記事一覧

クレカと同時申し込み可能なWiMAX2+【クレジットカード不要】

クレジットカードを持っていないと、契約をすること難しくなってきたWiMAX。

銀行の口座振替やデビットカードで支払いができるWiMAXも、ごく一部ですが存在しますが、手続きの簡便さや特典のお得さでもやっぱりクレジットカードで申し込む方がよかったりします。

 

「でもクレカ持ってないから・・・」という若い方は結構多いようですが、そんな方も安心してください。

WiMAXの申し込みと同時にクレカも発行できるWiMAXプロバイダがあります。

今回は、クレカが無くても大丈夫なWiMAXプロバイダの紹介です。

 

GMOとくとくBB WiMAX

 

高額のキャッシュバック特典や月額料金が割安なWiMAXとして一部でも知られているのが、このGMOとくとくBB WiMAXです。

 

GMOとくとくBBもクレカを持ってないと契約することができません。

デビットカードでは、現在のところ一部カードのみ申し込みが可能なケースもあります。

口座振替支払いは利用できません。

 

ところが、クレカをお持ちで無い方のために、GMOとくとくBB WiMAXの申し込みと同時にクレカも新規発行することができるようになりました。

 

 

こちらでGMOとくとくBB WiMAXの契約と同時に、セゾンカードが新規発行できます。

セゾンカードは、年会費永久無料!最短翌日発行!

利用金額に応じて有効期限のない「永久不滅ポイント」が貯まります!

インターネット上での不正使用による損害を補償する「オンライン・プロテクション」が付いているので安心!

これからクレカを作って、それからWiMAXに契約すると、WiMAXが使えるようになるまで通常10日以上はかかってしまいます。

しかし、このWiMAXとクレカの同時申し込みを利用すれば、通常1週間以内にWiMAXが手元に届きますので、なるべく早く利用したい方にもおすすめですし、手続きも簡単なので楽なのもいいですね。

クレカ発行の審査がもちろんありますが、20代の方が多く新規発行されているため支払い能力があり、過去に金融事故がなければ比較的手にしやすいと思われます。

 

月額料金は、2,590円~と大幅割引適用!

キャッシュバックの代わりに、毎月の料金がいきなり初月から割引されお得です。

 

GMOとくとくBB WiMAXクレカ同時申し込み月額料金表

プラン 0~2か月目 ~24か月目 ~36か月目
ギガ放題 2,590円 3,344円 4,263円
ライト 2,590円 2,690円 3,609円

*0か月目は申し込み月。日割り料金になります。ライトプランは、7GB/月です。37か月目が契約更新月の3年ごとの自動更新です。

解約をご希望の場合は、解約手続きが必要です。

 

取り扱い端末(2019年9月現在)

クレカとの同時申し込みでの取り扱い端末は、現在のところ4機種です。

特典として端末代金0円です。

 

WX05

2018年11月発売の新機種もラインナップに!

電波の届きにくい場所でも繋がりやすくなるWiMAXハイパワー対応。

クレードル付きも選べます。

 

W06

2019年2月発売の最新機種。家でも外でも使える。スリムなサイズなので持ち運びにも便利です。

下り最大1.2Gbpsの超高速通信が可能に。

 

 

L02

据え置きタイプがこちら。

外で使う予定のない方は機能面でもこちらがおすすめです!

下り最大1Gbpsの超高速通信が可能に。

 

HOME 01

こちらも据え置きタイプ。すっきりコンパクトで置き場所に困らない。

 

WiMAX×セゾンカード同時申し込み手順

この記事下のリンクから詳細を確認して、申し込みをします。

セゾンカードは、最短翌日発行が可能ですので、すぐにお手元に届きますね。

次に、お手元に届いたセゾンカードの情報を、GMOとくとくBBのお客様ページで入力し、支払い方法を確定させてください。

支払い方法の設定が確認でき次第、WiMAX2+端末機器の発送になります。

 

セゾンカード×WiMAX2+の詳細・申し込みはこちら

 

デビットカード・口座振替で申し込めるWiMAX2+

 

WiMAXは、クレジットカード支払いが原則ですが、どうしてもクレカの審査に通らない方やクレカは持ちたくない方もいらっしゃると思います。

そのような方でもデビットカードや口座振替での支払いでWiMAXに申し込むことが、現在のところ可能になっています。

ただ、多くのWiMAXプロバイダで料金支払いはクレカのみの流れになっているため、将来的にはより難しくなるかもしれません。

クレカを新規発行するのがベターではありますが、デビットカードや口座振替で申し込みたい方のために記事にまとめました。参考にしてみてください。

詳細記事はこちら⇒デビットカードで契約できるWiMAX2+

口座振替で契約できるWiMAX2+

 

20歳未満の方は、クレカとの同時申し込みすることができません。
クレジットカードの発行には所定の審査があります。
申し込みが完了してから3週間以内に支払い方法を確定しないと、WiMAXの発送がキャンセルされます。

口座振替で支払い可能なモバイルWi-Fi【NEXT mobile】

WiMAXを始めとしたモバイルWi-Fiの契約には、基本的にクレジットカードが必要になってきます。

ただし、ごく一部プロバイダですが、口座振替での料金支払いも可能になっています。

口座振替対応プロバイダなら、クレカを持っていなくても大丈夫です。

 

WiMAXでも一部プロバイダのみ口座振替での支払いが行えます。

WiMAXを口座振替で申し込みをしたい方は、次の記事をご覧ください。
詳細記事はこちら口座振替で契約可能なWiMAX2+

 

WiMAX以外のモバイルWi-Fiでも、口座振替で申し込みができるサービスがあります。

それが、ソフトバンク回線のポケットWi-Fi NEXT mobile(ネクストモバイル)です。

NEXT mobile

NEXT mobileのメリット

ソフトバンク回線なので、全国エリア人口カバー率99%!
どこでもつながりやすく、高速通信が可能!
3日間の通信速度制限もなし!
月額2,760円~利用できる!
端末最短即日発送!

 

郊外や地下、建物内での電波が届きにくいところでは、WiMAXと比べてもNEXT mobileの方が繋がりやすい状況も多いです。

また、WiMAXなどのモバイルWi-Fiでは3日間で3GBや10GBを超えると速度制限がありますが、NEXT mobileなら、プランの月間容量を超えない限り速度制限はかかりません。

 

NEXT mobileのプランは3つ

 

 

NEXT mobileには、WiMAXにあるギガ放題のような使い放題のプランはありません。

しかし、格安でしかも大容量のデータ通信が行える3つのプランがあります。

いずれも、2年間の契約プランになっています。

WiMAXについては、新規契約は3年間になってしまったため、短い契約期間をお望みの方もこちらのNEXT mobileがおすすめですね。

容量プラン 20GB 30GB 50GB
月額料金 2,760円 3,490円 1年目3,490円、2年目4,880円
支払い方法 クレジット クレジット・口座振替 クレジット

月額料金は2年間の割引適用後の金額。
申し込み月は日割り料金。

口座振替での料金支払いが可能なのは、現在のところ30GBプランのみになっています。

20GB、50GBについては、クレジットカードでの支払いが必須です。

WiMAXギガ放題のように使い放題ではありませんが、30GBとかなりの大容量ですので、ユーザーの多くの方は、データ容量が足りなくなる心配もなさそうですね。

また、格安SIMの大容量プランと比べても割安なのも見逃せないポイントです。

30GBプランですと、1GBあたりの料金が約116円と割安になっているのがわかります。

速度についても、格安SIMよりNEXT mobileの方が圧倒的に速いケースも多そうですね。

NEXT mobileを口座振替で申し込む場合の注意点として、運転免許証などの本人確認書類が必要になります。申し込む際には、身分証などを準備してください。あと、毎月200円の口座振替手数料も別途かかります。

 

引越時も安心!最短即日発送&工事なしですぐ使える

 

NEXT mobileは、申し込んですぐ届く、簡単な設定だけですぐに高速インターネットが使えるのが大きなメリットです。

平日13時までの申し込みなら、即日発送に対応していますので翌日の最も早ければ午前中にもお手元に端末が届くようになります。

端末が届いたら簡単な設定のみで大丈夫。すぐにネット接続が完了です。光回線のように工事日を決めたり、早くても2週間待たないといけなかったり、工事の立ち会いも必要だったりなんて煩わしさがない点もありがたいです。NEXT mobileには、据え置きタイプの端末も用意されてありますので、光回線の代わりに自宅専用で利用することもできます。

 

公式サイトNEXT mobile

 

平日13時以降の申し込みは、翌日発送。金13時以降、土、日、祝日は、平日発送になります。また、審査状況により即日発送ができない場合もあるようです。

 

 

 

格安SIM大容量プランとNEXT mobileの料金比較

 

NEXT mobileなら大容量プランでも格安で利用できると先に説明しましたが、料金の安さで最近契約者を伸ばしている格安SIMの大容量プランと比較してみたいと思います。

格安SIMも以前は、多くて10GBのデータ容量プランがあるぐらいでしたが、ヘビーユーザー向けに大容量プランを設定するMVNOも増えてきました。

NEXT mobileと20GB以上のプランの用意がある主要MVNOの料金をまとめてみました。

20GB 30GB 50GB 備考
NEXT mobile 2,760円 3,490円 1年目3,490円

2年目4,880円

2年契約
楽天モバイル 4,050円 5,450円 auプランは70~120円高
BIGLOBEモバイル 4,500円 6,750円 auプランは120円高
OCNモバイルONE 4,150円 6,050円
イオンモバイル 3,980円 5,380円 10,300円
mineo 3,980円 5,900円 ソフトバンクプランは90円高
DMMモバイル 3,980円
IIJmio 3,100円 5,000円 オプションサービスのため、別に基本料金が必要

格安SIMはデータSIMでの料金。2018年12月時点の情報です。

 

【まとめ】

NEXT mobileの方が、どの格安SIMよりも割安で大容量のデータ通信が可能です。また、速度についても格安SIMと比べてもかなり速いケースが多いようです。

料金と速度という2つの大きなメリットがある一方、外で使う場合は、スマホとは別にモバイルWi-Fi端末を持ち運びしなくてはいけません。そこをちょっと面倒だと感じる方がいらっしゃるかもしれませんね。

また、NEXT mobileは2年縛りでの契約になっていますが、格安SIMのデータSIM契約なら基本的に縛りはないですし、通話SIMでも半年や1年縛りと短い点があります。

安く、速い速度で使いたいならNEXT mobile。気軽に手軽に使いたいなら格安SIM。

格安SIMのみで大容量プランを使いたいなら、断然IIJmioがおすすめ!IIJmio(みおふぉん)

格安SIMの中では、料金が安いのと、お得なキャンペーンを定期的に行っていて料金割引やデータ容量増量も!また、スマホ自体のラインナップも豊富ですし、大幅割引で購入できたりします。

公式サイトはこちらIIJmio 

 

端末も0円!2つの機種から選べる

 

NEXT mobileでは、現在のところ2機種のラインナップです。

外に持ち運びもしやすいモバイルルーターと自宅などで据え置きで使いたい方のためのホームルーターの2タイプ。

使い方に合わせて機種をどちらかお選びください。

NEXT mobile2年契約の申込みで、キャンペーン中につき端末代金も0円です。

FS030W モバイルルーター

FS030Wですが、WiMAX2+の端末W06やWX05と比べてもコンパクトな大きさになっています。ただ厚みはこちらの方がありますね。重量については128gでほぼ同等。

連続通信時間はカタログ値で20時間になっており、前述のW06やWX05が5~14時間程度ですのでバッテリーの持ちも良いようです。

 

HT100LN ホームルーター

 

公式サイトNEXT mobile

 

データ使い放題ならどんなときもWiFi

 

どんなときもWiFi(芸能人有)

NEXT mobile以外にもおすすめのモバイルWi-Fiを挙げるなら、ズバリココ!

それが、どんなときもWiFiです。

こちらもクレジットカード以外に、口座振替支払いが可能になっています。

 

どんなときもWiFiはサービス開始以来申し込み注文が殺到中になっている状況です。

 

主な特長は、以下の通りです。

データ使い放題(原則通信制限なし)

2年間契約

ソフトバンク、au、ドコモのトリプルキャリア対応

端末はレンタル制

海外でも利用可能

 

どんなときもWiFiの人気の秘密は、3つのキャリアに対応したモバイル通信のため、家でも外でもどこでも繋がりやすいのが大きなメリットです。

また、データ無制限で3日間の通信制限もないため、使いすぎて速度が遅くなるなどの心配もないのが嬉しいですね。

 

公式サイトどんなときもWiFi

 

2年契約プランで申し込めるWiMAX2+まとめ

WiMAX2+は、以前はどのプロバイダでも2年契約でしたが、最近は3年契約での申し込みがベースになっています。

もちろん契約期間が長くなるデメリットがある分、2年契約にはなかったメリットもあります。

LTEオプション料金が無料になったり、契約期間の途中で最新の端末が無料でもらえたり、キャッシュバック金額がより高額になったりですね。(プロバイダによって特典が無い場合もあります)

でも、特典はそんなになくてもいいから、短い2年契約で申し込みたい方も結構いらっしゃるようですね。

と言うことで、2019年現在でも2年契約でWiMAXを申し込むことができるプロバイダについてまとめてみました。

3年契約より特典が落ちるとは書きましたが、それでも3年契約の特典に負けないお得なキャンペーンを展開しているWiMAXプロバイダもありますので、2年契約でWiMAXを申し込みたい方は、ぜひこの中から選んでみてください。

 

BIGLOBE WiMAX

 

BIGLOBE WiMAXでも2年契約で申し込みは可能ですが、旧機種のWX03のみの取り扱いになります。

現在行われているキャンペーンでは、キャッシュバックと料金割引の2つの特典があります。お好きな特典を選択することができますね。

BIGLOBEでは、クレジットカード以外に口座振替でも料金支払いが行え便利ですが、キャンペーン内容が別内容になっています。クレジットの方がキャンペーン内容自体お得なため、クレカをお持ちでない方以外は、支払い方法はクレカにして申し込んだ方がいいですね。

 

●キャンペーン特典【12月2日まで】
30,000円キャッシュバック!または月額2,695円~料金割引!
(クレジットカード支払いの場合)
申込手数料3,000円が無料!(WX03のみ)

 

■2年プラン販売端末

WX03

 

■2年プラン月額料金表(キャッシュバック特典)

項目 申し込み月 1~2か月目 3~24か月目
ギガ放題 0円 3,695円 4,380円
7GB 0円 3,695円 3,695円

 

 

■2年プラン月額料金表(料金割引特典)

項目 申し込み月 1~2か月目 3~24か月目
ギガ放題 0円 2,695円 3,380円
7GB 0円 2,695円 2,695円

 

BIGLOBE WiMAX 2+の申し込みはこちら

 

DTI WiMAX 2年プラン終了しました!

 

DTI WiMAXについては、2年プラン終了になっています。

DTI WiMAXでも2年契約が可能ですが、機種はWX03のみになっています。

 

●キャンペーン特典
クレードルが無料!(WX03のみ)

 

■2年プラン販売端末

WX03

 

■2年プラン月額料金表

項目 申し込み月 1~2か月目 3~24か月目
ギガ放題 3,500円 3,500円 4,300円
7GB 3,500円 3,500円 3,500円

申し込み月は日割り料金です。

 

DTI WiMAX2+の申し込みはこちら 

 

カシモWiMAX

 

カシモWiMAXでも2年契約が可能です。機種についてもW05など新しい機種を選択することが可能なのは嬉しいですね。料金についても割引が適用されるためお得に利用することができます。

 

●キャンペーン特典
月額料金割引!

 

■2年プラン販売端末

W05(新端末プラン)

L01s(新端末プラン)

Triprouter(最安級プラン)

 

■2年プラン月額料金表

 

項目 申し込み月 1か月目 2~24か月目
最安級ギガ放題 0円 1,380円* 3,380円
最安級7GB 0円 1,380円 2,680円
新端末ギガ放題 1,380円 1,380円 3,580円
新端末7GB 1,380円 1,380円 2,980円

選んだ機種によりプランが違います。

最安級プランギガ放題のみ2か月目も月額1,380円。

 

カシモWiMAXの申し込みはこちら

 

ほかのWiMAXは2年プランで申し込める?

 

これまでに挙げたWiMAXプロバイダ以外にも2年契約で申し込むことができるWiMAXもここで紹介します。

ただし、2年プランではキャンペーンの対象外になり、特典がないためあまりメリットが感じられません。

2年プランなら上に紹介したWiMAXがおすすめです。

 

WiMAX 2年プラン 2年対応販売端末
GMOとくとくBB × なし
@Nifty W05、WX04、L01sなど
So-net モバイル × なし
楽天ブロードバンド × なし
Broad × なし
UQ × なし

 

3年プランWiMAXキャンペーン【高額キャッシュバック】

 

今回は、縛りが短い2年契約でのWiMAXキャンペーンについてまとめてみましたが、3年契約でもいいのでさらにお得な特典付きで申し込みたい方は、以下のページに最新のキャンペーン情報を詳しくまとめていますのでどうぞご覧ください。

詳細記事はこちら⇒WiMAX2+キャンペーン最新情報

 

各WiMAXプロバイダのキャンペーン、特典内容については、随時変更になる可能性が高いため、最新情報は公式サイトをご確認の上申し込みください。

ソフトバンク系MVNO一覧まとめ

現在数多くある格安SIMのほとんどがドコモ回線を利用していますが、最近になってau回線やソフトバンク回線を利用した格安SIMについても増えてきました。

今回は、ソフトバンク回線系の格安SIMについてまとめてみました。

 

■マルチキャリア対応主要MVNO一覧

ドコモ au ソフトバンク
LINEモバイル
楽天モバイル
イオンモバイル
BIGLOBEモバイル
IIJmio
mineo
b-mobile

 


以前は、ドコモとごくわずかにau系の回線を使用した格安SIMしかサービス提供されていませんでしたが、ここ1年ほどでソフトバンク系についても徐々に増えてきました。

ソフトバンクで使っていたiPhoneやiPad、2017年8月以降に発売されたAndroid端末ですと、SIMロック解除の必要なくそのまま格安SIMでも使うことができるようになりました。

また、ソフトバンク系SIMをすでにお使いの方はよくご存じですが、ソフトバンク系格安SIMは通信速度が速いケースが多いため、格安SIMに乗り換えるデメリットのひとつが無くなりますね。

これまで使っていたソフトバンクのスマホをそのまま使いたい方は、以下のソフトバンク系MVNOから選んで申し込んでみてください。

 

LINEモバイル おすすめ!

 

LINEモバイルは、2018年3月よりソフトバンクの子会社化しました。

これまではドコモ回線のみでしたが、新たにソフトバンク回線にも対応開始しました。

さらに2019年4月からは、au回線にも対応!mineoに続いてトリプルキャリア対応になりました。

LINEをよく使うユーザーにおすすめの格安SIMです。

LINE利用時にはデータ容量を消費しない「データフリー」機能が搭載されています。

ほかに、LINEの年齢認証が可能であったり、料金支払いでLINEポイントが貯まりますし、ポイントを支払いに充てることも可能です。

■LINEモバイル月額料金

プラン 1GB 3GB 10GB
LINEフリー 700円

1,200円

コミュニケーションフリー 1,110円

1,690円

2,640円

3,220円

MUSIC+ 1,810円

2,390円

2,940円

3,520円

料金上段はデータSIM、下段は通話SIMです。

LINEフリープランは、LINEのみデータフリー。

コミュニケーションフリープランは、LINE、Twitter、Facebook、Instagramがデータフリー。

MUSIC+プランは、主要SNSに加えてLINE MUSICもデータフリーになります。

LINEモバイルは、ドコモ回線、ソフトバンク回線、au回線どれを選んでも基本料金自体はまったく同じです。他社ソフトバンク系MVNOは、ドコモ系より割高な料金体系になっていますが、こちらはソフトバンク傘下のメリットもあり、お得に利用できるためおすすめですね。

 

詳細・申し込みはこちら⇒LINEモバイル公式サイトへ

 

mineo(マイネオ)

 

ドコモ、auの両回線に対応していましたが、9月よりソフトバンク回線サービスも開始します。

3キャリア対応MVNOはmineoが初です。

mineoには独自のサービスが豊富です。mineoユーザー同士でデータ容量をやりとりできます。

■mineo月額料金

プラン 500MB 3GB 10GB
ソフトバンク 790円

1,750円

990円

1,950円

2,610円

3,570円

ドコモ 700円

1,400円

900円

1,600円

2,520円

3,220円

au 700円

1,310円

900円

1,510円

2,520円

3,130円

料金上段はデータSIM、下段は通話SIMです。

mineoについては、ソフトバンク回線がやや割高な料金体系になっています。データSIMはそれほどプランによる価格差はありませんが、通話SIMは350円以上割高になります。

 

詳細・申し込みはこちら⇒mineo公式サイトへ 

 

b-mobile

 

b-mobileは、ドコモ回線とソフトバンク回線の取り扱いになります。

データ通信専用と通話もできるSIMでは商品プランが違います。

以前は多くの商品取り扱いがありましたが、現在はこの2つのプランになりシンプルになりました。

どちらも使った分だけ料金がかかるのでわかりやすく、多く使うと割高感があったのですが料金自体も値下げが行われています。

 

190Pad SIM

 

こちらのb-mobileの商品は、データ通信専用のサービスになります。

ソフトバンク回線の場合は、Android端末は利用することができません。

190円から利用することができるためライトユーザーにおすすめのSIMです。

使わなくなったiPhoneやiPadをたまに使いたい時、サブのスマホとして持ちたい時などに使いたいSIMですね。

2018年12月よりさらに月額料金が大幅ダウンしました!ソフトバンク系SIMがよりお得に使えるようになりましたね。

 

■190Pad SIM月額料金

容量 月額料金
100MBまで 190円
1GBまで 480円
3GBまで 850円
6GBまで 1,450円
10GBまで 2,190円
15GBまで 3,280円

15GBが上限です。

ソフトバンク回線もドコモ回線も同額です。SMS付きはドコモプランのみあり(別途料金必要)
毎月使った分だけの料金支払いですので、余ったり足りなくなったりの無駄がないです。

 

詳細・申し込みはこちら⇒b-mobile 190Pad SIM公式サイトへ

 

990ジャストフイットSIM

 

こちらのb-mobileの商品は、データ通信+通話のサービスになります。

この商品はソフトバンク回線の場合は、Android端末は利用することができません。

通話もできて990円から利用することができるため、ライトユーザーにおすすめのSIMです。

データ容量を使うほど割高になるものの、1GB程度の利用ですと数多くある格安SIMの中でも最安値級の料金体系になっています。

また、5分電話かけ放題のオプションが月額わずか500円と、こちらもほかにない格安な料金でお得です。

2018年12月よりさらに月額料金が大幅ダウンしました!ソフトバンク系SIMがよりお得に使えるようになりましたね。
■990ジャストフィットSIM月額料金
容量 月額料金
1GBまで 990円
3GBまで 1,690円
6GBまで 2,390円
10GBまで 3,190円
15GBまで 4,390円

15GBが上限です。

ドコモ回線の料金は異なります。毎月使った分だけの料金支払いですので、余ったり足りなくなったりの無駄がないです。

 

詳細・申し込みはこちら⇒b-mobile 990ジャストフイットSIM

 

ソフトバンク系MVNOおすすめは?

 

以上ソフトバンク回線系主要MVNOについてまとめてみましたが、おすすめはズバリLINEモバイルです!

皆さんがよく使われている人気SNS利用時は、データ量が消費しないメリットがあるほか、料金自体もほかのSIMと比べてもやや割安なんですね。

速度についても、LINEモバイルに限らずソフトバンク系はどこも速いとの口コミが多く見られます。実際に速度計測した結果でもドコモ系より速いケースが多く見られました。

ソフトバンクでiPhoneを使われていた方は、スマホはそのまま使え毎月の料金を下げることができるソフトバンク系MVNOへ乗り換えを検討してみてもいいかもしれません。

 

詳細・申し込みはこちら⇒LINEモバイル公式サイトへ

 

格安SIMでキャリアの端末をそのまま利用する場合、SIMロック解除が必要であったり、一部機能が利用できないことも考えられます。公式サイトから対応端末をご確認の上申し込みください。