバイルルーター【FUJI Wifi】

家電批評2019年7月号のWi-Fi特集モバイルルーター編でも、BEST BUY(1位)に輝いていたのが、FUJI Wifiです。

 

モバイルルーターとは、自宅でも外出先でも手軽に持ち運びができ、高速通信が可能な端末のこと。

大手キャリアや格安SIMを使っていると、いわゆる「パケ死」と言うような月の途中での容量不足や大容量プランの契約で毎月高額の支払いを行っている方も多いかもしれません。

ところが、WiMAXを始めとしたモバイルWi-Fiサービスでは、使い放題や大容量プランを用意しているサービスも増えてきましたので、毎月安い料金でスマホで動画をたっぷり視聴することもできるようになってきました。

 

このFUJI Wifiでは、ソフトバンク回線とWiMAX回線お好みの回線を選ぶことができます。

また、2年や3年の契約の縛りなし、解約金なしで始めることができるのも嬉しいですね。

1か月から気軽に始めることができるため、長いこと利用するか未定の方におすすめです。

WiMAXのプランですとギガ放題(使い放題)で利用できます。ただ、3日間トータルで10GBを超えると速度規制がかかってしまいます。速度規制は翌日18時~26時の夜間のみ、通信速度は1Mbps程度になりますので、動画を視聴するにはちょっと厳しくなりますね。朝昼のみたっぷり使いたいのならほぼ高速通信が使い放題で利用できます。

夜間もたっぷり使いたいのなら、200ギガや100ギガプランがおすすめです!

こちらは、ソフトバンク回線を利用し、基本的には3日間での速度規制はかかりません。

月で200GBや100GBを使い切るまでは、朝でも夜でも高速通信を利用することができますね。


 

FUJI Wifiルータープラン料金表

通常プラン おまとめプラン
いつも快適プラン 6,000円 4,980円
200ギガプラン 4,800円 4,280円
100ギガプラン 3,800円 3,280円
50ギガプラン 3,100円 2,680円
25ギガプラン 2,500円 2,180円
WiMAX2+au4G LTE 3,200円

いつも快適プランは、ソフトバンク回線の使い放題プランになります。

通常プランとおまとめプランがありますが、1か月から利用できるのが、通常プランです。

おまとめプランは、13か月契約する場合の月額料金になります。最初におまとめ期間分の一括支払いが必要になるため、通常プランより割引された金額になっています。

おまとめ期間は、この13か月以外にも3か月、6か月、9か月を選ぶこともできます。

いつまで使うかわからない、動画を毎日視聴する方などは、通常プランの200ギガや100ギガプランがおすすめですね。月額料金もキャリアや格安SIMの大容量プランを契約するよりも断然お得になっています。

最後に肝心の通信速度ですが、ソフトバンクLTE、WiMAX2+どちらも高画質動画を視聴するのに全く問題ない通信速度だと言えるでしょう。

公式サイトはこちらFUJIWifi

1か月から使えるWiMAX・ポケットWi-Fi縛りなしWiFi【初期費用0円】

WiMAXやポケットWi-Fiの他社にはないサービス。縛りのないレンタルWi-Fi「縛りなしWiFi」。

通常ですとモバイルWi-Fiでは、2年間や3年間の契約がありますが、この縛りなしWiFiなら1か月から利用できるため、短期間使用したい時などにおすすめのサービスになっています。

また、1か月からと気軽に利用できるのに月額料金も安いのが、おすすめのポイントです。

2019年5月新しく登場した縛っちゃうプランは、36か月の利用期間が設定されていますが、こちらは1か月目から500円割引で利用できます。

自由に使いたい、より安く使いたいなど都合にあわせてプランを選択できるようになりましたね。

■縛りなしWiFi月額料金

縛りなしプラン 3,300円
縛っちゃうプラン 2,800円

*税抜き表示

 

縛りなしWiFi公式サイトはこちら

 

最短翌日発送、初期費用・送料も無料

 

申し込んですぐ使えるように、最短翌日発送ですので急いでいる方も大丈夫です。

通常モバイルWi-Fiの契約には、手数料としてまず最初に3,000円などが発生してしまいますが、縛りなしWiFiは、初期費用0円!レンタル端末代金や送料も一切かかりません。

縛りなしプランなら縛りがないため、もちろん2か月目からはいつ解約しても解約違約金はかかりません。

 

使い放題で月間通信制限なし

 

縛りなしWiFiは、データ通信量使い放題で利用できるサービスです。

ただし、WiMAX端末は、3日間で10GBを超えると、Softbank端末は、1日で3GBを超えると一時的に速度制限がかかります。

動画をよく見る方や大容量データのやりとりをしない限り、制限にひっかかることも少ないと思います。

 

端末は選択できない 縛りなしWiFiの注意するべきポイント

 

縛りなしWiFiは、Wi-Fiサービスや端末は、会社のおまかせになっていて、届けられた端末を使うことになります。

申込者自身で、Wi-Fiや端末を基本的に選択することができないです。

WiMAXでもSoftbankでも、サービス内容は多少違ってきますが、通信エリアや回線速度はそれほど大きな違いはないため、基本的にはどちらのサービスを使っても問題はないと思われます。

ただ、利用エリアなどの環境が理由でWiMAXかSoftbankのポケットWi-Fiどちらかを使いたい場合は、どちらかのサービスは選択することも可能になっています。

その場合も、端末の選択はできませんので注意しておくべきポイントです。

 

4月現在取り扱い端末

Pocket WiFi 603HW

Pocket WiFi 502HW

Speed Wi-Fi NEXT W04

Speed Wi-Fi NEXT WX05

在庫状況により上記以外の端末が送られてくることもあります。不具合以外での端末の交換はできません。

 

解約後は端末の返却が必要

 

解約したい場合は、公式サイトのお問い合わせフォームから解約連絡をするだけでOK。

解約申請日の翌月末が解約日になります。

レンタルでのサービスになっていますので、解約後はすぐに端末を返送する必要があります。

契約終了日から5日後までに返却する必要があります。

返却が遅れた場合は、翌月分の料金がかかってしまいますので注意してください。

 

縛りなしWiFiの詳細はこちら

P20 liteが今だけ800円!【OCNモバイルONE】

OCNモバイルONEでは、人気のスマホが大特価で購入できる新年度★開幕直前スマホ市を実施中です。

 

音声通話SIMとスマホの両方の契約(スマホセット)で、スマホが大幅割引になるキャンペーンです。

また、対象オプション同時加入で、割引価格からさらに最大5,000円割引にもなります。

 

OCNモバイルONEでは、ほかに音声通話SIM新規契約で24か月間基本料が割引になるキャンペーンも同時に実施していますので、今ならスマホも基本料もお得に申し込みできますよ♪

 

OCNモバイルONE 新年度★開幕直前スマホ市 対象スマホ

 

OCNモバイルONEスマホセットで、端末価格400円~と大変お得になるキャンペーン。

 

AQUOS sense2 SH-M08 セール端末価格5,800円、オプション加入で3,800円または800円!

ZenFone Live (L1) (ZA550KL) セール端末価格480円!

AQUOS sense plus SH-M07 セール端末価格29,800円、オプション加入で27,800円または24,800円!

HUAWEI P20 lite  セール端末価格800円!

ZenFone 5 (ZE620KL)  セール端末価格19,800円、オプション加入で17,800円または14,800円!

[海外版] iPhone SE 16GB  セール端末価格7,800円!

[海外版] iPhone SE 32GB  セール端末価格15,800円!

OCNモバイルONE/OCN光

■オプション加入について

OCNでんわかけ放題オプションで、セール価格からさらに2,000円割引。

OCNでんわかけ放題オプション+あんしんモバイルパックで、セール価格からさらに5,000円割引。

OCNでんわかけ放題オプションとは、10分間までの国内通話が、月に何度でもかけ放題に。月額850円。
あんしんモバイルパックとは、データのバックアップ機能、セキュリティ機能、サポート機能の3つの機能が利用できるサービスです。月額640円(初月無料)

 

2019年3月28日(木)11:00までの期間限定キャンペーンになっています。人気機種は期間内でも完売になる可能性もあるためお急ぎを!

 

キャンペーン詳細はコチラ⇒OCNモバイルONE公式サイト

 

2年間ずっと割引!新生活応援割

 

スマホのセールと合わせて、今ならOCNモバイルONEの基本料も割引料金で利用できます。

24か月間320円割引されたキャンペーン料金で利用できます。

キャンペーンは、2019年3月31日(日)まで。

 

■OCNモバイルONE 音声SIM基本料金表

コース(プラン) 通常料金 キャンペーン料金
110MB/日 1,600円 1,280円
170MB/日 2,080円 1,760円
3GB/月 1,800円 1,480円
6GB/月 2,150円 1,830円
10GB/月 3,000円 2,680円
20GB/月 4,850円 4,530円
30GB/月 6,750円 6,430円

 

キャンペーン申し込みに必要なもの

 

上記キャンペーン期間内に、以下のリンクページから申し込みが必要です。

新規申し込みに必要なもの

クレジットカード

本人確認書類(画像のアップロードが必要です)

MNP予約番号(他社から電話番号をそのまま引き継ぐ場合のみ)

 

キャンペーン詳細はコチラ⇒OCNモバイルONE公式サイト

 

LINEモバイル ソフトバンクプランを6か月使ってわかったこと

これまでは、LINEモバイル ドコモプランを使っていましたが、2018年7月からソフトバンク回線にも対応したとのことで、ソフトバンクプランに乗り換えてみました。

 

切り替え時にはちょうどキャンペーン中とのことで、通常かかる手数料が無料ですし、LINEポイントも付与されるとのことで、余分な手数料がかからず切り替えができました。

 

LINEモバイルはSIMカードがすぐに届く!

 

LINEモバイル ドコモプランからソフトバンクプランに切り替え手続きを行って、2日後にはもう新しいSIMカードが到着していました。

佐川急便からの手渡しでの配達です。

ドコモプランの新規申し込み時にも、申し込み翌日にSIMカードが発送されましたので、基本的に申し込んですぐ使えるのがいいですね。

 

LINEモバイルならドコモプランと料金は一緒

 

最近になってMVNOの中でもソフトバンク系回線を取り扱うところも増えてきました。

これまでは、ほぼドコモ系のみで、一部au系もあったぐらいでした。

 

ソフトバンク系回線のメリットは、まずソフトバンクで使っていたiPhoneやiPadがSIMカードの挿し替えだけでそのまま使えること。一部端末を除きSIMロック解除することなく使えます。そして、速度が速いことなどが挙げられます。

一方、ドコモ系MVNOと比べて料金がやや割高な点がデメリットでもあります。

 

LINEモバイルのソフトバンクプランは、ドコモプランとまったく同じ料金体系になっていますので、これまでソフトバンク系MVNOを探していたけど割高になるので、SIMロック解除をしてドコモ系MVNOに乗り換えていた方にもおすすめできます。

LINEモバイル

 

LINEモバイル料金表(ドコモ・ソフトバンク回線共通)

プラン データSIM 通話SIM 備考
LINEフリー1GB 500円 1,200円 LINEアプリの通話・トークのデータ消費ゼロ。データSIMはSMS機能なし。機能ありは620円。
コミュニケーションフリー3GB 1,110円 1,690円 LINE、Twitter、Facebook、Instagramのデータ消費ゼロ。データSIMもSMS機能あり。
コミュニケーションフリー5GB 1,640円 2,220円
コミュニケーションフリー7GB 2,300円 2,880円
コミュニケーションフリー10GB 2,640円 3,220円
MUSIC+3GB 1,810円 2,390円 LINE MUSICと主要のSNSデータ消費ゼロ。データSIMもSMS機能あり。
MUSIC+5GB 2,140円 2,720円
MUSIC+7GB 2,700円 3,280円
MUSIC+10GB 2,940円 3,520円

さらに、キャンペーンの実施により、料金プランよりお得に利用できます。

 

LINEモバイルでは、ドコモ、ソフトバンク回線とも料金は一緒ですが、オプション内容などで一部違いがあります。ドコモ回線だと留守番電話機能が300円と有料なのに対して、ソフトバンク回線は無料と基本料金以外にもメリットがあります。

LINEモバイルなら、LINEが提供する格安SIMなだけにLINEアプリ使用時のデータ消費がゼロになったり、上位プランだとツイッターやインスタなどのSNSもデータ消費がゼロになります。

また、格安SIMでここならLINEの年齢認証が可能でもあります。

ほかの格安SIMだとLINEの年齢認証ができないんですよね。

LINEの年齢認証ができないとLINE自体が使えないわけではありませんが、ID検索などの一部機能が使えなくなります。

LINEモバイルならこれまでと変わらず、LINEがそのまま使えるので安心ですね。

 

お得なLINEモバイルキャンペーン

 

LINEモバイルならソフトバンク回線でも格安で利用できるとお伝えしましたが、さらにお得なキャンペーンも実施しています。

2019年3月現在のキャンペーン内容です。時期により変更になります。

 

回線変更手数料無料キャンペーン

 

LINEモバイルのドコモ回線からソフトバンク回線、ソフトバンク回線からドコモ回線どちらに変更しても、通常回線変更手数料3,000円が必要ですが、キャンペーン中は手数料無料になります。音声通話SIM契約者限定のキャンペーンになります。

2019年5月31日(金)まで。

 

誰でもみんなスマホ基本料300円~/月キャンペーン

 

本田翼による新CM放映記念キャンペーンと銘打った新たにお得なキャンペーンをスタート。音声通話SIMの申し込みで、3か月間基本料から月額1,390円割引されます。LINEフリープランのみ月額1,200円から300円になり900円の割引額になります。

ポイントバックキャンペーンと併用が可能です。

終了日未定。

 

ポイントバックキャンペーン

 

音声通話SIMの申し込みで、もれなくLINEポイント5,000ポイントがもらえるキャンペーンです。

申し込み時にLINEモバイル公式サイト申し込み画面で、キャンペーンコード入力欄に「TMTM0505」と入力する必要があります。

2019年4月22日(月)12時まで。

LINEモバイル公式サイトへ 

ソフトバンクプランが爆速すぎる!

 

さて、皆さんが気になる回線速度なのですが、実際に速度が測れるアプリで計測してみました。

 

(計測データ:LINEモバイルソフトバンク回線、10月東京都23区内、12月大阪市内屋内、ZenFone3でSPEED TESTアプリでの計測)

 

最も速度が遅くなる時間と言われる12時台でも10Mbps以上は平均して出ていました。

格安SIMによっては、12時台1Mbpsを切るところもあるので安心して使えますね。

また、ほかの時間帯では20~40Mbpsの速度が出ていますので、キャリアや速いと言われているUQモバイルと同程度の速度の結果でした。

爆速は言い過ぎかもしれませんが、格安SIMの中では上位に入るぐらいの通信速度だと言えるでしょう。

LINEモバイルドコモプランの回線速度と比べみても、このLINEモバイルソフトバンク回線のスピードが速いです。

LINEモバイル公式サイトへ 

 

 

回線速度は、計測エリア、日時、ユーザーの使用状況、使用するスマホによって大きく速度差が出ますので、計測速度については参考程度にお考えください。
料金表は、2019年3月現在の料金です。