格安スマホ キャンペーン

格安スマホキャンペーン乗り換え大作戦

格安SIM 格安スマホを探している方必見!キャリアスマホからの乗り換えと最適プランへの変更で毎月の携帯料金大幅節約できます!格安スマホお得なキャンペーン情報を随時更新中。WiMAXキャンペーン情報も!

記事一覧

BIGLOBE SIM、NifMo基本料・キャッシュバック比較

現在同じような内容のキャッシュバックキャンペーンを行っていて、基本料金も近いということで、BIGLOBE SIMとNifMo(ニフモ)の2つの格安SIMの料金プランとキャッシュバックの比較を行ってみたいと思います。

今回は、料金とキャッシュバックのみの比較になり、サービス内容や通信速度については考慮していませんが、どちらの格安SIMもキャンペーン内容はお得度が高いですので、コストを抑えて格安SIMの契約をしたい方ならどちらかから選んでみても良いと思います。

 

BIGLOBE SIMとNifMo月額料金・キャッシュバック(CB)表

容量

月額基本料

【BIGLOBE SIM/スマホ】キャッシュバック最大15,600円!(2017年12月3日まで)
データSIM
データSIM+スマホ
【BIGLOBE SIM/スマホ】キャッシュバック最大15,600円!(2017年12月3日まで)
通話SIM
通話SIM+スマホ

データSIM
データSIM+スマホ

通話SIM
通話SIM+スマホ
1.1GB

640円

 ーーー  ーーー 対象外 対象外
3GB

900円

3,600円

12,000円

12,000円+3,000G

15,600円+3,000G

3,100円

8,100円

5,100円

10,100円

6GB

1,450円

3,600円

12,000円

12,000円+3,000G

15,600円+3,000G

ーーー ーーー
7GB

1,600円

ーーー ーーー 3,100円

8,100円

5,100円

10,100円

12GB

2,700円

3,600円

12,000円

12,000円+3,000G

15,600円+3,000G

ーーー ーーー
13GB

2,800円

ーーー ーーー 3,100円

8,100円

15,100円

20,100円

20GB

4,500円

3,600円

12,000円

12,000円+3,000G

15,600円+3,000G

ーーー ーーー
30GB

6,750円

3,600円

12,000円

12,000円+3,000G

15,600円+3,000G

ーーー ーーー

 

バナーをクリックすることで、キャンペーン特典ページに飛ぶことができます。

2017年9月時点のキャンペーン内容になります。

基本料はデータSIMの月額料金です。通話SIM料金は700円加算。

CB上段はSIMカードのみのキャッシュバック金額。下段赤数字はスマホセットの金額。

 

BIGLOBE SIMとNifMoキャンペーンどちらがおすすめ?

 

上記比較表のキャンペーン内容からキャッシュバック金額だけを比較すると、データSIMではBIGLOBE SIMの方が金額が高めでおすすめになります。

通話SIMについても、NifMoの13GBプラン以外はBIGLOBE SIMの方がキャッシュバック額が高めになっています。

最大20,100円キャッシュバックが目立ちNifMoの方がお得感がありそうですが、実際は多くの場合BIGLOBE SIMの方がお得になっています。

ちなみに、BIGLOBE通話SIMのプラス特典3,000Gは、ポイントサイトGポイントでのポイント付与になります。

このGポイントですが、1G=1円としてBIGLOBE SIMの支払い料金に充てることもできますし、現金や電子マネーに換金することも可能です。

ですので、BIGLOBE通話SIMなら実質+3,000円の特典になりますね。

ただ、NifMoは6ヶ月以内、BIGLOBE SIMは12ヶ月以内での解約は特典適用外になるため、より長い間利用しないといけないのはBIGLOBEの方になります。

結論としてどちらがおすすめかですが、より多くのキャッシュバック狙いならBIGLOBE SIM。

早くキャッシュバックを受けたいならNifMoになります。

 

 

 

データ・電話使い放題のスーパーホーダイはお得?【楽天モバイル】

楽天モバイルでは、新料金プラン「スーパーホーダイ」のサービスを9月1日より開始しました。

このスーパーホーダイですが、データ通信と電話が使い放題の新しいプランになっています。

ドコモやauなどキャリアの料金プランは特にそうですが、この楽天モバイル「スーパーホーダイ」の新プランについても、プラン内容がちょっと複雑でわかりづらいところがありますので、わかりやすいように解説していきたいと思います。

 

楽天モバイル スーパーホーダイの詳細

 

音声通話SIMプランのみの設定。

料金プランはデータ容量の違いで3種類あり。

データ容量を使い切っても、通信速度最大1Mbpsで使い放題。

余った容量は翌月繰り越し可能。

電話は国内通話5分かけ放題つき。

楽天会員の方は、1年目は月額料金から1,000円割引。

楽天ダイヤモンド会員の方は、1年目は1,500円割引。

最低利用期間12ヶ月。期間内の解約は手数料9,800円。

最低利用期間24ヶ月、36ヶ月の契約も可能。優待ボーナスつき。

スーパーホーダイの中でのプラン変更は可能。それ以外へのプラン変更は不可。

 

スーパーホーダイ3つの料金プランの中身は?

 

電話かけ放題、インターネット使い放題の新プラン「スーパーホーダイ」ですが、楽天会員の方に向けた料金プランと言ってもいいでしょう。

通常基本料から1年目については、毎月1,000円割引になり、さらに、ダイヤモンド会員なら1,500円も割引になります。

楽天モバイルならポイントも貯まりますし、料金支払いに使うこともできますので、楽天会員じゃないけどスーパーホーダイに申し込もうと思われる方は、楽天会員になっておくべきですね。

 

楽天会員割適用時のスーパーホーダイ各料金プラン

項目 プランS プランM プランL
1年目月額基本料 1,980円 2,980円 4,980円
2年目以降基本料 2,980円 3,980円 5,980円
高速通信容量 2GB 6GB 14GB
通話 5分かけ放題 5分かけ放題 5分かけ放題

 

楽天会員以外の方は、1年目の基本料が1,000円割高になります。

楽天ダイヤモンド会員の方は、1年目の基本料がさらに500円割引になります。

高速通信容量をすべて使い切っても、最大1Mbpsの速度でデータ通信ができます。

 

2年縛り、3年縛りならスマホ最大2万円割引も!

 

このスーパーホーダイは、最低利用期間12ヶ月の縛りがありますが、さらに長い24ヶ月や36ヶ月での契約も可能になっています。

縛りが長い分メリットもあり、24ヶ月での契約ならスマホ購入代金1万円割引。

36ヶ月なら2万円の割引になります。

スマホ代金が割引額以下なら、差額分は楽天スーパーポイントで還元されますし、スマホを購入しない場合もポイントとして受け取れます!

ただし、2年目以降は毎月の1,000円割引がなくなりますので、2年目以降の料金にメリットを感じられないなら1年契約で申し込む方が良いでしょう。

 

スーパーホーダイはお得? メリットとデメリット

 

このスーパーホーダイは、先ほども書きましたが実質楽天ユーザーを対象にしたサービスです。

楽天会員じゃないのに申し込むのはもったいないですね。

楽天会員は、登録料や基本料も無料ですので、会員登録してからスーパーホーダイに申し込むべきです。
料金的に見てお得感があります。

楽天モバイルでそれぞれ別に申し込むよりも割安感があります。

では、実際に従来プランとの比較をしてみますが、

 

項目 新プランS 3.1GB従来プラン 5GB従来プラン 新プランM
基本料 1,980円 1,600円 2,150円 2,980円
5分かけ放題料金 0円 850円 850円 0円
高速通信容量 2GB 3.1GB 5GB 6GB
低速時最大速度 1Mbps 200kbps 200kbps 1Mbps

 

楽天モバイル3.1GB通話SIM+5分かけ放題オプションの料金が、1,600円+850円=2,450円。

一方、楽天モバイルスーパーホーダイプランSの料金が、1,980円。

新プランの基本料については、楽天会員の1年目の割引適用時のものになります。

容量が3.1GBと2GBの違いがありますが、スーパーホーダイなら470円安くなります。

1.1GB容量が少ないですが、最大1Mbpsの速度で使い放題のメリットがあるため、高画質動画の視聴などをしない限り問題のないレベルだと言えそうです。

従来のプランですと、容量を使い切ると最大200kbpsの速度になり、低画質の動画視聴も厳しいほどですので、YouTubeの動画をよく視聴する方にも新プランの方が向いていると言えますね。

 

ただし、デメリットとして挙げておく必要がありますが、データ通信使い放題の混み合う時間帯12時台と18時台については、最大300kbpsに速度制限されるようです。

この合わせて2時間は、200kbpsよりは多少早いとは言え、かなり遅くなっておりメールやLINEメッセージ等の確認以外には利用しづらいと言えます。

また、使い放題の速度1Mbpsは最大の速さですので、実際にどれくらいの数字が出るのかは確認していないのでなんとも言えないところもあります。

普通にサイト閲覧する程度なら心配いらないとは思いますが、動画視聴にストレスが溜まる可能性もありますね。

もうひとつ、従来プランと新プラン比較をすると、新プランの方がお得度が多少高いですが、新プランについては、初月基本料が請求されます。従来のプランですと初月基本料無料の特典がある点も注意しておく必要がありますね。

 

注意事項

 

2017年9月時点で、楽天モバイル新規契約者向けのプランになっており、既存ユーザーの方は今お使いの料金プランから、このスーパーホーダイにプラン変更できません。

冬以降にスーパーホーダイにプラン変更が可能になるようです。

5分かけ放題は、国内通話のみ適用。楽天でんわアプリの使用または発信時に「003768」を電話番号の頭につけて電話をかける必要があります。

5分を超える通話分は、10円/30秒の通話料がかかります。

 

楽天モバイル公式サイトはこちら

ソフトバンクiPhoneが毎月半額でそのまま使える【b-mobile S】

格安SIMのb-mobileでは、ソフトバンクのiPhoneがそのまま使える音声通話SIMプランを新たに発表、サービスを開始しました。

これまでもU-mobileとb-mobileと数少ないですが、ソフトバンクのSIMロックスマホがそのまま使える格安SIMプランを提供していましたが、すべてデータ通信専用SIMでした。

今までソフトバンクで使っていた電話番号をこのまま変更せず、スマホもそのまま使える通話SIMプランはこれが業界初になります。

 

ソフトバンク回線MVNO  b-mobile S スマホ電話SIMの詳細

 

この新プラン名は、b-mobile S スマホ電話SIMです。

ソフトバンク系の格安SIMになり、業界初の通話もできるプランです。

ソフトバンクで契約していたiPhoneもSIMロックを解除することなく、SIMカードの挿し換えと簡単な設定変更だけで使え、月額料金を半分以下に抑えることも可能になります。

iPhone5以降のnanoSIMスマホが利用できます。iPhone4s以前のスマホは利用できません。

 

b-mobile S スマホ電話SIM 月額料金は?

 

月額料金は、2,450(1GB)~3,850円(5GB)

データ容量は、使った容量により月額料金が変動し、使った分だけの支払いでOK!

あらかじめ容量を選択する必要がありませんので、足りなくなったり、余ったりの心配がいらないです。

5GBを使い切ってしまうと、通信速度が最大200kbpsに制限されます。

 

業界初!電話がかけられる!かけ放題も!?

 

格安SIM業界初のソフトバンク系電話もかけられる通話SIMプランの登場!

電話は、5分かけ放題つき!

5分までなら何度かけても通話料が無料に。

5分を超える通話分については、10円/30秒の料金がかかります。

また、5分かけ放題の適用には、b-mobile電話アプリから通話する必要があります。

 

縛りなし!?いつ解約しても大丈夫

 

音声通話SIMの場合、格安SIMについても半年や1年間の縛りがあるものが多いですが、こちらはなんと縛りなし!

このb-mobile Sなら、最低利用期間と解約手数料はありません。(MNPで転出する場合は、転出手数料3000円必要です)

キャリアや格安スマホから、電話番号はそのままのMNP転入ももちろん可能です。

b-mobile S スマホ電話SIMの詳細はこちら

 

ソフトバンクiPhoneがそのまま使えるデータSIM

 

ソフトバンクのiPhoneをそのまま格安SIMでも使いたいけど、電話はしないのでデータ通信専用として使いたい方には、データ専用SIMもあります。

それが、b-mobile S 開幕SIMです。

 

データ専用SIMのプランは4種類

 

データ容量 月額料金
1GB 880円
3GB 1,580円
7GB 2,980円
30GB 4,980円

 

b-mobile SのデータSIMは、あらかじめデータ容量が決められていますので、毎月どれくらい使うかによって自分に合ったプランを選択します。

ドコモ系、au系MVNOに比べて、料金が割高なのは残念なところ。ただそれでもソフトバンクをそのまま使うよりは大幅に安くなりますね。

このソフトバンク回線データSIMのb-mobile Sでは、iPhone5以降とiPadが利用できます。

⇒ b-mobile S 開幕 SIMの詳細はこちら

口座振替で支払い可能な格安SIM【クレジットカード不要】

口座振替で申し込める格安SIM

 

格安SIMは、基本的にクレジットカードでの料金支払いになっています。

3大キャリアですと、口座振替でも料金支払いが可能ですし、利用されている方も多いので、格安SIMに乗り換えたい場合に戸惑う方もいらっしゃるかもしれませんね。

コストを下げて格安SIMサービスを維持しているため、事務処理の簡素化や未払いリスクを回避するためクレジットカードのみの料金支払いになっている場合が多いですので、仕方のないところでもあります。

しかし、数多くある格安SIMの中でもごく一部ですが、口座振替に対応した格安SIMも存在します。

格安SIMに乗り換えをしたいけど、どうしても口座振替で料金支払いをしたい方は、以下の格安SIMを検討してみてください。

 

楽天モバイル  おすすめ!



楽天モバイルでは、口座振替での支払いが可能になっています。

また、デビットカードでも支払いができるため、クレカをお持ちでない方には使い勝手の良い格安SIMになります。

データSIM、音声通話SIMどちらの申し込みでも、口座振替で申し込みできます。

スマホの購入についても、代引きもしくは楽天スーパーポイントでの支払い(30,000ptまで)で購入できます。ただし、口座振替の場合は分割でのスマホの購入は不可になっています。

口座振替での料金支払いには、手数料が毎月100円発生します。

楽天モバイルの公式サイトはこちら

BIGLOBE SIM

 

【BIGLOBE SIM/スマホ】キャッシュバック最大20,000円!(9/3まで)
BIGLOBE SIMでは、以前から口座振替での支払いも可能だったため、クレカをお持ちでない方もよく利用されている格安SIMになります。

こちらは、デビットカードは利用することができません。

残念な点として、データSIMのみ口座振替に対応しているため、音声通話SIMではクレカが必要になります。

ただ、口座振替でデータSIMを申し込み後、支払い方法は口座振替のまま変更せずに音声通話SIMに変更することは可能になっています。その際、SIM変更手数料3,000円が必要になります。

口座振替での料金支払いには、手数料が毎月200円発生します。

BIGLOBE SIM公式サイトはこちら

 

UQ mobile



UQ3姉妹のテレビコマーシャルでもお馴染みUQ mobileでも、新たに口座振替での申し込みが可能になりました!

データSIM、音声通話SIMどちらの申し込みでも、口座振替で申し込みできます。

申し込み後、口座振替依頼書が送付されますので、返送する必要があります。

UQ mobileについては、審査が厳しめとの報告もあります。契約ができない場合は、ドコモ系回線で問題ないようでしたら、楽天モバイルやBIGLOBE SIMで申し込んでみてください。

UQモバイル公式サイトはこちら

@モバイルくん。

 


@モバイルくん。は、楽天モバイルやBIGLOBE SIMに比べるとマイナーな格安SIMになりますが、こちらもドコモ系回線ですので、ドコモスマホならSIMカードの挿し替えでそのまま使うことができます。

BIGLOBE SIMと同様にデータSIMでの申し込みのみ口座振替が利用できます。音声通話SIMではクレカが必要になります。

申し込み後、送付される「口座振替依頼書」に記入し返送する必要があります。現在のところWEBからの口座振替依頼は出来ないようです。

また、@モバイルくん。では、スマホ代金を振込先払い(一括のみ)することにより、スマホの購入をすることもできます。

@モバイルくん。公式サイトはこちら

 

口座振替で申し込み時の注意点

 

格安SIMの料金支払いを口座振替で申し込む時には、少し注意する点があります。

まず、支払い手続きが少し面倒なのと、契約完了するまで多少日数が必要な場合も。

クレジットやデビットカードの場合は、カード情報の入力だけで、即時に支払い方法が確定されるため迅速に契約処理が完了します。

特に楽天モバイルでしたら、翌日にはSIMカードや端末の発送を行うことも可能になっています。早いですね。

一方、口座振替の場合は、書面で引き落とし処理を行う銀行に口座振替依頼の手続きが必要になるため、多少手間がかかりますし、日数もかかってしまいます。

ただ、楽天モバイルでは、オンライン上で口座振替受付の手続きが可能ですので、書面で行うより簡単で早いメリットがあります。

ほかに、口座振替での申し込みの場合、スマホの同時購入ができない場合があります。

楽天モバイルでは、口座振替でもSIMカードと一緒にスマホも購入することが可能ですが、スマホ代金については、代引きもしくは楽天スーパーポイントで一括での代金支払いになります。

格安SIMに口座振替で申し込む場合は、あらかじめ家電量販店やネット通販でスマホを別途購入したり、これまで使っていたスマホをそのまま継続して使うのも良いでしょう。

 

デビットカードで申し込める格安SIM

 

口座振替の場合は、金融機関への手続きが必要でちょっと面倒な面もありますね。

また、少額ですが毎月手数料も発生してしまいます。

デビットカードが使える格安SIMなら、クレジットカードを持っていない方でも、デビットカードでクレカの代わりに支払いに利用することもできます。

デビットカードは、発行時の審査がなく原則誰でも作ることが可能です。

また、銀行口座の残高が利用限度額になりますので、使いすぎたり、借金をすることもなく安心して使えるメリットもあります。

なお、口座振替での支払いと同様に、現在のところデビットカードで申し込める格安SIMは限られています。

詳細については、下の記事ページを参考にしてみてください。

詳細記事はこちら⇒デビットカードで支払い可能な格安SIM【クレジットカード不要】

 

口座振替で申し込めるWiMAX2+

 

WiMAX2+についても、格安SIMと同様クレジットカード支払いが原則になっていますが、口座振替で申し込みができるサービスも存在します。

現状、口座振替が利用できるWiMAXサービスは年々少なくなっていますし、今後さらに減っていくことが考えられますので、利用できる今のうち早めに申し込んでおきましょう。

口座振替で申し込み可能なWiMAXサービスについての詳細記事は、下の記事ページを参考にしてみてください。

詳細記事はこちら⇒口座振替で支払い可能なWiMAX2+【クレジットカード不要】